伊豆「修善寺 虹の郷」春から夏はバラ・花しょうぶ・アジサイが必見!

伊豆「修善寺 虹の郷」春から夏はバラ・花しょうぶ・アジサイが必見!

更新日:2020/05/21 14:03

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 伊豆地元案内人、絶景ドライブ探求家
静岡県の「修善寺 虹の郷」は、修善寺温泉近くに位置するテーマパーク。四季折々の花が楽しめる"花の国"としても知られます。春から夏にかけて咲く、カンヒザクラ・シャクナゲ・藤・バラ・花しょうぶ・アジサイの県内有数の名所であり、秋の紅葉の美しさも有名!
今回は、5月中旬〜7月中旬に見頃を迎える「ロイヤル・ローズ・ガーデン」・「花しょうぶ園」・「日本庭園のアジサイ」を中心に、「虹の郷」の魅力をご紹介!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

花の名所「修善寺 虹の郷」とは!

花の名所「修善寺 虹の郷」とは!

写真:波奈 美月

地図を見る

伊豆市の「修善寺 虹の郷」は、イギリス村・カナダ村・匠の村・フェアリーガーデン・日本庭園など、盛り沢山に見どころがあり、大人から子供まで楽しめるテーマパーク。

敷地面積は、50万平方メートルと広大!自然の地形を生かしているためアップダウンがあり、歩きやすい靴で訪れることをお薦めします。
有料になりますが、園内を結ぶロムニー鉄道やロムニーバスを利用すれば、アトラクションとして楽しみながら、楽に移動できますよ。

花の名所「修善寺 虹の郷」とは!

写真:波奈 美月

地図を見る

今回は、バラ・花しょうぶ・アジサイの名所としての「虹の郷」を中心にご紹介!
もう少し前(3月上旬〜5月上旬)に見頃を迎える、「約500本のカンヒザクラ」・「しゃくなげの森」・「約250メートルの藤のトンネル」については、別記事で紹介しています。記事下の「関連MEMO」のリンクよりぜひご覧くださいね。

5月中旬〜6月中旬は「ロイヤル・ローズ・ガーデン」!

5月中旬〜6月中旬は「ロイヤル・ローズ・ガーデン」!

写真:波奈 美月

地図を見る

「ロイヤル・ローズ・ガーデン」は、虹の郷入口近くのイギリス村から徒歩約10分。ロムニー鉄道の線路沿いに延びる四季街道を進めば到着します。もちろん、ロムニー鉄道のミニSLやロムニーバスを利用してもOKですよ。

「ロイヤル・ローズ・ガーデン」は、噴水とその周囲の花々が美しい西洋式庭園「フェアリーガーデン」に併設しています。
バラの見頃は、5月中旬〜6月中旬と10月上旬〜11月上旬の年2回。広さ6,000平方メートルの園内には、四季咲き大輪系・ミニバラ系・つるバラ系・修景バラ系など、約100種・2,300株ものバラが植栽されています。

5月中旬〜6月中旬は「ロイヤル・ローズ・ガーデン」!

写真:波奈 美月

地図を見る

白い優雅なオブジェや赤いレンガが美しいバラ園で、見頃の時期は、園内のいたるところで色とりどりのバラが咲き誇り、甘い香りを漂わせます。
丘陵地にあるため、下から見上げたり上から見下ろしたり、さまざまな角度から園内を眺めることができるのが嬉しいところ。

例年5月中旬頃は、まだ遅咲きのシャクナゲが咲いています。園内の階段を上れば、そこは「しゃくなげの森」に続く「展望遊歩道」。高い所から眺めるローズガーデンや、山々をのぞむ開けた展望を楽しみながら、「しゃくなげの森」へ進むのもお薦めです。

5月中旬〜6月中旬は「ロイヤル・ローズ・ガーデン」!

写真:波奈 美月

地図を見る

虹の郷では、ロイヤル・ローズ・ガーデンに限らず、園内各所でバラの花を見ることができます。

四季街道沿いにある「足つぼポケットパーク」のバラのアーチは、その出入口にあるオブジェやミニ花壇も可愛らしく、人気の撮影スポット。
ロイヤル・ローズ・ガーデン近くの「プリンセスローズハウス」では、ウィリアム・アンド・キャサリンやプリンセスアイコなど、英国王室や日本の皇室にちなんだバラを見ることができます。

カナダ村のネルソンホール(カレイドスコープミュージアム)の裏にも、バラ花壇があります。大輪のバラが植えられており、ロイヤル・ローズ・ガーデンより少し早めに開花しますよ。

5月下旬〜6月中旬は「花しょうぶ園」へGO!

5月下旬〜6月中旬は「花しょうぶ園」へGO!

写真:波奈 美月

地図を見る

「花しょうぶ園」までは、イギリス村から徒歩7、8分(伊豆の村経由)ほど。虹の郷の中央に位置する「日本庭園」にあります。菖蒲ヶ池を中心に"北の瀬"と"南の瀬"に分かれ、「しゃくなげの森」を挟んで細長く広がっているのが特徴です。

毎年5月下旬〜6月中旬頃に見頃を迎え、江戸系・伊勢系・肥後系を中心に、約200種・5,000株(2018年5月現在)が日本庭園を彩ります。菖蒲ヶ池に架かる錦橋や、"南の瀬"にある水車小屋が、いっそう日本的な情緒を引き立ててくれますよ。

5月下旬〜6月中旬は「花しょうぶ園」へGO!

写真:波奈 美月

地図を見る

特に「北の瀬」は大きく、まるで"花しょうぶの川"のよう!瀬に沿って散策したり、瀬の中に設置された展望場所から、紫・ピンク・白と、咲き乱れる光景を眺めることができます。途中で木の通路を渡って対岸に行くこともでき、両岸を行き来しながら、撮影スポットを探すのも楽しいですよ。

ちょっと歩きますが、「北の瀬」の一番奥にある"あずま屋"(無料休憩所)まで、ぜひ行ってみましょう。休憩しながら、高い所から"花しょうぶの川"を眺めることができます。

5月下旬〜6月中旬は「花しょうぶ園」へGO!

写真:波奈 美月

地図を見る

6月中旬頃になると、"北の瀬"の歩道沿いに植えられたアジサイが色づき始め、花しょうぶとの美しいコラボを楽しめます。
この時期はまだバラが咲いていることが多いので、お時間があれば、「ロイヤル・ローズ・ガーデン」まで足を延ばすのもお薦めです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

6月中旬〜7月中旬は「丘一面のアジサイ」を堪能!

6月中旬〜7月中旬は「丘一面のアジサイ」を堪能!

写真:波奈 美月

地図を見る

6月中旬〜7月中旬になると、日本庭園のアジサイが見頃を迎えます。アジサイの種類は、手まり咲きの西洋アジサイをはじめ、ガクアジサイ・ベニガクアジサイ・カシワバアジサイなど。

ポイントは、「花しょうぶ園」の"北の瀬"に沿った歩道沿い(しゃくなげの森側)と、日本庭園奥の丘陵地です。

6月中旬〜7月中旬は「丘一面のアジサイ」を堪能!

写真:波奈 美月

地図を見る

花しょうぶが見頃のうちに、歩道沿いのアジサイが色づき始めるのが嬉しいところ!
丘陵地のアジサイは、斜面を覆うように植えられており、見頃の時期は、丘一面が水色・ピンク、紫と、色とりどりの花で彩られます。丘陵地にも遊歩道があり、アジサイの間を歩いて、間近で美しい花を眺めることができますよ。

周辺には、併せて訪れたい見どころが沢山!

周辺には、併せて訪れたい見どころが沢山!

写真:波奈 美月

地図を見る

園内の開花情報は、公式サイト、もしくは公式サイトからアクセスできる公式Facebook・公式Twitterに随時掲載されます。お出掛け前に、記事下の「関連MEMO」のリンクより、ぜひご覧ください。

虹の郷の近くには、伊豆の小京都「修善寺温泉街」や名刹「修禅寺」、日本一といわれる富士山ビュースポット「だるま山高原レストハウス」などがあります。お時間があれば、併せて訪れてはいかがでしょうか?いずれも別記事で紹介していますので、ご旅行の参考に、こちらも「関連MEMO」よりぜひご覧くださいね。

修善寺 虹の郷の基本情報

住所:静岡県伊豆市修善寺4279-3
電話番号:0558-72-7111
営業時間:4月〜9月 9:00〜17:00、3月・10月〜12月上旬 9:00〜16:00、12月上旬〜2月10:00〜16:00
休園日:火・その他
入園料:大人(中学生以上)1,220円・小人(満4歳〜小学生)610円
ロムニーバス料金:(区間による)大人200〜400円・小人100〜200円
ロムニー鉄道料金:大人400円・小人200円
駐車場:普通車300円・修善寺梅林そばの臨時駐車場は無料(虹の郷まで約300m)
アクセス:
・JR三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線で約30分、修善寺駅下車。駅南口より東海バス(虹の郷行き3番線)乗車約20分、虹の郷下車
・東名沼津ICより国道136号線経由で25キロ(約60分)
・新東名長泉沼津ICより国道136号線経由で30キロ(約60分)
・沼津IC、長泉沼津ICから伊豆縦貫道、伊豆中央道、修善寺道路を通り、修善寺ICから出ると約30分。

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/12−2018/05/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -