神々の住む町!ネパールの首都カトマンズ市街中心部と古都パタンの街歩き

| ネパール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神々の住む町!ネパールの首都カトマンズ市街中心部と古都パタンの街歩き

神々の住む町!ネパールの首都カトマンズ市街中心部と古都パタンの街歩き

更新日:2018/07/09 11:49

モン ガラのプロフィール写真 モン ガラ ライター

ネパールの首都カトマンズは周りを5山に囲まれた標高1330メートルの広い盆地です。空港からリングロードと呼ばれる環状道路が輪になって通り、リングロードの内側の市街中心部と外側の郊外に見所が点在しています。今回は空港からアクセスしやすいカトマンズ市街中心部のダルバール広場と古都パタンを紹介します。近年急速に近代化が進むカトマンズですが、町を歩けば歴史を感じる街並みや古い寺院がたくさん残されています。

カトマンズ・ダルバール広場の南〜東側の見所

カトマンズ・ダルバール広場の南〜東側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

カトマンズ市街中心部で見所が集まるのは、旧王朝のあるダルバール広場です。ダルバール広場はかつてカトマンズ王国の中心でした。この広場を中心に寺院が建ち並ぶ旧市街が広がります。

写真は広場の南に位置する1673年に建てられたヒンズー彫刻の劇場です。主な見所はここから徒歩1〜2キロ以内に集中していますので、北上しながら順に見て周りましょう。

カトマンズ・ダルバール広場の南〜東側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

神々が多く住む町と言われるカトマンズですが、窓枠の木彫りが美しい館に、女神クマリの化身として崇拝される少女が住んでいます。

クマリはネワール族の様々な条件をクリアした少女から選ばれ、選ばれた後はこのクマリの館で生き神クマリとしての振る舞いを教え込まれます。クマリは2階の窓から顔を出してくれることもありますので、その姿を見る事ができたらとてもラッキーです。

カトマンズ・ダルバール広場の南〜東側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

ダルバール広場の東側には、国王の住まいがあった旧王宮ハヌマン・ドカがあります。ハヌマンはヒンズー教で猿の神、ドカは門の意味があり、門の脇に猿の神の像がある事からこの名が付きました。

旧王宮は17世紀に完成した複数の建物・中庭・寺院で構成されますが、2015年4月のネパール地震で大きな被害を受け、多くの建物が倒壊してしまいました。現在も復旧作業が進められていて、日本も中心となって支援しています。

カトマンズ・ダルバール広場の東〜北側の見所

カトマンズ・ダルバール広場の東〜北側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

旧王宮ハヌマン・ドカの前はジャガナード寺院です。正方形の最も古い構造をした寺院は、屋根の彫刻に特徴があります。鳩が多く集まり、長い歴史を感じる場所のひとつです。

カトマンズ・ダルバール広場の東〜北側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

カーラ・バイラヴは、ひとつの石から掘り出された巨大な石像で、破壊神シヴァの化身を現しています。この石像の前で噓をつくと即座に亡くなってしまうと信じられていて、道行く人々が礼拝に訪れます。

カトマンズ・ダルバール広場の東〜北側の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

タレジュ寺院は1564年にマヘンドラ・マラ王によって建てられた、高さ36.6メートルの神聖な寺院です。最近までこの寺院よりも高い家を建てる事は許されませんでした。

タレジュ寺院はダルバール広場の最も北側にありますので、この寺院を見てから広場を折り返すと良いでしょう。狭い範囲に見所が密集していますので、半日ほどかけてじっくり観光するのがお勧めです。

古都パタン・王宮前広場の見所

古都パタン・王宮前広場の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

カトマンズ市街中心部から車で約30分進むと、かつて首都として栄えた古都パタンがあります。パタンは美の都という意味で街中が美術館のような雰囲気が漂います。

写真は広場の南に位置するクリシュナ寺院の前です。ネパールでは珍しい石造りの寺院をスタート地点として北上して歩くルートがお勧めです。

古都パタン・王宮前広場の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

広場の東側は17〜18世紀に建てられた旧王宮です。カトマンズ市街中心部の王宮よりも古い歴史を持ち、現在は中庭を囲む3つの建物で構成されます。

内部はパタン博物館になっていて、王様の沐浴場やネワール文化の神像や装飾品を見る事が出来ます。博物館の入り口は街の老人たちが集う憩いの場です。

古都パタン・王宮前広場の見所

写真:モン ガラ

地図を見る

パタンの王宮前広場は観光の中心ですが、裏通りはネワール族の生活に溢れています。日本とは何もかも違う文化に、人の流れをただ見ているだけでも飽きる事はありません。

古都パタン・裏通りの見所

古都パタン・裏通りの見所

写真:モン ガラ

地図を見る

王宮前広場を出て裏通りを北西へ歩いて行くと、クンベシュワール寺院があります。1392年に建てられたパタン最古の寺院で、ネパールでは数少ない五重の塔です。境内の水で身を清めると御利益があるとされています。

古都パタン・裏通りの見所

写真:モン ガラ

地図を見る

ゴールデンテンプルは12世紀に建てられた、本堂が金で覆われたお寺です。仏像の壁には美しい宝石のような彫刻がたくさんあり眩しいほど豪華です。子供のお坊さんが親元を離れて交代で勤務しています。

カトマンズの世界遺産!ダルバール広場と古都パタンの歩き方

ネパールの首都カトマンズは広い盆地に見所が多く点在しています。今回はその中でも空港からアクセスしやすいリングロード内の2つの世界遺産を紹介しました。

カトマンズとパタン2つの王宮前広場を拠点に街を歩けば、旧市街の主な見所は網羅できるはずです。ネパール地震によって倒壊してしまった建物も多く約半数が復旧中でしたが、そのスピードは速く、日本もたくさん支援している事に驚く事でしょう。復旧の様子を含めてネワール独自の文化や建築はとても見る価値があります!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09−2017/12/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -