酒好き女子におすすめ!群馬県利根沼田で酒蔵巡り「酒蔵ツーリズム」

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

酒好き女子におすすめ!群馬県利根沼田で酒蔵巡り「酒蔵ツーリズム」

酒好き女子におすすめ!群馬県利根沼田で酒蔵巡り「酒蔵ツーリズム」

更新日:2018/05/23 13:15

河合 理恵のプロフィール写真 河合 理恵 旅行ブロガー、旅行インスタグラマー、絶景フォトグラファー

酒蔵を巡り、蔵人と触れ合い、地酒を味わう。そのお酒が育まれた土地を散策しながら郷土料理や伝統文化を楽しむ「酒蔵ツーリズム」。「利根沼田酒蔵ツーリズム」では、日本酒4蔵、ビール2蔵、ワイナリー1蔵の計7蔵を楽しむことができます。一度に7蔵を巡るのは大変なので、酒好き女子におすすめの4蔵を厳選してご紹介します。

話題のおしゃれグラスで「月夜野クラフトビール」

話題のおしゃれグラスで「月夜野クラフトビール」

写真:河合 理恵

地図を見る

まずおすすめなのが、「月夜野クラフトビール」をいただける「月夜野びーどろパーク」内にある地ビールレストラン。テレビなどで何度も紹介されている話題のグラスは、4種類ともにこちらの工房で作られているグラスで、購入することもできます。最も有名なのは、写真左から3番目の「山グラス」。ビールを注ぐと、グラスの底に山が浮かび上がる…というなんともお洒落なグラスです。
写真左から2番目のグラスにも仕掛けが。こちらに黒ビールを注ぐと…答えは次の写真をご覧ください。

話題のおしゃれグラスで「月夜野クラフトビール」

写真:河合 理恵

地図を見る

写真左より「水と緑のエール」「蛍の里の黒ビール」「夕陽の月夜野ピルスナー」「ロマンの里のヴァイツェン」。

「水と緑のエール」はアンバーエールタイプのビール。モルツの香ばしさと深みのある甘さが感じられるビールは、澄んだ水の分子構造のようなデザインのグラスでいただきます。
「蛍の里の黒ビール」はミュンヘンダークタイプの黒ビール。濃色麦芽とカラメル麦芽を使った香りも味も濃いコクのあるビールは、蛍が舞うグラスで。
「夕陽の月夜野ピルスナー」は原麦汁濃度が高くやや辛口のビール。チェコの自然をデザインした山グラスで。
「ロマンの里のヴァイツェン」は、小麦モルトを使ったやや白濁したフルーティーで飲みやすいビール。爽やかな風をイメージしたグラスで。

話題のおしゃれグラスで「月夜野クラフトビール」

写真:河合 理恵

地図を見る

こだわりのグラスで飲むと、ビールがより一層おいしく感じられます。みんなでどれが好き?と飲み比べするのも楽しいですよ。

インスタ映えするスポットがたくさん

インスタ映えするスポットがたくさん

写真:河合 理恵

地図を見る

「月夜野クラフトビール」がある「月夜野びーどろパーク」には、ガラス工場やグラスアート美術館などもあります。施設内は、いたるところにガラス工芸がたくさん。
こちらは、なんと屋根がステンドグラスになっている休憩スペースなのです。青系のステンドグラス屋根もあります。

インスタ映えするスポットがたくさん

写真:河合 理恵

地図を見る

フェンスにも細工が。ステンドグラスがはめられていて、陽の光を反射して地面に模様が浮かび上がるのです。いろんなデザインがあり、見ているだけで楽しくなりますよ。

インスタ映えするスポットがたくさん

写真:河合 理恵

地図を見る

ガラス工場の見学も忘れずに。ガラス製品がつくられる工程を間近で見ることができます。
また、ガラス体験工房では皇太子さまも体験された吹きガラスや、サンドブラスト、絵付け、ステンドグラス、カラーサンドキャンドルなど様々な体験ができます。

<基本情報>
住所:群馬県利根郡みなかみ町後閑737-1
電話番号:0278-62-2211
アクセス:関越自動車道 月夜野I.Cより約10分、水上I.Cより約13分。上毛高原駅よりタクシーにて約5分、徒歩にて約25分。上毛高原駅または水上駅からの巡回バスあり。

ランチもおすすめ「田園プラザかわば ビール工房」

ランチもおすすめ「田園プラザかわば ビール工房」

写真:河合 理恵

地図を見る

ランチにおすすめなのが、田園プラザかわば内にある「地ビールレストラン武尊」の群馬県の誇る高級魚「ギンヒカリ」を使った「ギンヒカリ定食」。
ギンヒカリは群馬県水産試験場などで養殖されている「三年成熟系ニジマス」のことで、群馬でしか食べられない最高級のニジマスです。高たんぱく質・低脂肪でとヘルシーな食材でもあります。ギンヒカリ定食では、ギンヒカリのフライがメイン。ソースもありますが、ぜひ天然塩で素材の味を楽しんでください。ビールにもピッタリのおいしさです。

ランチもおすすめ「田園プラザかわば ビール工房」

写真:河合 理恵

地図を見る

田園プラザかわば ビール工房で試飲できるのは、「ヴァイツェン」、「かわばエール」、「ピルスナー」の3種類。特に飲んでほしいのが、ジャパン・アジアビアカップにて金賞を受賞した「川場ピルスナー」。

ランチもおすすめ「田園プラザかわば ビール工房」

写真:河合 理恵

地図を見る

ビールが気に入ったら、施設内にある「ファーマーズマーケット」などで瓶ビールを購入することもできます。ビールのおすすめは、川場ピルスナーをより洗練させた「ピルスナー プレミアム」や「雪ほたかビール」。どちらもここでしか手に入らない限定醸造です。
また、実はおすすめなのが、りんごのお酒シードル。ちょっと試したいなら小瓶がある「川場シードル」、より美味しいものをということなら、フルボトルの「プレミアム シードル」がおすすめ。

おみやげには、最新スポット「カワバプレミア」で買える「プレミアムヨーグルト」や「ボイセンベリーパイ」がおすすめです。

<基本情報>
住所:群馬県利根郡川場村大字萩室385
電話番号:0278-52-3711
アクセス:関越自動車道「沼田IC」より約10分。JR上越線「沼田駅」から川場循環バスで約30分、「田園プラザ」バス停下車 徒歩1分。

歴史ある建物に、日本酒コスメも「譽國光 土田酒造株式会社」

歴史ある建物に、日本酒コスメも「譽國光 土田酒造株式会社」

写真:河合 理恵

地図を見る

「譽國光 土田酒造株式会社」のエントランスは、地元川場村の豪農・外山家より譲り受けた150年の歴史がある建物。1階では名物の「大人のための大吟醸ソフトクリーム」を食べることができます。

歴史ある建物に、日本酒コスメも「譽國光 土田酒造株式会社」

写真:河合 理恵

地図を見る

おすすめは、「仕込み23号山廃多醸純米」。本来は販売する予定ではなかったお酒で、別の仕込み用にと取っておいたものを、常連さんが試飲したところこれがおいしいと好評だったため、少しだけ販売することになったお酒。甘酸っぱくてフルーティーな日本酒らしくない面白い日本酒です。数が少ないため、直売店限定、数量限定で販売されています。

歴史ある建物に、日本酒コスメも「譽國光 土田酒造株式会社」

写真:河合 理恵

地図を見る

おみやげにおすすめなのが、スキンケア「こうじの恵」。実は、誉国光土田酒造は、明治40年創業の日本酒化粧品市場のパイオニアでもあるのです。こうじの恵は日本酒を最大限に配合した化粧品で、使っている水は日本酒を作るときに使う仕込み水。やわらかいお水で、お肌にすーっと入っていきます。
「トライアルセット」は500円とお手頃なので、おみやげにもおすすめ。

<基本情報>
住所:群馬県利根郡川場村川場湯原2691
電話番号:0278-52-3670
アクセス:関越自動車道「沼田IC」より約15分。

利根沼田エリア唯一のワイナリー「奥利根ワイナリー」

利根沼田エリア唯一のワイナリー「奥利根ワイナリー」

写真:河合 理恵

地図を見る

1991年に沼田で創業、2000年から冷涼な赤城高原の斜面にブドウ畑を作り、ワインづくりを始めたワイナリーです。ご家族でブドウの生産・醸造・販売をされている、利根沼田エリア唯一のワイナリーでもあります。

利根沼田エリア唯一のワイナリー「奥利根ワイナリー」

写真:河合 理恵

地図を見る

ブドウ畑越しに谷川連邦の美しい山並みを見ることができます。

利根沼田エリア唯一のワイナリー「奥利根ワイナリー」

写真:河合 理恵

地図を見る

特におすすめのワインは、写真一番左の「Nobu hill -703i Chardonnay」。毎年人気のワインで、地元酒屋でもなかなか数を確保できないほど。売り切れてしまうことも多いのだそう。
女子に試してほしいのが、左から2番目のすっきりとした「谷川」や、華やかかつ甘めで飲みやすい「マスカット・ベリーA」。

<基本情報>
住所:群馬県利根郡昭和村大字糸井字大日向6843
電話番号:0278-50-3070
アクセス:関越自動車道「昭和IC」より約7分。「沼田IC」より約20分。

女子でも楽しめる酒蔵ツーリズム

「酒蔵」というと日本酒だけのイメージがありますが、利根沼田酒蔵ツーリズムではビール会社とワイナリーも参加しています。いろんなお酒を楽しみつつ、おいしいグルメやコスメ、フォトスポットなど、楽しみ方は人それぞれ。ぜひ利根沼田で酒蔵巡りをしてみてくださいね。

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:群馬県観光物産国際協会

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/16−2018/03/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -