埼玉・飯能「雑貨&カフェkinoca」で触れる「西川材」の魅力

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

埼玉・飯能「雑貨&カフェkinoca」で触れる「西川材」の魅力

埼玉・飯能「雑貨&カフェkinoca」で触れる「西川材」の魅力

更新日:2018/06/20 16:48

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

優れた建築材として有名な「西川材」をご存知でしょうか。
今回ご紹介するのは、埼玉県飯能市「雑貨&カフェkinoca」。飯能市の特産「西川材」のアンテナショップとして、2016年1月に誕生しました。
「雑貨&カフェkinoca」では、建築材としての西川材を見ることができるのはもちろんのこと、ナチュラル雑貨として生まれ変わった西川材も購入することができます。元気なお子様もウェルカムなカフェも併設!

家族で楽しめる旅行先はこちら

西川材のアンテナショップ「雑貨&カフェkinoca」

西川材のアンテナショップ「雑貨&カフェkinoca」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

自然豊かな埼玉県飯能市。西武池袋線 東吾野駅から徒歩5分、国道299号線沿いに位置する、南欧風な外観の建物が、今回ご紹介する「雑貨&カフェkinoca」です。
「雑貨&カフェkinoca」は、“木に触れてほしい”“木を知ってほしい”という思いから、飯能の特産「西川材」のアンテナショップとして誕生しました。

西川材とは、埼玉県南西部の入間川、高麗川、越辺川の流域で育った木のこと。生産された木材を、筏で江戸へ流送していたことから、「江戸の西の川から来る木材」という意味で「西川材」と呼ばれるようになりました。

西川材のアンテナショップ「雑貨&カフェkinoca」

写真:Benisei Rinka

木材の色艶が良く、年輪が緻密で節の少ない木材として知られている「西川材」は、日本全国の神社仏閣などにも建築材として使用されています。

「雑貨&カフェkinoca」では、西川材で作られたオリジナルキャラクター「まるたん」がお出迎え。頭部が「西」の形になっているの分かりました?

西川材のポテンシャルは無限大!全部欲しくなる雑貨たち

西川材のポテンシャルは無限大!全部欲しくなる雑貨たち

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「雑貨&カフェkinoca」に入ると、西川材が様々な形に姿を変えた、ナチュラルでデザイン性の高い雑貨の数々が並びます。

エプロン、バッグ、きぬぐい(手ぬぐい)など、木の布から作られた雑貨は、吸水性・速乾性に優れ、とても軽いので、普段使いに最適です。その軽さを特に実感できるのは、大きなトートバッグ。見た目は帆布トートなのに、手にした瞬間、あまりの軽さに驚かされます。“帆布トートは可愛いけど、重いんだよな〜”と思っていた人には絶対オススメ!また、軽いだけでなく、天然素材でできている木の布は、お子様のケミカルアレルギーが気になるママにもおすすめです。

西川材のポテンシャルは無限大!全部欲しくなる雑貨たち

写真:Benisei Rinka

地図を見る

こちらは、シェードに「木のプリーツ」を使ったライト。西川材を薄くスライスし、ジャバラ状に加工されたシェードは、シンプルながらもオシャレで、どんなお部屋にもマッチします。木のプリーツからこぼれる光は、ふわっとまろやかで、居心地のいい空間を演出してくれますよ。

西川材のポテンシャルは無限大!全部欲しくなる雑貨たち

写真:Benisei Rinka

地図を見る

雑貨&カフェkinocaに並ぶ雑貨の中で、特に人気の高い商品がコチラ。西川材から作られたコップです。とても軽くて、持った瞬間、優しく手になじむ感じ。これからご紹介するカフェでは、このコップで水が提供されますので、実際の使用感を試してから購入できます。

西川材の「年輪が緻密」という特長は、このコップを見ていただければわかると思います。木工製品は様々なお店で売られていますが、こんなに幅の狭い年輪には、なかなかお目にかかれません。西川材のコップは、年輪がまるで計算されたデザインのようで素敵!自分用だけでなく、幅広い年齢層の方への贈り物としても喜ばれます。

西川材に囲まれた癒し空間でカフェタイム

西川材に囲まれた癒し空間でカフェタイム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

雑貨スペースの隣には、カフェを併設。テーブルに使われている大きな一枚板も、もちろん西川材。寛ぎながら、西川材の良さに触れることのできるスペースとなっています。

西川材に囲まれた癒し空間でカフェタイム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

そして、カフェで一番の見どころは、「上を見上げてみて!」って言わなくても、絶対目のいくダイナミックな木組みの天井!伝統的な木組みの工法を見てもらうため、あえて天井を開放しているのだとか。太い梁がかっこいいですよね。また、カフェスペースはヒノキ材、雑貨スペースはスギ材を使っており、kinocaは、材質の違いを感じることができる造りになっているんです。

そして、店内に入ってゆっくり西川材に触れてほしい、外観とのギャップに驚いてほしいという理由で、西川材のアンテナショップでありながら、外観に木は使っていないんだそうですよ。

西川材に囲まれた癒し空間でカフェタイム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

kinocaのカフェでは、地元野菜やオーガニック調味料を使った、ランチメニューやスイーツが楽しめます。素材や調味料にこだわり、一つ一つ手作りされた料理は、小さいお子様でも安心していただけますよ。

メニューは「気まぐれパスタランチ」「気まぐれごはんランチ」「こだわり手打ち蕎麦」「kinocaカレー」「本日のケーキプレート」など。「気まぐれ」メニューの内容は、定期的に変わります。Facebookページで紹介されていますので、気になる方はぜひ訪問前にチェックしてみてくださいね。

お子様連れでも安心「雑貨&カフェkinoca」

お子様連れでも安心「雑貨&カフェkinoca」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「雑貨&カフェkinoca」の一角には、靴を脱いで遊べるキッズスペースがあります。西川材で作られた可愛い机や椅子、木育用のおもちゃが置かれており、ママのカフェタイムは遊んで待っていることができます。また、kinocaでは元気のいいお子様も大歓迎なんだそう。いつも「静かにしなさい!」連発のママも、kinocaなら心に余裕をもって過ごすことができますよ。

2018年夏頃には「雑貨&カフェkinoca」と同じ敷地内に、西川材を使ったキッチンや家具などのショールームもオープン予定!これからマイホームを建てる予定の方、シンプルで素敵な家具をお探しの方は必見です。

ぜひ、木の香る「雑貨&カフェkinoca」で、西川材の魅力に触れてみてくださいね。

雑貨&カフェkinocaの基本情報

住所:埼玉県飯能市虎秀36-4
電話番号:042-978-8814
営業時間:雑貨10時〜17時/カフェ11時〜16時/ランチ11時〜15時
定休日:金曜(臨時休業あり)
アクセス:中央道狭山日高ICより、車で約25分。西武秩父線の東吾野駅より、徒歩5分。国道299号線沿い

※2018年6月現在の情報です。最新情報は公式サイト、Facebookページをご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -