沖縄で行きたいおすすめ日帰り温泉「龍神の湯」と「猿人の湯」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄で行きたいおすすめ日帰り温泉「龍神の湯」と「猿人の湯」

沖縄で行きたいおすすめ日帰り温泉「龍神の湯」と「猿人の湯」

更新日:2018/05/17 13:27

比嘉 麻友のプロフィール写真 比嘉 麻友 子連れ旅行アドバイザー

沖縄に行ったら、ビーチで海水浴とプール三昧! 温泉に入らなくてもいいんじゃないの?そもそも温泉ってあるの?と思うかもしれませんが、沖縄にも温泉はあります。旅の疲れを癒したいときなどに、温泉に入ってのんびりしたいと思うことも多いもの。そこで、沖縄南部で人気の2つの日帰り温泉、瀬長島ホテルの「琉球温泉 龍神の湯」とユインチホテル南城の「猿人の湯」をご紹介します。どちらも日帰りだけでなく宿泊も可能です。

瀬長島の夕日が美しい! 西向きの露天風呂

瀬長島の夕日が美しい! 西向きの露天風呂

提供元:瀬長島ホテル

http://www.hotelwbf.com/senaga/地図を見る

那覇空港から車で15分とアクセスもよく、新しい観光・ショッピングスポット「ウミカジテラス」でも注目の集まる瀬長島。ここには夕日が眺望できるオーシャンビューの天然温泉露天風呂「琉球温泉 龍神の湯」があります。瀬長島の地下1000メートルから毎分500リットルの温泉が湧出。泉質はナトリウム−塩化物強塩泉で、成分は体を芯から温め、「子宝の湯」とも言われています。

立ったまま入れる「立ち露天」は大人気。沖縄でも最大規模の露天風呂からは西海岸の絶景が広がり、晴れた日には慶良間諸島を望めることも。海を見ながらいつまでもお湯に浸かっていたくなります。サウナで行われる「ロウリュウ」と言われるイベントは、スタッフが大きなうちわであおぎ、香りと熱風を送って発汗を促すもの。1日5回行われ、こちらも人気です。

「琉球温泉 龍神の湯」は「琉球温泉 瀬長島ホテル」の中にあり、お部屋で天然温泉を楽しめる客室露天風呂付和洋室もおすすめ。

ウミカジテラスの散策も一緒に

ウミカジテラスの散策も一緒に

提供元:ウミカジテラス

https://www.umikajiterrace.com地図を見る

「琉球温泉 龍神の湯」から徒歩3分のところには、2015年夏にオープンした注目の新名所「ウミカジテラス」があり、ショッピングや沖縄ならではグルメ&スイーツを絶景とともに楽しめます。白い建物が並び、とても素敵な雰囲気なので、散策するだけでも楽しいです。イベントも頻繁に行われているので要チェック!

ウミカジテラスの散策も一緒に

写真:比嘉 麻友

地図を見る

<琉球温泉 龍神の湯の基本情報>
住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5
電話番号:098-851-7167
営業時間:6:00〜24:00(最終受付23:00)
※オムツ利用の赤ちゃんの利用はシャワーのみ。
※料金にバスタオル・フェイスタオルが含まれます。

太古の化石海水が含まれる天然温泉「猿人の湯」

太古の化石海水が含まれる天然温泉「猿人の湯」

提供元:ユインチホテル南城

http://www.yuinchi.jp/地図を見る

お湯がいいと評判のユインチホテル南城の「天然温泉さしきの 猿人の湯」。こちらも沖縄南部にあり、約500万年と約5400万年前の異なる時代の地層からブレンドされた太古の化石海水が含まれるしょっぱい天然温泉。ホテル内の施設ですが、日帰り入浴も可能です。メタケイ酸やカルシウム、ヨウ素、鉄などが含まれた黄金色の天然温泉で、疲労回復や美肌効果もあると言われています。

露天風呂はありませんが、眺望抜群の展望風呂からは、昼は青い空と海、夜は南城市の夜景と星空が楽しめます。高台にある温泉施設なので、海を見下ろす形で最高の眺めです。

テーマカラーの赤は、首里城がモチーフ

テーマカラーの赤は、首里城がモチーフ

写真:比嘉 麻友

地図を見る

館内は首里城正殿をモチーフとした紅赤のデザインで、沖縄らしい雰囲気。バリアフリーの天然温泉貸切湯もあり、家族連れやハンディキャップのある人、介助を必要とする人も、人目を気にせず温泉を楽しむことができます。また、猿人の湯には温泉ソムリエもいて、温泉の正しい入浴方法や効果的な活用方法などを教えてもらうことができます。

テーマカラーの赤は、首里城がモチーフ

写真:比嘉 麻友

地図を見る

1階には海を眺められるお食事どころ「食堂 松竹梅」があり、カレーライスや豆腐チャンプルー、沖縄そばなどが食べられるほか、泡盛も楽しめます。また、2階の休憩所にはリクライニングシートや畳間があり、海を見ながらゆったりと気持ちよくくつろぐことができます。

<天然温泉さしきの 猿人の湯の基本情報>
住所:沖縄県南城市佐敷字新里1688
電話番号:098-947-0111
営業時間:平日7:00〜23:00(最終受付22:30)、土日6:30〜23:00(最終受付22:30)
※赤ちゃんの利用可能、9歳以上の子ども入浴は性別通りのお風呂を利用。
※料金にバスタオル一式、リラックスウェアなどが含まれます。

沖縄で温泉に入りたくなっても大丈夫!

沖縄で温泉に入るイメージはあまりないかもしれませんが、沖縄の美しい海を見ながら入る温泉はとても気持ちがよいものです。

ここでご紹介した温泉付きのホテル「瀬長島ホテル」や「ユインチホテル南城」に泊まって、温泉を好きなだけ楽しむのもおすすめ。また、他のホテルに宿泊する場合は、観光の合間に日帰り温泉に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/02−2018/05/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -