夏にピッタリ!ビールを堪能するベルギーの旅

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夏にピッタリ!ビールを堪能するベルギーの旅

夏にピッタリ!ビールを堪能するベルギーの旅

更新日:2018/05/15 20:40

ナカヤ アキのプロフィール写真 ナカヤ アキ

味、香り、種類も豊富で世界中ビールファンを魅了するベルギービール。クラフトビールのパブなどが増え、日本でもファンが増えています。しかし、やっぱり本場で飲むビールは、日本とは違った味わいを感じさせてくれます。本場ベルギーで堪能する、激レアなブリューワリーや、ベルギービールを堪能する方法などをご紹介します!

ベルギービールとはこんなビール

ベルギービールとはこんなビール

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

国面積が日本の九州ほどしかない小さな国ベルギー。ここには175もの醸造所があり、銘柄は1000種類を超えると言われています。また昼過ぎになるとパブが混み始めるほど、ビール好きな国民が多いことでも有名。

なぜ、こんなにベルギービールは銘柄が多いのか?それは緯度の関係でブドウの栽培ができないから。それにベルギーの地がホップの栽培に適してことから、ワインよりビール作りが盛んになったと言われています。もともとグルメ大国だったこともあり、さまざまな料理に合うようにと製法にも工夫が施されていきました。

ベルギービールは、15〜25℃の高温で発酵させる上面発酵と、20℃ほどの温度で空気中の微生物等を利用し自然発酵させる自然発酵が特徴的。それが人気の秘訣となっています。また、独特の風味が苦手という方には、チェリーやラズベリー、グレープフルーツなどの果実を使った飲みやすい物もあります。日本ではお目にかかれない珍しい物もたくさんあるので飲み比べるのもおすすめです。

ベルギービールの始まりは修道院。希少なセントシクストゥス修道院のビール

ベルギービールの始まりは修道院。希少なセントシクストゥス修道院のビール

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

ベルギーでは中世に修道院の修道士によって作られたのが始まりとされ、ベルギーのトラピスト会修道院には「天国に酒はない、生きているうちに飲め」という修道院らしからぬ格言があったそうです。水が媒体となる疫病が多かった中世ヨーロッパでは、沸騰させて発酵を促すビールは安全だと考えられ「命の水」と珍重されたそうです。現在、トラピストビールと名乗れるのは、世界中で7か所の修道院だけ。その中の6カ所がベルギーに集中しています。

ベルギーのポペリンゲの街でトラピストビールを造っている最も小規模な修道院がセントシクストゥス。 ここでは3種のウェストフレテレン(Westvleteren) というトラピストビールが製造されています。生産量が少なく、卸販売も行っておらず、その上、販売も不定期。この修道院か隣のカフェでしか購入できないので入手が困難なビールとして有名です。

国際的なコンテストで上位にランキングされたこともあり、このトラピストビールを入手するために修道院の一角にあるドライブスルーには車の列ができ、1車1ケースまでと購入数が決められています。車のナンバーを控えられるので何度も並べないという徹底ぶり!でも、カフェでならいつでもこの幻のビールをいつでも飲むことができます。それぞれのビールに合うスナックやチーズも用意されており、世界中のファンを魅了してします。




【基本情報】
住所:Donkerstraat 12,B-8640 Westvleteren
電話: +32 57 40 03 76
販売時間:10:00〜12:00&14:00〜17:00
定休日:金&日曜、その他不定期休のため要確認

ビールフェスティバルでビールにグルメに舌鼓!

ビールフェスティバルでビールにグルメに舌鼓!

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

ブリュッセルでは毎年9月に、グランプラスでベルギービール・ウィークエンドというイベントが開催され、40以上の醸造所が集結し、ビールとともにグルメや音楽も楽しめます。一番大きなビールフェスティバルが開催されるのはブリュッセルですが、4月にルーヴェン、5月にアントワープで開催されるフェスティバルは、春のベルギーを楽しむのにぴったり。そして、12月にエッセンで開催されるクリスマス・ビール・フェスティバルは、極寒の地で冷たいビールを楽しむレアなお祭です。サンタのコスチュームでベルギービールを楽しむ人もいたり一味違う体験ができます。

ツアーに参加して効率よくビールを楽しむ

ツアーに参加して効率よくビールを楽しむ

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

ベルギービールを深く学ぶ現地発のツアー<Belgium Beer Me! Beer Tour of Belgium>も人気です。「せっかくベルギーに来たのだから、こだわりのビアカフェで飲みたいが、どこに行けばいいのかわからない」という人や、「ブリューワリーで製造工程を見学したい」という人におすすめです。英語に自身があれば、様々なコースから自分にあったものを選び参加するだけ。地元のガイドが自信を持って案内するビアカフェ&醸造所巡りのツアーなら、効率よくベルギービールを学び、楽しみ、さらに、グルメや観光まで堪能できてしまう、お得な内容です。

もっとビールについて学びたくなったら、ブルージュのビール博物館

もっとビールについて学びたくなったら、ブルージュのビール博物館

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

ブルージュのマルクト広場に面した旧郵便局ビルの最上階にベルギービールに関する資料を集めた博物館があります。ベルギービールの歴史や醸造方法、材料となるホップについて、料理との合わせ方など、様々な角度から学ぶことができます。タブレットとヘッドフォンで見学する新しいタイプの博物館で、もちろん日本語音声も準備されているので安心です。マルクト広場が一望できる試飲コーナーでは、博物館のおすすめのベルギービールを楽しめます。子供連れの方も楽しめるキッズツアーもあり、大人も子供も楽しめる博物館です。



【基本情報】
Brugs Biermuseum(ブルージュビール博物館)
住所:Breidelstraat 3 , Brugge
営業時間:月〜日曜日:10:00〜18:30

旅の始まりも終わりもベルギービールで!

1000種以上の銘柄がある言われるベルギービールの世界を駆け足でご紹介しました。日本でも専門店が増え人気が高まっていますが、本場ベルギーで味わうビールは別格です。もちろん、お土産にレアなビールやデザイン性バツグンの銘柄コースターなどのグッズは如何?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/01−2014/09/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -