京都・保津峡「嵯峨野トロッコ列車&保津川下り」の楽しみ方

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都・保津峡「嵯峨野トロッコ列車&保津川下り」の楽しみ方

京都・保津峡「嵯峨野トロッコ列車&保津川下り」の楽しみ方

更新日:2018/05/26 18:06

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー
京都観光は神社仏閣の参拝が中心ですが、ちょっと退屈をしたりしますよね。そんな時のおすすめは、「嵯峨野トロッコ列車&保津川下り」。トロッコ列車に乗って亀岡まで、自然が溢れる保津峡の絶景を上から眺めたら、次は亀岡からは嵐山までの16キロの保津川を下ります。緩やかな流れや激流、岩と岩の間をすり抜けたりとスリルも満点です。人気の「トロッコ列車」と「保津川下り」で違った京都が楽しめますよ。
まだ間に合う紅葉!新幹線プランでお得に京都へ
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

トロッコ列車はここが出発点

トロッコ列車はここが出発点

写真:結月 ここあ

地図を見る

JR京都駅から嵯峨嵐山駅までは、嵯峨野線で約12分。「トロッコ嵯峨駅」はすぐ隣です。
でもその前にJR西日本が提供するインターネット予約サービスや、JR西日本のみどりの窓口でチケットを買っておくと安心です。トロッコ列車は1時間に1本しか運行がない上に、人気なので休日や観光シーズンはすぐに満席になります。

トロッコ列車はここが出発点

写真:結月 ここあ

地図を見る

「トロッコ列車」は、ディーゼル機関車に引かれるアールデコ調の5両編成の客車で、トロッコ嵯峨駅〜トロッコ嵐山駅〜トロッコ保津峡駅〜トロッコ亀岡駅までの片道7.3kmの距離を25分間かけて、保津峡を走り抜けます。勿論逆方向のトロッコ亀岡駅からトロッコ嵯峨駅へも乗れますよ。

トロッコ列車はここが出発点

写真:結月 ここあ

地図を見る

アールデコ調の5両編成の客車には1両だけ窓ガラスのないオープン車両「ザ・リッチ号」があります。保津峡の大パノラマが楽しめますが、予約ができません。当日のみトロッコ各駅窓口にて、買っておいたチケットとリッチ号のチケットを交換します。リッチ号が希望ならば早目に交換をして、嵐山などで時間をつぶすのがおすすめ。
保津川下りと連絡バスのチケットもこちらで購入できますよ。

トロッコ保津峡駅では、タヌキがお出迎え

トロッコ保津峡駅では、タヌキがお出迎え

写真:結月 ここあ

地図を見る

トロッコ列車は、荷物輸送用の小型貨車として、トラックや通常の列車が入れない場所を走る箱型車両のことで、平均速度は時速約25km、 早くこいだ自転車くらいの速さです。川は蛇行しているので、席は右側でも左側でも、渓谷が眺められます。

トロッコ保津峡駅では、タヌキがお出迎え

写真:結月 ここあ

地図を見る

トロッコ嵯峨駅から二つ目、保津川にかかるつり橋を渡ったところにある「トロッコ保津峡駅」では、可愛い信楽焼きのタヌキたちが乗客をお迎えします。このあたりはハイキングコースとしても知られています。

トロッコ保津峡駅では、タヌキがお出迎え

写真:結月 ここあ

地図を見る

景色が美しい場所では、速度を落としてくれるので、インスタ映えの写真も写せます。保津川下りの船が見えてくると、船から一斉に手が振られるので、こちらからも振り返しましょう。
春は桜・夏は新緑・秋は紅葉・冬は雪景色と、四季折々の美しい保津川の渓谷美が楽しめます。寒い冬には石炭ストーブが設置されたストーブ列車も登場し、冬の景色が楽しめます。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区右京区嵯峨天龍車道町26−2
電話番号:075-871-3997
アクセス:JR京都駅から嵯峨野線で、JR嵯峨嵐山駅まで約15分(トロッコ嵯峨駅隣接)

船頭さんの技が光る「保津川下り」

船頭さんの技が光る「保津川下り」

写真:結月 ここあ

地図を見る

「トロッコ亀岡駅」に着いたら、保津川下り乗船場行のバスに乗り換え15分で乗船場に着きます。受付で手続きをしたら、先ずはトイレを済ませておくこと。船に乗ったら降りるまで、トイレはありません。

館内放送でチケットに書かれた番号を呼ばれたら、いざ乗船!「保津川下り」は、亀岡から嵐山までの16kmを約1時間半から2時間ほどかけて下ります。その日の水量によってかかる時間は変わります。

船頭さんの技が光る「保津川下り」

写真:結月 ここあ

地図を見る

ミシュラングリーンガイド1つ星に輝く「保津川下り」の歴史は古く、1606年に角倉了以が開削した、丹波地方の木材や薪炭などを送る産業水路が始まりです。新保津大橋をくぐると最初に見えてくるのが、保津川の氏神であり守り神でもある「請田(うけた)神社」。毎年10月20日には「保津の火祭り」が行われています。

船頭さんの技が光る「保津川下り」

写真:結月 ここあ

地図を見る

緩やかな流れがあったり、時折訪れる激流と、川は姿を変えていきますが、掉さし・櫂ひき・舵取りの3名の船頭さんが上手に船を操りますので安心ですよ。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

深渕あり、激流ありでスリル満点!

深渕あり、激流ありでスリル満点!

写真:結月 ここあ

地図を見る

渓谷に咲く花や水辺に棲む鳥、それぞれ似ている動物などから、名前がつけられた巨岩・奇岩も見所のひとつ。

深渕あり、激流ありでスリル満点!

写真:結月 ここあ

地図を見る

思い切り水しぶきを受けても、水よけのビニールを張っているので大丈夫!写真からも迫力を感じませんか?

深渕あり、激流ありでスリル満点!

写真:結月 ここあ

地図を見る

400年余りの長い年月の間、同じ個所に竿を指す事により窪みが出来た竿の跡もあって、そこに竿が命中すれば拍手が巻き起こります!

船上コンビニ!?琴ヶ瀬茶屋でひと息

船上コンビニ!?琴ヶ瀬茶屋でひと息

写真:結月 ここあ

地図を見る

トロッコ列車が見えたら、列車からも手が振られるので、こちらからも元気よく手を振りましょう。船頭さんの楽しいトークに絡んだり、激流ではキャ〜!と叫んだり、船頭さんを盛り上げるのも楽しむコツですよ。

船上コンビニ!?琴ヶ瀬茶屋でひと息

写真:結月 ここあ

地図を見る

嵐山が近くなると保津川下りの船にぴったりと横付けする「琴ヶ瀬茶屋」は、 いか焼・おでん・みたらし団子・ジュース・ビールなどを販売していて、 船上コンビニと呼ばれています。

船上コンビニ!?琴ヶ瀬茶屋でひと息

写真:結月 ここあ

地図を見る

みたらし団子も、温かくて美味しいですよ。

<基本情報>
住所:京都府亀岡市保津町下中島2
電話番号:0771-22-5846
アクセス:JR嵯峨野線、亀岡駅から徒歩8分
又は嵯峨野トロッコ列車、トロッコ亀岡駅から京阪京都交通バスで15分

嵯峨野トロッコ列車&保津川下り

清流の水面に日本の四季を映す保津川。ディーゼル機関車に引かれる「トロッコ列車」に乗って絶景を眺めたり、日本一の川下り「保津川下り」でスリルも味わったりと、楽しみが満載です。

なお保津川下りは、雨の日は天幕をつけて、寒い冬はお座敷暖房船と、どの季節も楽しめます。美しい保津の渓谷を上から下からと眺めてみませんか。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -