塩分濃度は死海以上!セネガルのバラ色の湖「ラックローズ」は浮かんで遊べ

| セネガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

塩分濃度は死海以上!セネガルのバラ色の湖「ラックローズ」は浮かんで遊べ

塩分濃度は死海以上!セネガルのバラ色の湖「ラックローズ」は浮かんで遊べ

更新日:2018/05/27 19:53

SAORI GRAPHのプロフィール写真 SAORI GRAPH 現役弾丸バックパッカー、旅ライター、旅ブロガー

アフリカ最西端の国、セネガル。日本ではあまり馴染みのない国ですが、「一度は行ってみたい景色」と言われている場所があるのをご存知でしょうか?

その場所はバラ色の湖という通称の「ラックローズ」。条件が合えば、名前の通りバラ色に染まった湖を見る事ができます!しかも、ただ色が奇抜なだけではありません。ラックローズは塩湖で、乾期の塩分濃度は死海以上。プカプカ浮かんで遊べるんです!

「バラ色の湖」を見るための条件とは?

「バラ色の湖」を見るための条件とは?

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

首都ダカール郊外にあるバラ色の湖、ラックローズ(正式名称:レトバ湖)。ダカール市街地からは車で約2時間程の場所にあり、バスやタクシーに乗って日帰りで行く事ができます。

ただし、この湖はいつもバラ色をしている訳ではありません。湖がバラ色になりやすいのは11月〜6月の乾期の時期。塩分濃度の高い湖で繁殖するドナリエラ・サリナと呼ばれる緑藻が光合成色素のカロテノイドを大量に畜産し、それによって湖がオレンジがかったピンク色になるのです。

また「良く晴れている」ことと「風が強い」ことも、湖がバラ色に見えるための条件。時間帯はお昼前(11時頃)に着くように行くとよりバラ色に見える確率が上がります。

見た目のインパクト大!バラ色の湖「ラックローズ」

見た目のインパクト大!バラ色の湖「ラックローズ」

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

こちらが「乾期」の「良く晴れた」「風が強い日」の「11時頃」という全ての条件を満たしたラックローズです。少し赤紫のような色をした湖がお分かりになりますでしょうか?

こんな色の湖、見た事がないですよね!湖の色は天候や時間でどんどん変化するので、バラ色の湖を見る事ができたらとてもラッキーだと思って下さい。湖の周りでは牛がのんびりしていて、とても長閑な雰囲気が漂っています。

見た目のインパクト大!バラ色の湖「ラックローズ」

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

手前は塩分を含んでいない水溜まり、奥が塩分を含んだラックローズなのですが、比較すると一目瞭然!こんなにも色が違うんです!

見た目のインパクト大!バラ色の湖「ラックローズ」

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ラックローズの豆知識になりますが実はこの場所、「世界一過酷なモータースポーツ競技」といわれているダカールラリー(旧称:パリ-ダカールラリー)のゴール地点だったのです(中止になった2008年の第30回大会まで)。

2009年以降ダカールラリーは南米にその地を移しましたが、この場所でダカールラリーが行われていた事が記念碑に刻まれています。

ボートに乗ってラックローズ湖上へ!

ボートに乗ってラックローズ湖上へ!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ラックローズは色を堪能して終わり・・・では勿体ない!塩分濃度が死海並みなので、死海と同じように湖にプカプカ浮かぶことができます。

ラックローズで浮かぶには、ほとりから入って浅瀬で十分?いえいえ、せっかく来たのだから湖の沖合で大の字になって浮かびましょう!

湖の中へ行く手段は手漕ぎのボート。湖のほとりにはセネガル国旗を立てたカラフルなボートがあり、ボートの漕ぎ手が勧誘をしています。ボートの価格は1人あたりいくらではなく1艘あたりいくら、ですのでグループで訪れると割安。日本のように金額が決まっているものではないので、価格交渉をしましょう。

ボートに乗ってラックローズ湖上へ!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ボートに乗りいざラックローズの湖上へ!

水が鮮やかなピンク色に見える日は大抵風が強いので、ボートに乗っていると風に吹かれて水しぶきが飛んできます。飛んできた水を舐めると「しょっぱい」を通り越して「苦い」。苦くなるほどの塩を含んでいるので、目に水が入らないよう注意しましょう!

仰向けでもうつ伏せでもプカプカ!それがラックローズ

仰向けでもうつ伏せでもプカプカ!それがラックローズ

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ボートで沖合に出たら準備完了。ボートに乗る前にあらかじめ水着を着ておき、ボートの上で服を脱いで湖へ静かに入ります。この時のポイントは「静かに」入ること!塩分濃度が非常に高いため、顔に水がかかるとヒリヒリ痛くなります。間違っても水に潜るような事はしないでくださいね!

水に入り体の力を抜くと・・・面白いほどに体が浮かびます。水の中から体を支えられているかのような不思議な感覚は、塩分濃度の高いラックローズだからこそ味わえるもの!

仰向けでもうつ伏せでもプカプカ!それがラックローズ

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ラックローズに浮かぶ時は仰向けでも、うつ伏せでも、はたまた横向きに寝転がっても、どんな格好でもプカプカと浮かびます。死海で浮かびながら新聞や本を読んでいる写真が撮られていますが、ここラックローズでも同じ事が出来ます。水面がバラ色の点で、ラックローズの方がインパクトは強いでしょう。

ところで水がバラ色の為、下が見えず怖いかもしれませんがご安心下さい!水深は1mほどで、大人であれば余裕で湖底に足がつきます。また湖底のミネラルたっぷりの泥をすくって体に塗ると、天然の泥パックにもなりますよ。

仰向けでもうつ伏せでもプカプカ!それがラックローズ

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

湖から上がり体が乾くと、肌にびっしりと塩の結晶が!このままだと体が塩でヒリヒリしてしまうので、水で塩を洗い流しましょう。

陸に着くと、ボート漕ぎのお兄さんが湧き水をバケツに汲んで体にかけてくれます。真水なので冷たいですが、塩を洗い流した後は体もスッキリ!濡れたタオルなども、セネガルの乾燥した風に吹かれて乾きます。

カラフルなセネガルお土産も忘れずに!

カラフルなセネガルお土産も忘れずに!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ラックローズのほとりには露店が並び、セネガルのお土産が売られています。ダカールの街中で購入するよりも安い場合もあるので、是非立ち寄ってみて!

カラフルなセネガルお土産も忘れずに!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

ラックローズで多く売られているのがこちらのサンドアート。絵柄は1点1点異なり、セネガルの木「バオバブ」が描かれたものや、民族や動物が描かれたものなど様々。比較的落ち着いた色味のものから、鮮やかな赤や青を使ったカラフルなものまで種類が豊富にあるので、あなたのお家に合うものがきっと見つかるはず!

インテリアのアクセントとして活躍するサンドアートは、セネガルのオススメのお土産です。

カラフルなセネガルお土産も忘れずに!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

他にもラックローズで採れた塩や、セネガルバスケット、アクセサリーなどもお土産として売っています。お店の人の最初の言い値は少々高めに言ってくるので、まとめ買いをして値切るなど交渉するといい買い物ができますよ!

ラックローズの基本情報

アクセス:
タクシーにてダカール市内〜「ポストチャーロイ」バス停へ
73番バスで「ポストチャーロイ」(始発)〜「ラックローズ」(終点)
※ポストチャーロイ〜ラックローズのバス
所要時間:1時間半〜2時間
料金:片道400F(約80円)

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -