ポケトーク(POCKETALK)が海外旅行で絶対に役立つ3つの理由!もう外国語を学ぶ必要がない?

ポケトーク(POCKETALK)が海外旅行で絶対に役立つ3つの理由!もう外国語を学ぶ必要がない?

更新日:2018/10/15 17:54

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部
海外旅行で悩むのは言語。翻訳機や翻訳アプリも多く出回っていますが、言語の数が少なかったり、精度がイマイチ……というのが現状です。

今回は最近話題の小型音声翻訳機「ポケトーク」をご紹介!ボタンをタッチするだけで、日本語を63もの外国語に翻訳し、外国語も日本語に翻訳してくれます。ガジェット好きの編集部平山が、実際にポケトークを使い、本当に役立つかどうか試してみました。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.ポケトークはなんと63言語の"相互"翻訳が可能!

1.ポケトークはなんと63言語の"相互"翻訳が可能!

写真:トラベルjp 編集部

まずはポケトークを手に取ってみました。サイズは非常にコンパクトで、一昔前のガラケー(フィーチャーホン)くらいの大きさ。ポケットサイズなので持ち運びは便利。翻訳はインターネット通信を使って行い、SIMカードを差し込むモデルなら海外の通信会社でも対応が可能です。

ポケトークが他の翻訳機と比べて優れているのは、63言語すべてで"相互"翻訳が可能という点。例えば、海外のローカルなお店で買い物をする際は「How much?」くらいは通じることが多いですが、現地の言葉を知らないと商品に関する細かい質問はできないですよね。そして、返答があっても現地の言葉だと何を言っているか分からない……といった状況になることもしばしば。

ポケトークなら相互翻訳できるので、スムーズな会話が可能となります!どのように使うかは下の動画でご覧ください。

提供元:ソースネクスト株式会社

http://www.sourcenext.com/

翻訳する時間は3秒程度。簡単なフレーズだったら1秒で翻訳してくれることがあります。

編集部平山が素晴らしいと思った点は、使用できる言語が63もあるという点。過去に英語が母国語でない国を多く訪れたことがありますが、ホテルなどでは比較的英語は通じるものの、レストランやタクシーでは英語が通じづらいというのが悩みでした。その場合は片言の英語で会話しなければならないケースも多く、正しく伝わっているのかどうか不安……。ポケトークなら現地の言語で会話しながら意思をはっきりと伝えることができるので、旅の前に会話集で熱心に覚える必要はありません。

2.スマホのアプリとは段違い!ポケトークの高性能マイク

2.スマホのアプリとは段違い!ポケトークの高性能マイク

写真:トラベルjp 編集部

ポケトークが他の翻訳機と違う点は言語の数だけじゃありません。もう一つのおすすめポイントは「マイク」。翻訳アプリのデメリットはスマホ内蔵のマイクを使用するために、マイクはスマホの性能次第となります。実際に翻訳アプリを使うとなると、町中では余計な音声が入り、なかなか翻訳してくれないことも。

端末の裏面左上と左下に小さな穴が空いており、これがマイクとなっています。これだけ小さいと本当に聞き取れるのか不安になると思いますが、実はこれノイズキャンセル機能を搭載した「デュアルマイク」。実際の利用シーンを考え、余計なノイズが入ることを想定した作りとなっており、話者の音声だけをキレイに拾ってくれます!町中での会話も心配ありません。

3.ポケトークを実際に試してみた!日常会話程度なら問題なし

63言語もの相互翻訳機能と高性能のマイクで、スペックとしてはかなり魅力的なポケトークではありますが、どれだけ使えるのでしょうか?こればかりは使用してみないと分かりませんね。そこで編集部平山が弊社の外国人スタッフを相手に試してみました。

まずは基本となる英語をカナダ人スタッフでチェック。道に迷ったという設定で、会話をしてみましょう。その様子を動画で撮影しました。

動画:トラベルjp 編集部

……これはほぼ完璧ですね。道案内だと細かく説明される可能性はありますが、長文になっても綺麗に翻訳されています。他にもいろいろと試してみた結果、基本的な会話は可能でしたが、カナダ人スタッフによると慣用句などを翻訳すると違和感を感じることがあるとのことです。とはいえ、旅行で使用する程度の英語ならまず問題なし!

他の言語はどうでしょうか?今度は中国語が話せるスタッフと会話してみました。こちらも道案内という設定で試してみましたので、動画でご覧下さい。

動画:トラベルjp 編集部

おぉ!中国語も日常会話レベルまで通じました。ただし、中国語でいろいろと試してみて分かったことは、人名は音声による翻訳が難しいということ。例えば「田中太郎」といった典型的な名前や有名人なら綺麗に翻訳はできましたが、日本語名→中国語名、中国名→日本語名に翻訳するのはあまり期待できません。

しかし、日常会話を翻訳できるのというだけでも、言語が苦手な人は海外旅行がより深く楽しめるのではないでしょうか?ちなみに、翻訳した会話の音声は自動で保存されるので、内容を忘れてしまっても再度聞くことができます。

3.ポケトークを実際に試してみた!日常会話程度なら問題なし

写真:トラベルjp 編集部

外国語が苦手な人なら絶大なパートナーになること間違いなし!

ボタンをタッチするだけで、63もの言語を相互翻訳してくれるポケトーク。これ一つあれば、ほとんどの国で現地の人々と簡単な会話をすることができるので、トラブルが発生しても安心ですね!

さて気になるお値段ですが、専用SIMカード付きで29,800円(SIMは2年間有効)。Wi-Fi専用モデル(24,800円)もありますが、海外でインターネットを接続することを考えるといろいろと手間なので、SIMカード付きのものの購入がおすすめですよ。

翻訳機を超えた、夢の「通訳」機であるポケトーク。言語に自信がない方、現地の人々ともっとコミュニケーションをとりたい方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

取材協力:ソースネクスト株式会社

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がLINEトラベルjpに還元されることがあります。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

エリア・カテゴリ別 記事リスト

このナビゲーターの記事一覧(国内)

このナビゲーターの記事一覧(海外)

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -