函館・五稜郭公園の桜が美しい!おすすめ花見ポイント4選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

函館・五稜郭公園の桜が美しい!おすすめ花見ポイント4選

函館・五稜郭公園の桜が美しい!おすすめ花見ポイント4選

更新日:2018/04/27 15:37

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

北海道函館市の五稜郭公園は、北海道を代表する桜の花見名所で、例年ゴールデンウィークに見頃を迎えます。
実は北海道の桜は大半がヤマザクラで、花数や葉が同時に生える点などからソメイヨシノの見応えには及びません。しかし、五稜郭公園の桜は北海道の花見名所では極めて珍しいソメイヨシノで、本州と遜色ない絶景を楽しめます!今回は公園内の花見ポイントを4ヶ所、厳選して紹介します。

桜に囲まれた五稜郭タワーが絶景!

桜に囲まれた五稜郭タワーが絶景!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭は特徴的な星型の城跡だけでなく、周辺も含めて公園として整備されています。その周辺の公園部分にも桜が多数植えられており、既に絶景です!

写真は南端の部分で、函館市街地も市電の電停も南側にあるので、誰もが一番最初に目にする光景。人間の大きさと比べても、ソメイヨシノが大木に育っているのが分かります。なお、奥に見える桜は、星型の城跡の桜です。

桜に囲まれた五稜郭タワーが絶景!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭の城跡部分は、再建された箱館奉行所の建物以外は無料で入場出来ますが、季節によって変動する門限があります。よって夜桜を楽しめるのは五稜郭タワーに隣接した部分のみで、地元の方がジンギスカンを楽しむ場所になっています。ここから五稜郭タワーを見上げると、タワーが桜に囲まれ、まさに絶景。ここが第一のおすすめポイントです!

五稜郭タワーから見下ろす桜も必見!

五稜郭タワーから見下ろす桜も必見!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭公園の桜といえば、五稜郭タワーから見下ろすのが定番で、ここが第二のおすすめポイントです。五稜郭は日本では極めて珍しい星型の城郭なので、その独特な形を鑑賞する為にもタワーからの眺めは必見です!

春は桜の花見も兼ねることが出来るのですから、本当に贅沢。春の北海道旅行のパンフレットには必ず掲載される、定番の絶景を存分に満喫しましょう!

五稜郭タワーから見下ろす桜も必見!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭タワーから見下ろす桜は絶景ですが、タワーが高すぎて桜が遠く感じるのも事実。タワーから降りて行く途中の階段の踊り場から至近距離で桜を見ると、一層感動出来ます。この場所、知らない人が多いらしく意外なほど人気がありません。しかし、必見ですし、インスタ映えも狙えますよ!

五稜郭公園の桜は幾重にもコラボします!

五稜郭公園の桜は幾重にもコラボします!

写真:藤田 聡

地図を見る

いよいよ五稜郭公園の中心部、国指定特別史跡「五稜郭跡」の桜を見ましょう。城跡なので防御の為に堤防のような土塁が築かれ、土塁の上も下も桜並木で絶景です!

五稜郭公園の桜は幾重にもコラボします!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭は星型なので、土塁も複雑な形をしています。そうした場所では手前の桜に加えて、奥の土塁の桜並木も見え、下も桜で埋め尽くされた信じ難い光景を楽しめます。これが第三のおすすめポイントで、幾重にも桜がコラボする様子は五稜郭ならではです!

お堀の水鏡に写る桜も名物!

お堀の水鏡に写る桜も名物!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭公園では、お堀の水面に桜が映り込むのも名物なのですが、無風の時しか見られません。しかし、春一番というように春は本来風が強い季節ですから、実際にはかなり難しいのが現実です。

しかし、風があっても晴天なら写真のように絶景なので、お堀を徒歩で一周する価値があります。ランナーも多い平坦な道なので、難なく一周出来ます。

お堀の水鏡に写る桜も名物!

写真:藤田 聡

地図を見る

五稜郭公園の桜と五稜郭タワーとお堀のコラボも定番で、ここが第四のおすすめポイントです。これが無風なら、水面が鏡のようになって絶景が二倍になるのですから、見られたら本当にラッキーです!

五稜郭公園の基本情報

住所:北海道函館市五稜郭町44番地
電話番号:0138-23-5440(函館市観光案内所)
アクセス:JR函館本線函館駅から湯の川行き市電17分、五稜郭公園前下車徒歩15分

※2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -