まるで自然の美術館!福井「若州一滴文庫」で人生を切り開く一冊を

まるで自然の美術館!福井「若州一滴文庫」で人生を切り開く一冊を

更新日:2018/04/25 17:41

Ise Shinkurouのプロフィール写真 Ise Shinkurou
福井県大飯郡にある「若州一滴文庫」で楽しめるのは蔵書だけではありません。自然と一体化した庭、竹紙に描かれた絵画、さらには竹人形まで愉しめる、美術館のような文庫。本を読むことで夢を拾い、自然をこよなく愛した直木賞作家・水上勉氏の魅力がいっぱい詰まった文庫でもあります。あなただけの夢と思い出を求めて関州一滴文庫への旅はいかがでしょうか?

自然と一体化した土蔵風の建物

自然と一体化した土蔵風の建物

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

文庫の名前にもなっている若州一滴(じゃくしゅういってき)とは「一滴の水も粗末にしない」という大飯郡出身の「儀山和尚」の教え。

また若州とは水上氏の芸術活動の一環として設立された「若州人形座」の事。竹人形で水上文学の世界を表現する人形座です。

自然と一体化した土蔵風の建物

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

趣のある門から一歩中へ踏み込むと、思わず足を止めてしまう景観が広がります。季節によって表情を変え、裏山までも借景とする素晴らしい空間。

素朴でありながら、包み込むような優しさを持つ、自然と一体化した庭園です。ささやかな命をも大切にする、水上文学の世界に迷い込んだかのような素敵な散策を愉しめます。

自然と一体化した土蔵風の建物

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

六角堂の裏手にある裏門も素敵。出入り禁止なので、お帰りに駐車場から少し廻ってご覧くださいね。

人生を切り開く一冊を…想いの詰まった若州一滴文庫

人生を切り開く一冊を…想いの詰まった若州一滴文庫

提供元:ふくいドットコム

http://www.sozai.fuku-e.com/地図を見る

貧しい子ども時代を過ごした水上氏は、本を読むことで夢を拾ったと言います。彼の所蔵本約2万冊を納めた文庫ですが、これほど様々な分野に至る本を個人が収集したとは本当に驚きです。

「この中の一冊から何かを拾って人生を切り開く。」水上氏の思いがぎっしりと詰まった文庫なのですね。

写真は「ブンナの部屋」と名付けられた児童図書コーナーです。小さなお子さま向けの絵本などもありますので親子で愉しめますよ。

人生を切り開く一冊を…想いの詰まった若州一滴文庫

提供元:ふくいドットコム

http://www.sozai.fuku-e.com/地図を見る

本館1Fのラウンジでは、一滴文庫の概要を説明するビデオを見る事が出来ます。そして何よりも素晴らしいのは、壁一面に絵画が並び、文庫と言うより美術館のようなラウンジだと言う事。

大壁造りの土蔵風の館内では、絵画を愉しむことが出来るという一風変わった文庫なのですよ。

人生を切り開く一冊を…想いの詰まった若州一滴文庫

提供元:ふくいドットコム

http://www.sozai.fuku-e.com/地図を見る

敷地内の「車椅子劇場」は特にお勧めです。舞台背後にある開口部から、外の竹藪が見えるよう工夫されています。庭を借景する舞台とはとても珍しい劇場ですよね。蔵書だけでなく、絵画そして竹人形さらには自然!これらの全てが癒やしの空間を創り出し、私たちを幽玄な異世界へと誘ってくれます。

また「竹人形館」では、水上作品に登場する人物の竹人形が60体展示され、頭部も含めると2250点を作品ごとに展示。敷地内の施設は入館料に含まれていますので、お得感いっぱいの館内巡りが出来ますよ。

お気に入りの一冊を手にコーヒーを

お気に入りの一冊を手にコーヒーを

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

コーヒー・煎茶・よもぎ餅・麺類を味わえる「六角堂」。この建物は敷地中央に位置し、地元の方との語らいを楽しむことが出来ます。

そして内部には六角形に切られた素敵な囲炉裏が!懐かしい雰囲気を醸し出す囲炉裏の前で、よもぎ餅をほおばりながら地元の方とおしゃべり。地方旅ならではの魅力ですよね。

お気に入りの一冊を手にコーヒーを

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

窓際には水上文学の代表作品が置かれていますので、お気に入りの一冊を手にコーヒーを!自分だけのゆったりした時間を楽しんでくださいね。

お気に入りの一冊を手にコーヒーを

写真:Ise Shinkurou

地図を見る

水上作品には様々な竹人形が登場しますが、筆者は竹漉きにも造詣が深く、多くの竹紙絵画を残しています。渡辺淳氏との共同作品は自然を魅力的に描く作品が多く特にお勧めです。

2018年4月現在、ギャラリーでは「竹紙と遊ぶ二人展」を開催しています。(期間限定ですので詳細はHP等でご確認ください)

また入り口ではここで漉いた和紙も販売しています。竹漉きの和紙は珍しいのでお土産にお勧めですよ。

「生きるということは思い出をためていくことかもしれん。」筆者の大好きな水上氏の言葉です。「若州一滴文庫」で素敵な思い出の1ページを描いてみてくださいね。

「若州一滴文庫」の基本情報

住所:福井県大飯郡おおい町岡田33字小近谷2の1
電話番号:0770-77-1424
アクセス:お車:舞鶴若狭自動車道 小浜西ICから約10分(国道27号線〜県道1号線)公共機関:JR小浜線・若狭本郷駅からタクシー約5分

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -