サクラクレパスにお好み焼…SNSにアップしたい!大阪らしさ満載土産

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サクラクレパスにお好み焼…SNSにアップしたい!大阪らしさ満載土産

サクラクレパスにお好み焼…SNSにアップしたい!大阪らしさ満載土産

更新日:2018/05/03 14:00

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家

関西や、京阪神という言葉でひとくくりにはできないくらい、京都、大阪、神戸はそれぞれ独特のカラーを持った都市です。ぐるっと旅をして回れば、その違いをきっと実感されることでしょう。はんなりした京都とも、ハイカラな神戸とも違う大阪の魅力は、お土産品にも是非反映させて欲しいもの。可愛らしさもありながら、楽しさもたっぷり詰まった大阪土産。みんなを笑顔にすること間違いなし!のお勧め品をご紹介します。

懐かしさと可愛さで 手に取りたい「サクラクレパス」

懐かしさと可愛さで 手に取りたい「サクラクレパス」

写真:万葉 りえ

地図を見る

サクラクレパスの本社があるのは大阪市中央区の森ノ宮になります。昔はクレヨンを作っていましたが、それは子どもたちには少し使いにくかったそう。そこで研究を重ねて生まれたのが、クレヨンとパステルのいいところを取り入れたサクラクレパスです。

懐かしさと可愛さで 手に取りたい「サクラクレパス」

写真:万葉 りえ

地図を見る

きっと多くの方が、子どものころのおどうぐ箱の中にサクラクレパスを入れていたのではないでしょうか。

こちらはクレパスの紙箱そのままのデザインで、なかにはクッキーが詰めあわされています。それも、本当にクレパスで描いたようなかわいいイラストつき。懐かしさに、クレパスそのものでまたお絵かきしてみたくなるかもしれません。

パッケージも色鮮やかな「クーピーペンシル」

パッケージも色鮮やかな「クーピーペンシル」

写真:万葉 りえ

地図を見る

きっとクーピーペンシルが入っていた缶のイラストも、多くの方がご記憶でしょう。クーピーペンシルは1973年に色鉛筆の書きやすさとクレヨンの発色の良さをいかして開発されたもの。それまでの色鉛筆のように芯が頻繁に折れたりしないうえに消しゴムで消すこともできるので、あっという間に人気商品になりました。

こちらの紙箱タイプには、実際のクーピーペンシルよりすこし太目で、クレープをロール状にして焼いた軽さのあるクッキーが入っています。お土産で荷物が重くなるのは嫌だという方には、断然おすすめ。なお、パッケージが缶入りのクーピーペンシルもあり、そちらには平たいペン型のクッキーが入ってます。

こちらもおどうぐ箱の定番「フエキくんのり」

こちらもおどうぐ箱の定番「フエキくんのり」

写真:万葉 りえ

地図を見る

様々な糊や接着剤などの文具を出しているのが大阪の八尾市にある不易糊(ふえきのり)工業株式会社です。なめらかだったり、でこぼこを抑えたり、貼ってはがせるタイプなど、技術に裏打ちされた製品は100均のものとは大きく違います。

子どもが安心して使えるようにトウモロコシでんぷん100パーセントで作られた、赤い帽子がふたになったフエキクンのり。こちらも多くの方のおどうぐ箱に入っていたことでしょう。

こちらもおどうぐ箱の定番「フエキくんのり」

写真:万葉 りえ

地図を見る

フエキクンがあしらわれたふせんやファイルなどが出ていますが、こちらは文具ではなく菓子メーカーとの製品です。中に入っているのはマーブルチョコなのですが、大きさに注目!それはまるで、カラフルになった碁石。
チョコを食べた後は小物入れに使ってくださいね。

大阪で「粉もん」は外せない

大阪で「粉もん」は外せない

写真:万葉 りえ

地図を見る

大阪で食べていってほしいのが、「粉もん」といわれるタコ焼きやお好み焼きです。本場のおいしさを保冷材付きで持ち帰ることもできますが、気軽に持って帰れるのがせんべいになったこの商品です。

大阪で「粉もん」は外せない

写真:万葉 りえ

地図を見る

たかがお菓子と思うなかれ!上に乗っているのはキャベツやエビ、長ネギに天かす、青のりに紅ショウガ…とお好み焼きと同じ具材。それをフリーズドライにして本物のお好み焼きに限りなく近づけているのです。口にふくめば、ふわっとかつお節やマヨネーズの風味が立ちのぼってきます。お茶受けだけでなくビールのお供にもおすすめです。

お笑いのメッカ「吉本興業」もお土産の宝庫

お笑いのメッカ「吉本興業」もお土産の宝庫

写真:万葉 りえ

大阪といえば、日本のお笑いをけん引してきた「吉本興業」も外せません。日本各地で芸人さんが活躍されていますが、その中心は大阪なんばです。なんばグランド花月、通称「NGK」は、お笑いの専門劇場としては日本最大級。365日漫才や新喜劇などを見に来るお客さんで賑わいます。1階のロビー付近では芸人さんの着ぐるみと記念撮影ができるし、劇場入り口では日替わりで「一日支配人」の芸人さんが迎え入れてくれてサービス精神もたっぷり。

そのなんばグランド花月には充実したお土産売り場が2か所あります。なんせ、「えっ、この人も!」というくらい多くの芸人さんが所属している吉本興業。大御所から、新喜劇など舞台が中心の方、そして渡辺直美さんなどテレビで活躍する方と、人気の芸人さんグッズだけでも迷ってしまうほどの多くの種類が出ているのです。

吉本興業のオフィシャルグッズショップで、菓子をはじめとする食品類に文具等よしもとの芸人商品のすべてが揃うのが1階のよしもとエンタメショップです。ここには「面白い恋人」のような吉本ならではのちょっと笑わせてくれる商品も。さらに2階のよしもとおみやげもん横丁には、関西のお土産とオリジナル商品があふれています。どちらも劇場のチケットがなくても入店可能。時間がなくても、ここに来れば大阪なんばの雰囲気がたっぷりです。

<なんばグランド花月基本情報>
住所:大阪市中央区難波千日前11番6号
電話番号:06-6641-0888
アクセス:地下鉄御堂筋線、南海、近鉄、阪神、JRの難波駅下車

人気の大阪土産は主要駅や空港で

在来線と新幹線の駅がある新大阪駅は3階にお土産店があり、新神戸駅など関西の主要駅でもサクラクレパスや吉本興業の商品を期間限定で取り扱っています。また、大阪国際空港(伊丹)や神戸空港などに置かれている商品もあるので大阪らしい楽しいお土産を見つけてください。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -