東京ミッドタウン日比谷 初のイベント!「Hibiya Festival」へ行こう

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京ミッドタウン日比谷 初のイベント!「Hibiya Festival」へ行こう

東京ミッドタウン日比谷 初のイベント!「Hibiya Festival」へ行こう

更新日:2018/05/01 16:29

河合 理恵のプロフィール写真 河合 理恵 旅行ブロガー、旅行インスタグラマー、絶景フォトグラファー

2018年3月にオープンした「東京ミッドタウン日比谷」。2018年4月27日(金)〜5月20日(日)まで、初のイベント「Hibiya Festival」が開催されます。期間中は、ジョニーウォーカーの限定バーやシンボルオブジェ「Flora(フローラ)」の特別演出も。ぜひ足を運んで。

東京ミッドタウン日比谷の初イベント「Hibiya Festival」の公式バー

東京ミッドタウン日比谷の初イベント「Hibiya Festival」の公式バー

写真:河合 理恵

地図を見る

「Hibiya Festival」の公式バーとなるのが、世界No.1スコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」の期間限定コンセプトバー「JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden」。ジョニーウォーカーは、マスターブレンダーからマスターブレンダーへと6代にわたって受け継がれてきた門外不出のブレンディング技術によって、スコットランド各地の異なる個性をもつ原酒をブレンドし、丹念に作られているスコッチウイスキーです。
そんなジョニーウォーカーがHibiya Festivalという空間や文化、そこに集う人々を特徴的なフレーバーとともにブレンドし、訪れた人々は“JOHNNIE &”な体験をさせてくれます。

会場では、ジョニーウォーカーのキャラクター、紳士「ストライディングマン」がお出迎えしてくれます。

東京ミッドタウン日比谷の初イベント「Hibiya Festival」の公式バー

写真:河合 理恵

地図を見る

JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Gardenで飲めるのは、ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年を使ったハイボール。
「ジョニーハイボール」はジョニーウォーカー ブラックラベル 12年とソーダとを1:3で割ったシンプルなハイボールで、シンプルだからこそ、奥行きを楽しむことができます。
「ジョニーハイボール(クラフトスタイル)」は、ジョニーハイボールを入れたグラスの縁にスパイスなどの副材料をつけ、ハイボールと一緒に飲むユニークなスタイル。選ぶ種類によって、スコッチウイスキーのスモーキーさ、甘味、樽香などをより味わうことができます。おすすめのスパイスは、塩、ピンクペッパー、シナモン。

ハイボールによく合う会場限定フード

ハイボールによく合う会場限定フード

写真:河合 理恵

地図を見る

会場限定て食べられるフードは、ジョニーハイボールによく合うものばかり。
どれもジョニーハイボールとよく合います。

ハイボールによく合う会場限定フード

写真:河合 理恵

地図を見る

がっつり食べたいなら、「サンデーロースト」がおすすめ。皮目はパリッと、身はふっくらと焼き上げられたチキンは食べごたえがあります。

ハイボールによく合う会場限定フード

写真:河合 理恵

地図を見る

定番のフィッシュアンドチップスは、衣がサクッと、中ふわふわ。フライやポテトとジョニーハイボールとはよく合うので、ハイボールもすすみます。

一番のおすすめはハンバーガー

一番のおすすめはハンバーガー

写真:河合 理恵

地図を見る

なんといってもおすすめなのが、3種のハンバーガー。ジョニーウォーカーの特徴であるスモーキーさ、樽香、フルーティーさを表現した3種のハンバーガーはボリュームがあり満足度も高いです。
スモーキーさを表現した「スモークベーコン&チーズバーガー」、樽香を表現した「トリュフペーストと茸、ナッツのビーフバーガー」、フルーティーさを表現した「ベイクドアップル&アニスケチャップのビーフバーガー」の3種類。いずれもフレンチフライがついています。
希望があればカットもしてもらえるので、シェアするのもいいですね。

一番のおすすめはハンバーガー

写真:河合 理恵

地図を見る

ハンバーガーのパティは手作業で成形されたもの。肉汁がギュッと詰まっていてとてもジューシーです。もちろん、ジョニーハイボールとの相性は抜群。ぜひ一緒に味わって。

<JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Gardenの基本情報>
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
営業時間:2018年4月27日〜5月20日
平日 17:00-22:00、土日祝(5/1、2含む) 12:00-22:00(L.O.21:30)、雨天中止
アクセス:地下鉄日比谷駅直結

期間限定のシンボルオブジェ「Flora」

期間限定のシンボルオブジェ「Flora」

写真:河合 理恵

地図を見る

Hibiya Festivalの期間中、日比谷ステップ広場にはシンボルオブジェの「Flora(フローラ)」が登場。高さ4mの少女のオブジェは、現代美術作家ヤノベケンジ氏によるもの。もとは震災の復興支援として作成され、当時は白いドレスを着ていました。今回のイベントに合わせて、華やかな衣装に変わっています。

期間限定のシンボルオブジェ「Flora」

写真:河合 理恵

地図を見る

毎晩18:30〜、20:00〜、21:30〜の3回、「Flora」の特別演出が行われます。眠っていたFloraが目覚める演出は必見です。

期間限定のシンボルオブジェ「Flora」

写真:河合 理恵

地図を見る

このFlora、特別演出の際に一瞬だけウィンクをするのです。このウィンクを見られた人には、幸せが訪れるのだとか。一瞬なので、見逃さないで。

日比谷の街が劇場に

日比谷の街が劇場に

写真:河合 理恵

地図を見る

東京ミッドタウン日比谷がある場所は、かつては鹿鳴館があった場所。そんな場所に建てられた東京ミッドタウン日比谷の建物は、男女がダンスを踊っているような、美しい曲線をイメージして作られています。
Hibiya Festival期間中は、そんな日比谷の街が劇場に。Q HALLでの有料公演「The Stage」をはじめ、無料で観覧できるオペラやジャズライブ、気鋭のパフォーマーたちのパフォーマンスも多数予定されています。

日比谷の街が劇場に

写真:河合 理恵

地図を見る

東京ミッドタウン日比谷の初イベント、日比谷が街をあげて感激を身近にする「Hibiya Festival」。ぜひ東京ミッドタウン日比谷を訪れ、エンターテインメントを楽しんで。

Hibiya Festivalの基本情報

住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
電話番号:03-5157-1251
開催期間:2018年4月27日〜5月20日
アクセス:東京メトロ日比谷線「日比谷」駅、千代田線「日比谷」駅 直結

2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -