デンマークのリゾートアイランド!ボーンホルム島でヒュッゲな観光

| デンマーク

| 旅の専門家がお届けする観光情報

デンマークのリゾートアイランド!ボーンホルム島でヒュッゲな観光

デンマークのリゾートアイランド!ボーンホルム島でヒュッゲな観光

更新日:2018/05/08 14:14

kyaoriのプロフィール写真 kyaori アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

バルト海に浮かぶデンマークのボーンホルム島。自然豊かなこの島はハイキングや海水浴などアウトドアを楽しめるため、夏には多くの観光客がやってきます。また、廃墟の古城や円形の教会、可愛らしい町並みなど絵になる風景もたくさん。ゆったりとした島の雰囲気に魅せられて、ガラスや陶芸など多くのアーティストが住むアートな島でもあります。デンマーク語で居心地の良いという意味の「ヒュッゲ」がぴったりな島なのです。

デンマークだけどデンマークではない?!ボーンホルム島

デンマークだけどデンマークではない?!ボーンホルム島

提供元:VisitDenmark

http://visitdenmark.digizuite.dk/

バルト海に浮かぶボーンホルム島。デンマークのリゾートアイランドとして有名な島ですが、実は北はスウェーデン、南はポーランドに挟まれた海上にある島なのです。首都コペンハーゲンからは飛行機もありますが、電車・バスとフェリーを乗り継いで行くのが一般的。この場合のアクセス方法は電車かバスでスウェーデンのイースタッド(Ystad)へ移動したのち、フェリーでボーンホルム島に渡る約4時間30分の長距離移動です。一度スウェーデンに渡るため同じデンマークとは思えません。過去にはスウェーデン領だった歴史もあり、ボーンホルム島はデンマークではないよ!と言われることもあります。

デンマークだけどデンマークではない?!ボーンホルム島

写真:kyaori

地図を見る

デンマーク本土から立地的に離れていること、またスウェーデン領だったことから、ボーンホルム島にはデンマークともスウェーデンとも言い難い、独特の雰囲気が漂います。
バルト海の冷たい海に囲まれたこの島は、かつてニシン漁で栄えた古い猟師の町や丸い円形の教会、そして古城の遺跡など郷愁を誘う建造物が残されています。自然も豊かで草原には羊が草を食む姿や、バッファローが住む森もあります。島からさらにフェリーで1時間の場所には軍事要塞施設の島、クリスティアンス(Christiansoe)島もあり、見どころが満載です。

珍しい円形の教会もある、可愛らしい町Gudhjem

珍しい円形の教会もある、可愛らしい町Gudhjem

写真:kyaori

ボーンホルム島の北西部にある町グドイェム(Gudhjem)。港に面したこの町は、オレンジ色の家屋が立ち並び、まるでジブリに出てきそうな可愛らしい町です。町中にはセーターなどを売る洋品店、陶磁器などの工芸品を売る雑貨屋、そしてアイスクリーム屋などがあります。デンマーク語で居心地がいい時間・空間を意味するヒュッゲという言葉がぴったり合う町です。

珍しい円形の教会もある、可愛らしい町Gudhjem

写真:kyaori

地図を見る

グドイェム(Gudhjem)の町中から車で10分ほど、のどかな田園風景の中に円形の形をした珍しい教会、エステルラース教会(Oesterlars Kirke)があります。ボーンホルム島にはこの円形の教会が4つあるのですが、その中でも1番大きい円形の教会。12世紀の中ごろに円形の教会が作られ、人々の祈りの場所としてはもちろん、備蓄庫としての役割や中世の時代には要塞として機能していたそう。
観光客にも人気のスポット。シーズン中は入場料が必要です。

<Oesterlars Kirkeの基本情報>
住所:Vietsvej 25, Oesterlars. 3760 Gudhjem,Denmark
電話番号:+45-4038-42-06
アクセス:グドイェム(Gudhjem)より車で約6分、もしくはバス9番でエステルラース(Oesterlars)下車、徒歩1分

珍しい円形の教会もある、可愛らしい町Gudhjem

写真:kyaori

地図を見る

グドイェム(Gudhjem)の港からフェリーで約1時間の場所には軍事要塞施設の島である、クリスティアンソ(Christiansoe)島があります。1〜2時間もあれば歩いて島を1周出来てしまうほど小さい島。夏にはグドイェムからフェリーが1日3〜4便出ています。ボーンホルム島からの小旅行にぴったりです。

<Christiansoe島>
アクセス:グドイェム(Gudhjem)よりフェリーで約1時間

緑に囲まれた古城の遺跡「Hammershus Slotsruin」

緑に囲まれた古城の遺跡「Hammershus Slotsruin」

写真:kyaori

地図を見る

島の北部には海岸線に沿ってハイキングができます。森を抜けると目の前に広がる一面の海、そして丘に咲く花を眺めながら島の自然を満喫!
緩やかな傾斜が続く海岸線なので、初心者でもリラックスしてハイキングを楽しめます。

緑に囲まれた古城の遺跡「Hammershus Slotsruin」

提供元:VisitDenmark

http://visitdenmark.digizuite.dk/地図を見る

島北部のハイキングで訪れたいのがHammershus Slotsruinという古いお城の遺跡。ボーンホルム島でもNo.1の観光スポットです。
13世紀に建てられたこのお城は中世の戦乱で重要な役割を果たしましたが、18世紀には廃墟となり今日ではこのような遺跡となりました。
遺跡は海を一望できる高台にあり、周囲には湖もある憩いの場所。

<Hammershus Slotsruinの基本情報>
住所:Langebjergvej 26,3770 Allinge,Denmark
電話番号:+45-56-48-11-40
アクセス:レネ(Roenne)港より車で約30分、もしくはバス2番で約1時間

Hjorth’s Fabrikで陶芸工場見学

Hjorth’s Fabrikで陶芸工場見学

写真:kyaori

地図を見る

ボーンホルム島の自然は観光客だけではなく、アーティストのインスピレーションもかきたてるようです。事実、多くのアーティストがこの島で製作活動を行っています。特にガラスや陶芸といった工芸がさかんで、島には専門学校もあるほど。
ボーンホルム島のレネ(Ronne)には150年の歴史を誇る陶器工場「Hjorths Fabrik」があります。今も手作業で陶磁器を作っている工場内を見学することができ、ここで作られた陶器を買えるショップも併設しています。
ボーンホルムの思い出にいかが?

<Hjorths Fabrikの基本情報>
住所:Krystalgade 5, 3700 Roenne,Denmark
電話番号:+45-56-95-01-60
アクセス:レネ(Roenne)港より徒歩10分

オンシーズンに訪れよう!

デンマークのリゾートアイランド、ボーンホルム島いかがでしたか?
自然に囲まれたこの島は6月〜7月がシーズン。しかし9月以降は荒れた天気が多くなり、冬は毎日曇りや雨の天気が続きます。雑貨屋など観光客を目当てとしたお店や美術館なども冬は閉まる所が多く、見どころは夏より半減します。
ボーンホルム島には太陽がふりそそぐ、夏のオンシーズンに訪れてください!

また島内はバスもありますが本数は少なく不便。レンタカーを借りることをおすすめします。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -