東海屈指100万本の花菖蒲園!「はままつフラワーパーク」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東海屈指100万本の花菖蒲園!「はままつフラワーパーク」

東海屈指100万本の花菖蒲園!「はままつフラワーパーク」

更新日:2018/05/18 17:10

麻生 のりこのプロフィール写真 麻生 のりこ 元観光バスガイド、ご当地マンホーラー

「はままつフラワーパーク」では、例年6月上旬から中旬にかけて花菖蒲が見頃を迎えます。ハナショウブ園で鑑賞できるのは720品種・100万本! 東海地方屈指の規模で園内にはオリジナル品種も。同時期にはアジサイ並木も色づきます。
桜とチューリップから始まった「浜名湖花フェスタ」の、最後を彩る花々に囲まれてみませんか?
[AD] 新幹線で行く静岡の旅!お得な旅行プランを探す

720品種・100万本の花菖蒲の海へようこそ

720品種・100万本の花菖蒲の海へようこそ

写真:麻生 のりこ

地図を見る

静岡県西部に位置し、近年ではマリンレジャーが注目されている浜名湖。その湖に面した舘山寺地区は舘山寺温泉をはじめ、遊園地に動物園、そして45年以上の歴史を誇る植物公園の「はままつフラワーパーク」がある一大レジャースポットです。

一年中、花が絶えることなく咲き続け来園者を楽しませている同園では、毎年6月上旬から中旬にかけて花菖蒲が見頃を迎えます。5,000平方メートルのハナショウブ園で栽培している花菖蒲は、720品種・約100万本! 東海地方屈指の規模です。
正面ゲートから入ってすぐのエントランスでは、その季節に合い趣向を凝らした展示も。

720品種・100万本の花菖蒲の海へようこそ

写真:麻生 のりこ

地図を見る

ハナショウブ園は園内の一番奥、北西の端にあり、日本庭園から続いて広がっています。池を眺めながら歩けば、いつの間にか花菖蒲の海へ。紫色に白、黄色、薄紫に紅紫…。色とりどりの和の世界です。

オリジナル品種「浜名湖の光」はお見逃しなく!

オリジナル品種「浜名湖の光」はお見逃しなく!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

花菖蒲は野生のノハナショウブを元に品種改良された園芸植物。園内では花菖蒲の主要3系統である江戸系と伊勢系、肥後系の品種を主に見ることができます。なかには「ピンクフロスト」などアメリカ種のものも。
品種ごとに名前を書いた札が立っているので、気になる方はチェックしておけば、自分が好きな品種を覚えることができるでしょう。

オリジナル品種「浜名湖の光」はお見逃しなく!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

白色地の花びらに紫がアクセントとなり見る人に華やかな印象を与えているのは、江戸系の「万里の響(ひびき)」です。
外側3枚の花びらが大きな江戸系は、上から見下ろして鑑賞するのにピッタリ。花に見惚れて栽培地に入らないように気をつけてくださいね。

オリジナル品種「浜名湖の光」はお見逃しなく!

提供元:はままつフラワーパーク

http://e-flowerpark.com/

爽やかなレモンイエローがまぶしい「浜名湖の光」は、同園のオリジナル品種。ヨーロッパ原産のキショウブと花菖蒲との交配により誕生しました。曇天や雨天の空の下でもひと際目立つ存在です。

情緒豊かな花菖蒲×琴の生演奏も

情緒豊かな花菖蒲×琴の生演奏も

写真:麻生 のりこ

地図を見る

遠く近く群れて咲く花菖蒲。園内では品種ごとに列になって植えられているので、まとまりが感じられるでしょう。700以上とも言われる栽培品種の中には、濃い紫色が目を惹く「男心」や、ほぼ真っ白な肥後系の「千鳥」なども。

園内に架かっている八つ橋を渡れば、より風情豊か。花色の濃淡や絞りなど、一輪一輪の表情の違いも楽しんでくださいね。八つ橋には段差があるので、渡る際にはご注意を。

情緒豊かな花菖蒲×琴の生演奏も

提供元:はままつフラワーパーク

http://e-flowerpark.com/

花菖蒲の見頃時期はちょうど「浜名湖花フェスタ2018」の開催期間中。2018年は6月9日(土)にハナショウブ園内で琴の生演奏が行われます。
演奏時間は午前10:30からと午後1:30から、それぞれ30分間ずつ。しっとりと優美な花の中に響く琴の調べ。日本情緒を、ぜひご堪能ください。※琴の生演奏は雨天中止

また、この日は「花のウォーキング」や、夜間には「浜松梨子煙火連合会による手筒花火」も開催されます。詳しくは文末の【関連MEMO】から公式サイトにて確認を。

情緒豊かな花菖蒲×琴の生演奏も

写真:麻生 のりこ

地図を見る

物事の見分けがつきにくい時などに「いずれがアヤメかカキツバタ」と言うことがありますが、見分け方は意外と簡単。花の中心部分を見て網目模様だったら、それはアヤメ。白い筋が入っていたらカキツバタ(杜若)。花菖蒲には黄色い筋が通っています。
はままつフラワーパークのマスコットキャラクター「ふらまる」の帽子に付いている花にも、しっかりと黄色い筋が通ってるので、機会があれば確かめてみて!

ハナショウブ園から丘陵地を隔てた北側は浜松市動物園「はまzoo」なんですよ。

フラワートレインに乗って600メートルのアジサイ並木を眺めよう

フラワートレインに乗って600メートルのアジサイ並木を眺めよう

提供元:はままつフラワーパーク

http://e-flowerpark.com/

花菖蒲と前後して色づき始める紫陽花たち。はままつフラワーパークでは、春の訪れを告げる桜の木の下に約600メートル続くアジサイ並木も。
並木道をのんびりと散策するも良し、園内を周るフラワートレインに乗って車窓から眺めるのも良し。初夏の彩りを、ぜひお楽しみください。
なお、ハナショウブ園の北側通路にも紫陽花が植えられています。

100万本を誇る花菖蒲と600メートル続くアジサイ並木。開花時期が合えば両方を見ることができる初夏のはままつフラワーパークへどうぞ。

「はままつフラワーパーク」の基本情報

住所:静岡県浜松市西区舘山寺町195番地
電話番号:053-487-0511 
アクセス:
東名高速道路「浜松西」ICから車で15分(浜松市動物園となり)
JR浜松駅北口のバスターミナル1番乗り場から「かんざんじ温泉行き」乗車、「フラワーパーク」バス停下車すぐ
※入園料金は季節変動制のため、【関連MEMO】から確認をお願いします。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/10−2018/05/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -