横浜にベトナムのエッグコーヒー専門店「カフェジャン」日本初上陸!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

横浜にベトナムのエッグコーヒー専門店「カフェジャン」日本初上陸!

横浜にベトナムのエッグコーヒー専門店「カフェジャン」日本初上陸!

更新日:2018/04/30 14:25

牡丹餅 あんこのプロフィール写真 牡丹餅 あんこ フリーライター

ベトナムで70年以上愛され続けた“エッグコーヒー”専門店の「CAFE GIANG(カフェジャン)」が日本初上陸!ベトナムで観光スポットにもなっているカフェジャンのエッグコーヒーが、日本でも味わえるようになりました。ふわふわでカスタードのようなクリームがのったコーヒーは、2018年のトレンド間違いナシ!横浜中華街で楽しめる、噂のエッグコーヒーをご紹介します。

卵をイメージした黄色くて可愛い建物が目印の「CAFE GIANG」

卵をイメージした黄色くて可愛い建物が目印の「CAFE GIANG」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

古民家を改装した建物をカフェにした「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」は、黄色いファサードとグリーンが目印のカワイイお店です。カフェの名前は、創業者GIANG(ジャン)さんが由来で、本店と同じ名前になっています。

卵をイメージした黄色くて可愛い建物が目印の「CAFE GIANG」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

メニューは「エッグコーヒー」のホットとアイスを中心に、エッグ抹茶、エッグココア、エッグシナモンの他に、シンプルなベトナムコーヒーも味わえます。

「カフェ ジャン」は、のれん分けを断り続けてきましたが、72年目にして初ののれん分けを日本で展開。横浜店でも本店の味を再現し、1杯1杯手作りのコーヒーを提供します。

その他、お食事メニューはベトナム名物の「バインミー」を提供。バインミーについては後程ご説明いたしますが、フードメニューは今のところ一種類のみです。

卵をイメージした黄色くて可愛い建物が目印の「CAFE GIANG」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

ベトナムの首都ハノイの旧市街には多くのカフェがあり、その中でも「CAFE GIANG」の本店は創業72年と古く、「エッグコーヒー」の発祥のカフェとしても知られています。
1Fの席は、大きな観葉植物が置かれ、ウッディーなインテリアの中にゆったりとしたソファーが設置されています。

オーナーがセレクトしたこだわりのインテリアでベトナム感を演出

オーナーがセレクトしたこだわりのインテリアでベトナム感を演出

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

2階の座席は、ベトナムの雰囲気をより伝えるために、オーナーがセレクトした雑貨や家具が置かれています。低めの椅子とテーブルなど、ベトナムのローカルスタイルをイメージ。ベトナムへ行ったことがある人もない人も、ハノイのカフェの雰囲気を楽めます。

オーナーがセレクトしたこだわりのインテリアでベトナム感を演出

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

2階席の左側は、窓から明るい光が差し込み、賑やかな中華街が見えるなど、異国情緒にあふれ、一瞬ここが日本だということを忘れてしまいます。アットホームな雰囲気で居心地がよく、中華街をたくさん歩いて観光したあとは特に、癒されること間違いナシです。

フワフワがクセになるハノイ名物「エッグコーヒー」

フワフワがクセになるハノイ名物「エッグコーヒー」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

写真は「エッグコーヒー/アイス」です。暑い季節にデザート感覚で楽しめるコーヒーです。フワフワのエッグクリームをよくかき混ぜてからコーヒーを飲んでください。エッグクリームは、とてもクリーミーでビターなコーヒーとの相性も抜群!

また、冷たいドリンクはビールに、エッグクリームをのせた「エッグビール」という面白いメニューも!デザート酒として楽しめます。

フワフワがクセになるハノイ名物「エッグコーヒー」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

写真は「エッグココア」です。ホットのドリンクは、エッグクリームが冷たいので、飲み物が冷めないように、お湯を張ったお皿がついてきます。このスタイルは本場ベトナムと同じなので、現地で飲んだことがある人は懐かしく感じるのでは?

フワフワがクセになるハノイ名物「エッグコーヒー」

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

「エッグ抹茶」は、日本とベトナムの融合的なドリンクです。抹茶は日本限定なのかと思いきや、ジャンさんは抹茶が好きだそうなので、ベトナムでも味わうことができるそう。

日本限定のドリンクは「エッグシナモン」で、これは現地のカフェにはない日本オリジナルです。

フワフワで美味しい「エッグクリーム」・・・その中身は??

フワフワで美味しい「エッグクリーム」・・・その中身は??

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

「エッグクリーム」は、「CAFE GIANG」創業時にミルクが手に入りづらく、ミルクの代わりに卵を泡立てて使用したことから誕生しました。

卵黄とコンデンスミルクをカスタードクリーム状に泡立てたものを、ベトナムコーヒーへのせるのですが、コーヒーもクリームも詳しい内容は企業秘密だそう。この甘くて美味しい“フワフワ”が、何でできているのかすごく気になりますよね。一度味わって研究してみるのも面白いかもしれません。

フワフワで美味しい「エッグクリーム」・・・その中身は??

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

先ほどカフェメニューでもお話した「バインミー」は、ベトナムで定番のサンドイッチのことなのですが、ココのお店のバインミーは、北京ダッグやチャーシュー、キュウリ、パクチーなどが入った、“中華街バージョン”なんです!

焼き立てフランスパンのパリパリ、サクサクした歯触りと、北京ダッグやキュウリ、パクチーなどの野菜の食感が美味しい!甜麺醤ソースの甘みとの相性も抜群!エッグコーヒーとぜひ合わせてお召し上がりください。

フワフワで美味しい「エッグクリーム」・・・その中身は??

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

いかがでしたか?
横浜中華街へ行けば、ジャスミンティーやタピオカドリンクなども楽しめますが、日本初上陸のベトナムコーヒーが味わえるのはココ、「CAFE GIANG」だけです。横浜観光の途中にぜひ、本場ベトナムコーヒーを味わってみてはいかが?

「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」の基本情報

店舗名:CAFE GIANG
住所:神奈川県横浜市中区山下町78-3
営業時間:10:00〜23:00
定休日:年中無休
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」駅の2番出口より徒歩2分

208年4月現在の情報となります。変更となる場合がありますので、公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。


掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -