カラコルムハイウェイを行く!パキスタン上部フンザで天空ドライブ

| パキスタン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カラコルムハイウェイを行く!パキスタン上部フンザで天空ドライブ

カラコルムハイウェイを行く!パキスタン上部フンザで天空ドライブ

更新日:2018/04/22 13:06

かわい まゆみのプロフィール写真 かわい まゆみ 絶景ハンター、トラベルライター、自称ミステリーハンター

パキスタンと中国・新疆ウイグル自治区のカシュガルまで国境をまたいで、南北に貫く全長約1,300kmのカラコルムハイウェイ。氷河をいただく7,000m級のカラコルム山脈に囲まれたパキスタン北部の上部フンザでは、標高約2,500m級の天空ドライブを楽しめます。

近年治安は大幅に改善されたパキスタン。絶景の宝庫が眠るこの地を見逃すなんてもったいない! 是非これを機会に次の旅のプランにいかがですか?

パキスタンを貫く全長1,300qのカラコルムハイウェイ

パキスタンを貫く全長1,300qのカラコルムハイウェイ

写真:かわい まゆみ

地図を見る

パキスタンの首都イスラマバードの近く、アボッタバード(Abbottabad)から中国・新疆ウイグル自治区のカシュガル(Kashgar)まで、南北貫く全長約1,300kmの道路がカラコルムハイウェイ(Karakoram Highway、通称KKH)。7,000m級のカラコルム山脈に囲まれ、中国との国境にあたるクンジュラブ峠(Khunjerab)は、舗装された道路の国境として世界一の高所(4,693m)にあたります。古代シルクロードに沿って作られた歴史的にも意義のある道路なのです。

パキスタン北部にある桃源郷フンザと、中国との国境までのエリアをゴジャール地区、または「上部フンザ(Upper Hunza)」と呼び、この一帯を貫くKKHでは標高2500m級の天空ドライブが楽しめます。

※桃源郷フンザについては関連メモにある「風の谷フンザ!ナウシカワールド広がるパキスタンの桃源郷」をご覧ください。

パキスタンを貫く全長1,300qのカラコルムハイウェイ

写真:かわい まゆみ

地図を見る

カラコルムハイウェイは、中国・パキスタン両国の国家事業として、20年がかりで1978年に完成したものです。しかし、乾燥した山肌はわずかな雨にも脆く、頻繁に発生する地滑りで道路が寸断されることもしばしば。しかし、上部フンザに限っては、2010年に起こった水害事故による道路復旧工事が2015年に完成し、現在では新しいトンネルも開通して安全に走行できるようになりました。

パキスタンを貫く全長1,300qのカラコルムハイウェイ

写真:かわい まゆみ

地図を見る

これはパキスタン名物・ド派手なデコトラ。どれひとつとっても同じものはないこだわりのデザイン、ドライバーの魂が詰まっているデコトラは純白の雪山に映えてとてもフォトジェニックです。

哀しい歴史から生まれた美しきアッタバード湖

哀しい歴史から生まれた美しきアッタバード湖

提供元:Furqanlw via Wikimedia

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Miraculous…

フンザから東へ約15km、ミルキーブルーの美しい水をたたえた「アッタバード湖(Attabad Lake)」が見えてきます。壮麗な雪山連峰をバックに息を呑む絶景ですが、この湖は2010年に発生した大規模な地滑りでフンザ川がせき止められてできた天然のダム湖。事故当時は氷河の雪解け水の流入で湖の水位が一気に上昇し、近隣の村やハイウェイも水没、深刻な被害がもたらされましたが、2015年に道路の復旧工事が完成し現在は観光スポットの一つになっています。

哀しい歴史から生まれた美しきアッタバード湖

写真:かわい まゆみ

地図を見る

現在も村の一部は水没したままです。6月を迎えると氷河の雪解け水の流入がはじまり、村は再び完全に水没してしまいます。美しい湖の底には、実は哀しい歴史も一緒に沈んでいるのです。

女性のカーペット職人が活躍するグルミット

女性のカーペット職人が活躍するグルミット

提供元:Taseer Beyg via Wikimedia

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gulmit_Goj…

アッタバード湖からさらに北東へ約14km、少数民族ワヒ族が住むグルミット(Gulmit)という小さな村にたどり着きます。標高2,500mのこの地はフンザ同様、春には杏や桜の花が咲き、村は緑豊かな桃源郷に変わります。

女性のカーペット職人が活躍するグルミット

写真:かわい まゆみ

地図を見る

この村のもっとも古い約700年前の石造りの家で、村の女性たちによる伝統的なカーペット工房が営まれています。イスラムの世界では女性が表で働くことはまだまだ珍しいことですが、フンザ含めてパキスタン北部では女性が外で働く姿をよく見かけることができます。この工房も女性の経済的自立支援を目的としたものです。

女性のカーペット職人が活躍するグルミット

写真:かわい まゆみ

地図を見る

わずかな明かり窓から差し込む光で、伝統的な工具を用いて黙々とパキスタン絨毯を編む女性。その作業は気が遠くなるほど緻密でまさに神々しいほどです。工房は絨毯の販売も行っており、ランチョンマットサイズからラグマットサイズまで幅広く扱っています。

カラコルム山脈をバックに恐怖のスケスケ吊り橋

カラコルム山脈をバックに恐怖のスケスケ吊り橋

写真:かわい まゆみ

地図を見る

グルミット村をさらに北へ約5q進んだ先に、カラコルム山脈の美しき「カテドラル」をバックにしたフサイニ(Hussaini)村が存在します。その村に架かる吊り橋は2010年の水害で一度流されてしまいましたが、現在は復旧して人気の観光スポットとなっています。

カラコルム山脈をバックに恐怖のスケスケ吊り橋

写真:かわい まゆみ

地図を見る

全長約100m、高さ5〜6mの吊り橋は、ご覧の通り、横木の間隔が30cm以上もあるほどスカスカ状態で両サイドはむき出しのワイヤーのみ。しかもかなり揺れるのでスリル満点。高所恐怖症さんは控えた方が無難ですね。

カラコルム山脈をバックに恐怖のスケスケ吊り橋

写真:かわい まゆみ

地図を見る

橋を渡り切ると川底に降りることができます。この絶景は、雪解けがはじまり水位が上がる6月頃までの期間限定の絶景です。

大迫力のパノラマ・パスー氷河

大迫力のパノラマ・パスー氷河

写真:かわい まゆみ

地図を見る

フサイニ村から北へわずか9qほど先に見えるのがパスー(PASU)氷河です。全長20.5q、115平方kmもの規模を持つ大氷河の先端がカラコルムハイウェイの直前まで迫っています。標高の高いこの地ならではの絶景。是非現地で味わって欲しい絶景パノラマです。

大迫力のパノラマ・パスー氷河

提供元:Akbar Khan Niazi via Wikimedia

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Passu_Glac…

パスーピーク(7,478m)からはじまるパスー氷河。天気が良ければ登山家の憧れ「シスパーレ峰(7,611 m)」も眺めることができます。

大迫力のパノラマ・パスー氷河

写真:かわい まゆみ

地図を見る

近くには氷河の雪解け水でできた“黒い川”が流れています。カラコルムとはテュルク語で「黒い砂礫」を意味し、カラコルムの氷河はがれきを多く含む黒い氷河が特徴とも言われています。氷河の雪解け水というと透き通るブルーの美しい川を想像しがちですが、こんな川もあるんですね。

桃源郷フンザから続く天空ドライブは絶景の宝庫!

パキスタンに対する一般のイメージは、まだまだテロや治安面に不安が残ると聞こえてきますが、実際には、アフガニスタンとの国境地帯以外は外務省情報としても警戒レベルがかなり緩和されています。村の人は親日家が多く、外国人には非常に親切で質素ながらもとても平和に暮らしています。

パキスタン北部は桃源郷フンザを含め絶景の宝庫。空が近く空気が澄んで、7,000m級の雪山に広がる神々しい朝日や日没、満天の星空、果樹の花であふれるオアシスのような村は苦労して訪れる価値のある絶景スポットです。是非次の旅行プランに考えてみてはいかがでしょうか。

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

パキスタンへ行く旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -