横浜夜景の定番構図に飽きたら?横浜フォトジェニスポット4選

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

横浜夜景の定番構図に飽きたら?横浜フォトジェニスポット4選

横浜夜景の定番構図に飽きたら?横浜フォトジェニスポット4選

更新日:2018/04/20 09:57

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

横浜みなとみらいといえばその名の通り、横浜の未来を象徴するような街並みが特徴的。日没後は煌びやかに輝くライトアップ目当てに多くのカメラマンが訪問します。構図の自由度も十人十色ですが、カメラの設定をちょっと変えただけで、同じスポットで撮ったとは思えない1枚が完成!そんなみなとみらい周辺にて、フォトジェニック風に撮影できるスポットを紹介します。横浜を訪問して変わった構図の夜景写真を撮ってみよう!

みなとみらい全景定番撮影地でもある「大さん橋客船ターミナル屋上」では?

みなとみらい全景定番撮影地でもある「大さん橋客船ターミナル屋上」では?

写真:木村 優光

地図を見る

「大さん橋客船ターミナル」は横浜の観光名所の中でもかなりメジャーなスポットで、屋上に設けられた緑地帯からはパノラマ風にみなとみらいの夜景を眺めることができます。それだけでなく、左右背後の360度の眺めは開放感抜群!そのため、連日多くのカメラマンが集まる撮影スポットです。定番アングルは上の写真。訪問したすべての人がまずはこの構図を狙っています。

みなとみらい全景定番撮影地でもある「大さん橋客船ターミナル屋上」では?

写真:木村 優光

地図を見る

「大さん橋客船ターミナル屋上」の緑地帯には腰くらいほどの高さのフェンスが設けられています。したがって、みなとみらいの夜景を撮る場合は必然的にフェンスより高い位置にカメラをセッティングします。しかし、これをあえてフェンス越しで撮ると・・・。

見る方によって様々なドラマが連想できる1枚が出来上がります。自分はフェンスに囲まれた暗い空間にいるにもかかわらず、遥か向こうには明るいネオンが広がっている・・・、暗いフェンスの中から早く脱出したい・・・、など。あえてフェンスにピントを合わせて明るい絞りで撮れば、みなとみらいのネオンは涙のように滲む光景となります。こんな写真もチャレンジして撮ってみると面白いですよ。

みなとみらい全景定番撮影地でもある「大さん橋客船ターミナル屋上」では?

写真:木村 優光

地図を見る

意外にも死角となる方角が屋上緑地から眺める関内駅方面。実はこの方角、横浜三塔が同時に見えるスポットとして、知る人ぞ知る究極撮影ポイントなのです。写真では見にくいかもしれませんが、中央よりやや右側に横浜三塔の「キングの塔」、「クイーンの塔」、「ジャックの塔」が同時に見えます。どの塔も夜間はライトアップされていますので、存在感は抜群!それをわかりやすく解説したものが写真の下側に描かれたイラスト!横浜の写真でもあまり見かけない構図ですので、訪問の際には撮影にチャレンジしてみましょう。

<基本情報>
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
電話番号:045-211-2304
アクセス:みなとみらい線日本大通り駅より徒歩約10分

みなとみらいのど真ん中「よこはまコスモワールド」ではインスタ映え間違いなしの1枚を!

みなとみらいのど真ん中「よこはまコスモワールド」ではインスタ映え間違いなしの1枚を!

写真:木村 優光

地図を見る

「よこはまコスモワールド」はみなとみらいのちょうどど真ん中に位置するテーマパークで、周囲の高層ビル群にひと華を添える形のコスモクロック観覧車は、みなとみらいのシンボル的存在となっています。超広角レンズを持っていればコスモクロックをほぼ真下から狙ってみるのも面白いですよ。オススメポイントは運河沿いの遊歩道。すぐお隣ではジェットコースターに乗っている人の悲鳴が良く聞こえます。

みなとみらいのど真ん中「よこはまコスモワールド」ではインスタ映え間違いなしの1枚を!

写真:木村 優光

地図を見る

運河をはさんで西区側の「よこはまコスモワールド」には高速で回転する乗り物があります。夜間はライトアップされた状態で回転するので、低速シャッターで撮影してみるとご覧の通り!バックにはコスモクロックを入れてみると回転体が3つ浮かび上がります。これこそがインスタ映え間違いなしの1枚!

みなとみらいのど真ん中「よこはまコスモワールド」ではインスタ映え間違いなしの1枚を!

写真:木村 優光

地図を見る

西区側の「よこはまコスモワールド」の隣には道路を挟んで横浜ランドマークタワーとクイーンズスクエア横浜がそびえ立っています。そのため、広角レンズを持っていれば写真のような高層ビル群を背景に高速で回転する物体のように浮かび上がらせることも可能!まるで夜空に飛び立つ飛行物体のようです。なお、このような写真を撮るには絞りの数値を上げて、ピントを正確に合わせて撮るようにすると全体的にシャープに仕上がります。

<基本情報>
住所:神奈川県横浜市中区新港2-8-1
電話番号:045-641-6591
アクセス:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩約10分

「クイーンズスクエア横浜」の3Fデッキからの眺めも必見!

「クイーンズスクエア横浜」の3Fデッキからの眺めも必見!

写真:木村 優光

地図を見る

「クイーンズスクエア横浜」は横浜ランドマークタワーに隣接するオフィス兼複合施設ビルで、低層階の各フロアーには屋根付きの屋外デッキがあります。こちらに出向いて「よこはまコスモワールド」の回転アトラクションをメインに撮ってみるのも面白いです。オススメは4階!ほとんど人が訪問しませんので穴場状態!

「クイーンズスクエア横浜」の3Fデッキからの眺めも必見!

写真:木村 優光

地図を見る

また、3階のデッキからはクイーンズガーデンの様子も見下ろすことができます。こちらもほとんど人が訪問しませんので、観覧車と合わせて撮るとあまり見慣れない1枚に!なお、時折、下階のレストランで結婚式の二次会が行われていて、写真のようにお嫁さんのポートレート撮影をしていることがあります。このへんも構図内に含めてみると良いかもしれませんね。

<基本情報>
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3
電話番号:045-682-1000
アクセス:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩約5分

訪問する人は皆無!「北仲通北公園」

訪問する人は皆無!「北仲通北公園」

写真:木村 優光

地図を見る

JR桜木町駅から万国橋や赤レンガパークなどへアクセスする場合、汽車道を通るのが定番となっていますが、それに並行して近年整備されたスポットが「北仲通北公園」。エリア的には桜木町駅に一番近い「北仲通北第一公園」から万国橋の袂付近の「北仲通北第三公園」まで存在し、それらは遊歩道で結ばれています。したがって歩いていくうちにみなとみらいの構図が徐々に変化していく様子も必見!写真は「北仲通北第三公園」から見たもので、ちょうどコスモクロック観覧車を真横から見る構図になります。

<「北仲通北第三公園」の基本情報>
住所:神奈川県横浜市中区海岸通5-26
アクセス:JR線桜木町駅より徒歩約12分

訪問する人は皆無!「北仲通北公園」

写真:木村 優光

地図を見る

こちらは桜木町駅に一番近い「北仲通北第一公園」から見たみなとみらい方面です。「北仲通北第三公園」からの構図に比べると、コスモクロック観覧車をやや正面気味に見ることができるようになり、ネオンカラーの華やかさが増しています。

まだあまり知られていないということもあり、みなとみらいの高層ビル群をいつもと違った角度やスケールで見ることができるため、ありきたりの構図に飽きた方にはオススメ!しかも汽車道では広角レンズで撮っていた高層ビル群を標準レンズで撮ることができるため、お手軽度はグーンとアップするでしょう。

<北仲通北第一公園の基本情報>
住所:神奈川県横浜市中区北仲通6
アクセス:JR線桜木町駅より徒歩約5分

みなとみらい周辺は被写体の宝庫!

みなとみらい周辺は横浜でもメジャーな観光名所が集まったエリアのため、カメラや写真を趣味とした人にとっては最高のエリアです。定番構図はもちろんのこと、他人があまり撮ったことがない構図なども上手いこと見つけることができるため、初心者の方でもスムーズに入り込むことができます。また季節や時間帯によっても様々な顔を持つため、同じ構図で撮ったとしても異なった写真が完成し、面白みも出ます。

今回紹介したスポットでの構図もオススメですが、時間があれば自分でお気に入りの構図を見つけるのも良いかもしれませんね。なお、夜景撮影の場合は三脚は必須ですが、人が多いエリアですので持ち運びが楽なコンパクトなものでも十分な1枚が撮れますよ。いざチャレンジ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/08/15−2015/12/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -