ゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!「ルネッサンス リゾート ナルト」に新客室登場

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!「ルネッサンス リゾート ナルト」に新客室登場

ゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!「ルネッサンス リゾート ナルト」に新客室登場

更新日:2018/05/15 14:58

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

徳島県鳴門市に位置しているホテル「ルネッサンス リゾート ナルト」は、2018年3月から新しい客室をオープンしました。その名も「ゴッホのヒマワリルーム」です。

部屋の中にゴッホの『ヒマワリ』をモチーフにしたアイテムが配置されており、ゴッホ作品を楽しむための仕掛けが満載。ゴッホを満喫するアート滞在をしてみてはいかがでしょうか。

「ルネッサンス リゾート ナルト」は徳島のリゾートホテル

「ルネッサンス リゾート ナルト」は徳島のリゾートホテル

写真:岡本 大樹

地図を見る

関西地方から淡路島を通って四国へ入る場合に玄関口となるのが、徳島県鳴門市。ルネッサンス リゾート ナルトは、そんな鳴門に入ってすぐの場所に位置しているリゾートホテルです。

徳島というと関西地方からも遠いと思われがちですが、神戸からだと車で1時間30分程、大阪(梅田や難波)からであっても2時間程とアクセスも実はそれほど悪くない立地。

そんなルネッサンス リゾート ナルトに、2018年の3月に新しい部屋がオープンしました。その名も「ゴッホのヒマワリルーム」です。

朝までゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!

朝までゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!

写真:岡本 大樹

地図を見る

部屋の名前からもお分かりだと思いますが、「ゴッホのヒマワリルーム」は世界的に人気のあるゴッホの絵画作品『ヒマワリ』をモチーフに作られた部屋です。

もちろん原画ではありませんが、ここに泊まれば一晩中あの『ヒマワリ』を独り占めできるのです。それだけでワクワクしてきますよね。

ですが、こちらの部屋はただ中に絵画が飾られているだけの部屋ではありません。

朝までゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!

写真:岡本 大樹

地図を見る

壁紙にはヒマワリ柄のものが使用されており、部屋全体の色調もゴッホの描いた絵画に合わせて統一されています。

ひまわりの絵画を背にソファに座る、ヒマワリ柄の壁紙を背景にベッドに寝転ぶ、といった写真を撮ればSNS映えだってバッチリです。

朝までゴッホの『ヒマワリ』を独り占め!

写真:岡本 大樹

地図を見る

とはいっても、部屋の全てが黄色というわけではないところも一つのポイントです。この部屋はゴッホの『ヒマワリ』を楽しむための部屋ではあるのですが、滞在自体の快適さを考えた上でこのような色合いとなっています。

もちろん黄色だけで囲まれた部屋が「ヒマワリルーム」と呼ぶに相応しいと考える人もいるかもしれませんが、のんびりと滞在することを優先すると、部屋が一色に囲まれているよりも自然な配色の方が落ち着ける、という配慮から現在の形となったのです。

テラスからの景色にも注目

テラスからの景色にも注目

写真:岡本 大樹

地図を見る

また見逃してはならないのはテラスから見える景色。外にはオレンジの瓦屋根・植物の緑・そして海の青。

実はこの景色はゴッホが晩年に移り住み、『ヒマワリ』を描いたフランス南部の街アルルの景色を彷彿とさせるものなのです。

オレンジ・緑・青の景色を見ながら『ヒマワリ』を描いたゴッホに思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。(この景色は1部屋限定です。希望する場合は予約時に問い合わせください)

テラスからの景色にも注目

写真:岡本 大樹

地図を見る

部屋内の備品にも注目しましょう。まずはティーセット。カップがゴッホの『ヒマワリ』柄であるだけではなく、用意されているお茶はヒマワリのハーブティーです。

他にもベッドルームにはヒマワリを使ったアロマも設置。細部までこだわりが感じられます。

テラスからの景色にも注目

写真:岡本 大樹

地図を見る

ライティングデスクにはアートライブラリーと称して、ゴッホ関連の書籍が並びます。

画集だけではなく、ゴッホのことを描いた絵本もありますし、物語の中にゴッホが登場し、史実と想像の世界が混ざる小説『たゆたえども沈まず』までも並んでいます。

『ヒマワリ』好きな方だともう外には出られなくなるかもしれませんので、覚悟の上ご宿泊してくださいね(笑)。

部屋の外にもシャッターチャンスが

部屋の外にもシャッターチャンスが

提供元:ルネッサンスリゾートナルト

http://renaissance-naruto.com

8階のフランス料理「フォーシーズン」では、ヒマワリルーム宿泊者限定のフレンチ懐石「Fleurs de Soleil(太陽の花)」も用意されています。

『ヒマワリ』を始めとするゴッホの作品からシェフが受けたインスピレーションがそのままディナーメニューとなりました。阿波牛など徳島の食材を頂けるだけでなく、写真映えも抜群なコース料理をご堪能くださいね。

部屋の外にもシャッターチャンスが

写真:岡本 大樹

地図を見る

食事以外にも館内の意外なところにシャッターチャンスが転がっています。2階のレストラン「彩」の前のスペースにはゴッホの作品『星月夜』の顔出しパネルが!

館内の客室や食事、あるいはこのパネルで写真を撮り、インスタグラムに「#ルネッサンスヒマワリフォトコン」とタグ付けしてアップすればポストカードのプレゼント、なんて企画も行われていますよ。

そんなイベントにも楽しく参加して、存分にゴッホの世界を堪能してみてくださいね。

「ゴッホのヒマワリルーム」と一緒に美術館でも『ヒマワリ』を楽しもう

今回ご紹介した「ゴッホのヒマワリルーム」は、ルネッサンス リゾート ナルトと同じエリアにある大塚国際美術館での新展示「#7つのヒマワリ」とのコラボレーション企画として生まれた特別ルームです。

美術館までは自転車でも10分程でアクセスできる場所にあるので、ぜひ一緒に世界的にも珍しい展示を楽しんでみてくださいね。「#7つのヒマワリ」に関しては下記関連MEMOにリンクがありますので、そちらをご参照ください。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -