那覇空港発!セスナ機で空中散歩しながら離島へLet’s Go!

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

那覇空港発!セスナ機で空中散歩しながら離島へLet’s Go!

那覇空港発!セスナ機で空中散歩しながら離島へLet’s Go!

更新日:2014/03/25 17:53

礼 不二子のプロフィール写真 礼 不二子 気まま旅ブロガー

那覇空港から粟国島と沖永良部島へ、沖永良部島から徳之島へセスナ機が運航されているのはご存知ですか?船の利用の数倍の速さで到着してしまう、第一航空のセスナ機を利用して、空中散歩で離島へ一飛び!壮大な景色独占です。

第一航空カウンターは那覇空港1階。

第一航空カウンターは那覇空港1階。

写真:礼 不二子

地図を見る

那覇〜粟国路線、那覇〜沖永良部、那覇〜徳之島路線の3路線を運行しているのは第一航空株式会社です。搭乗受付カウンターは、他の路線とは異なり、国内線旅客ターミナルビル1階になります。琉球銀行を目印にすると解り易いです。予約の際に名前・年齢・連絡先・体重・手荷物の重さを聞かれます。当日搭乗受付カウンターで、実際に自分の体重測定と預ける荷物の重量測定をして、預ける荷物を金属探知機による保安検査を受けます。出発時刻の30分前にカウンター前に集合です。

搭乗場所までは車で移動。

搭乗場所までは車で移動。

写真:礼 不二子

地図を見る

搭乗する場所は格納庫の前になるので、そこまで写真の車で移動です。この車に乗り込む前に、ドライバーによる機内に持ち込む手荷物の検査と、搭乗者の所持品検査が金属探知機で行われます。車の中で搭乗に関する注意事項のDVDを見ながら搭乗場所まで移動します。まず通る事のない、滑走路を横切り格納庫前へ向かいますが、駐機している飛行機の側も通るので、移動中はかなり迫力のある場面を体験できます。搭乗の際は機長が一人ずつご案内してくださり座席に着く事を確認し、全体に再度注意事項の説明をして出発です。

貴重な体験!操縦してる姿が見られる

貴重な体験!操縦してる姿が見られる

写真:礼 不二子

地図を見る

2名ずつのシートが5列、機長を入れて10名乗りの機内の様子です。車よりこじんまりとした感じ。エンジン音は確かによく響きますが、操縦してる姿を見る事が出来る貴重な体験です。離着陸時は電子機器類の使用は禁止。写真撮影は安定飛行に入ってからとなりますので、ご注意ください。シートの前ポケットには、安全のしおり・エチケット袋・飛行コースの地図・女性にうれしい「ひざ掛け」が用意されています。

琉球諸島の海の上を空中散歩

琉球諸島の海の上を空中散歩

写真:礼 不二子

今回は、那覇〜沖永良部のコースを利用。那覇空港を出発し、沖縄本島の東側から与論島の横を通過し沖永良部へ向かいます。那覇市内ややんばるの景色がまるでおもちゃの世界の様に見えます。琉球諸島の海の景色も独占状態。写真は与論島です。御覧の様に与論島が一望!空中を散歩しているそんな気分になれます。

機長が全て対応してくださる、これも貴重な体験です

機長が全て対応してくださる、これも貴重な体験です

写真:礼 不二子

地図を見る

約1時間のフライトで沖永良部空港に到着です。那覇空港出発時は他のスタッフがいらっしゃいましたが、ここでは機長一人で作業です。乗客を一人ずつ機内から降ろし、預け入れ荷物を手渡し、空港到着口へと歩いて誘導してくださいます。飛行機を降りた時点で荷物を受け取るのも、他ではない体験ですね。

まとめとして

旅客機と違いセスナ機の利用で、上空からの素敵な光景だけではなく、那覇空港の意外な所で迫力のある場面が見られる、操縦している機長の姿を見る事ができる。のんびり船旅もいいですが、意外な体験が出来るセスナ機利用の旅はお勧めです。
機内にはトイレ設備がありませんので、集合前には必ずお済ませください。便数と定員数が少ないので、早めの問い合わせをお勧めします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ