プリッツが出来上がる様子にワクワク!大人も子供も楽しい工場見学「グリコピア神戸」

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

プリッツが出来上がる様子にワクワク!大人も子供も楽しい工場見学「グリコピア神戸」

プリッツが出来上がる様子にワクワク!大人も子供も楽しい工場見学「グリコピア神戸」

更新日:2014/02/26 17:19

さちのプロフィール写真 さち 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

小学校の時、社会見学で行った工場見学。製菓工場のお菓子が出来上がる工程にワクワクした記憶はありませんか?
数ある工場見学の中でも、工場見学好きなら一度は行ってみたい憧れの人気工場、それが神戸市西区の「グリコピア神戸」です。
プリッツの製造工程の見学の他、チョコレートの作り方を楽しく学べたり、3D映画があったりと、いわばお菓子のテーマパーク!大人も子供も楽しい工場見学。久しぶりに行ってみませんか?!

「一粒300メートル」の謎?!懐かしCMに大人が興奮!まずはグリコの歴史を学びましょう!

「一粒300メートル」の謎?!懐かしCMに大人が興奮!まずはグリコの歴史を学びましょう!

写真:さち

地図を見る

工場見学は案内のお姉さん1人に対し10数人のグループに分かれて行います。また見学は1階から3階を徒歩で廻ります。ベビーカーは入口で預けないといけないので、歩けないベビーちゃん連れの方は抱っこひもを持って行かれる方がいいかもしれません。

順番にグループ案内が始まるまで、1階ホールではグリコ社製品の昔のCMやチョコレートの作り方映像を見ます。この懐かしCMが大人の方々に意外と好評。
三浦友和&山口百恵はじめ、子供の頃見たような・・・という懐かしいCMは見ていて楽しく、気分も盛り上がってきます。

社名でもある「グリコ」には、牡蠣などから抽出されるエネルギー代謝に重要なグリコーゲンが含まれているとのこと。栄養価の高いお菓子なんですね。「一粒300メートル」のキャッチフレーズにも納得です。
「グリコ」のパッケージデザインのバンザイポーズの男性、現在のものと比べると発売当初の方がスリムでした!こんな発見も面白いですね。

画期的過ぎるグリコの自動販売機!ここにビジネス成功の真髄を見た!

画期的過ぎるグリコの自動販売機!ここにビジネス成功の真髄を見た!

写真:さち

地図を見る

そして、面白いのが1931年(昭和6年)製の「発声映写装置つき自動販売機」。何かというと、当時としては画期的なお菓子の自動販売機、それも映画が見られる自動販売機なんです。画期的過ぎる!
お金を入れるとグリコが出てくるのと同時に、上部の画面で短編映画が始まります。数秒?流れると消え、またお金を入れると続きが上映される仕組み。
なるほどね〜!これはまた買いたくなります。こんなところに商売の巧みさを見ました!

いよいよ製造工程の見学へ!だんだんとプリッツ、ポッキーになる様子にワクワク!

いよいよ製造工程の見学へ!だんだんとプリッツ、ポッキーになる様子にワクワク!

写真:さち

地図を見る

自動販売機の隣には道頓堀の看板と同じデザインのバンザイポーズの大きなパネルもあります。せっかくなので同じポーズで写真撮影したら、さあ、いよいよ製造工程の見学へ!

ガラス越しにお菓子の製造されている様子を見ます。
ドロドロの液体が川のように流れていって、焼かれて棒状になりカットされ、だんだんとプリッツになっていきます。それが袋に入れられ、箱に入り、最後には段ボールの梱包まで全て機械作業。
流れ作業で無駄のないロボットの動きや、コンベヤーに乗ってお菓子が流れていく様子は見ていて本当に気持ちいいです!

いつまでも見ていた〜い!という感じですが団体行動で次の予約も入っていますのでそういうわけにもいきません。
ですが、プリッツの網目のような模様がなぜあるのか、など案内のお姉さんの説明はとても聞きやすく、どの場所でどういう作業をしているかが分かります。これは団体行動の見学ならではだと思います。
個人の自由見学で看板を見ながらの工場見学とはやはり違います。

こちらのエリアは残念ながら写真撮影禁止です。
どんな様子かは実際行ってみてのお楽しみにとっておいて下さい!
また作られている商品も日によって違うようなので、そちらもお楽しみに。

3階は子供が大喜びの展示!かわいらしい妖精のミュージカルや3Dシアターでお菓子について楽しく学ぼう!

3階は子供が大喜びの展示!かわいらしい妖精のミュージカルや3Dシアターでお菓子について楽しく学ぼう!

写真:さち

地図を見る

製造工程の見学が終わると3階へ。
こちらは子供向きの展示内容です。
チョコレート、ビスケット、アイスクリームの作り方が楽しく学べます。先ほどまでとは違い、ある程度自由に観覧できますので子供たちもリラックス。カカオ豆を実際に触ってみたり、かわいらしいキャラクター達がお菓子を作る様子を楽しく見てみましょう。

そして3D(立体)シアターでは、150インチのスクリーンで飛び出す3Dアニメーションが楽しめます。アニメキャラクター「小麦くん」と「ミルク姫」が登場する、夢・友情・勇気の物語です。上映時間は8分と短いですが、迫力もあってなかなか楽しい内容でした。

3Dシアターを出ると団体行動は終わり。休憩室の周囲には、歴代のグリコのおもちゃ達がショーケースに並んでいます。中には「え?こんな高価そうなものがおまけ?」なんてものも。時間があればゆっくり見て帰って下さいね。
お土産コーナーには、ここでし買えないお菓子やメモ帳などの限定グリコグッズが色々販売されています。これもまた楽しみのひとつ、ぜひ覗いてみていって下さい。

お菓子工場見学後のお楽しみ!見学者へのお土産のお菓子は、グリコピア神戸限定パッケージのプリッツ!

お菓子工場見学後のお楽しみ!見学者へのお土産のお菓子は、グリコピア神戸限定パッケージのプリッツ!

写真:さち

地図を見る

お菓子工場見学後のお楽しみといえば、そう、見学者へのお土産のお菓子!こちらグリコピア神戸では、子供には「アソビグリコ」とチョコレート博士認定証。大人には限定パッケージのプリッツがプレゼントされます(プレゼントは変わる可能性もありますのでご了承下さい)。
これはかなり嬉しい!大人と子供でプレゼントが違うのも気が利いています。
現在の「アソビグリコ」は、発売当初と同じハート型が4つ。以前販売されていた四角い形より、口あたりも優しく何よりとっても可愛いですね!

最後に

子供はもちろん、大人も楽しめる「グリコピア神戸」いかがでしたか?
大人になってから工場見学に行くと、子供の頃には気付かなかった観点から見ることができて新しい発見がありますよ。
ぜひ子供さんと一緒に、大人の社会見学に、お出かけ下さい!
アクセスはよいとはいえませんが、近隣には神戸ワイナリー(農業公園)があったり、淡路島へも近いので関西、中国地方方面への旅行プランに加えてみてはいかがでしょう?

<グリコピア神戸>
見学無料。電話での予約が必要。

<グリコピア神戸へのアクセス>
・神戸市営地下鉄で「西神中央駅」より市営バス23系統・神姫バス12系統「高塚台1丁目」下車、徒歩1分

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ