本格的なのに気軽にアマゾン滞在!エクアドル・ミサワジ

| エクアドル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本格的なのに気軽にアマゾン滞在!エクアドル・ミサワジ

本格的なのに気軽にアマゾン滞在!エクアドル・ミサワジ

更新日:2018/05/23 17:34

市川 芽久美のプロフィール写真 市川 芽久美 南米現地旅行会社 代表

"アマゾン・ジャングル”と聞くと、探検家もしくはよほどのアドベンチャー好きしか行かない場所...というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、エクアドルのアマゾン滞在のスタイルは多種多様。アンデス山麓の熱帯雨林が広がり始めるエリアから、手付かずの大自然が広がる奥アマゾンまであり、どこに滞在するかで異なる楽しみ方があるんです。今回は、アマゾンの入り口「ミサワジ」エリアをご紹介。

アマゾンが始まるナポ県「ミサワジ」

アマゾンが始まるナポ県「ミサワジ」

写真:市川 芽久美

地図を見る

エクアドルのアンデス山脈東部にあるナポ県。アマゾン川の源流であるナポ川が始まるこの辺りは、氷河を持つアンデス山脈の山から熱帯雨林が広がるエリアを一気に見ることが出来る、世界でも希少な場所です。

今回紹介する「ミサワジ(Misahualli)」は、ナポ県にあるアマゾンの始まるナポ川のほとりにある街。アマゾンの動物達や原住民(インディヘナ)の暮らしを垣間見たり、そして世界に誇るカカオの育つ場所を訪問……など様々なアクティビティが一箇所で体験できるのは、ミサワジならでは。

アマゾンが始まるナポ県「ミサワジ」

写真:市川 芽久美

地図を見る

まずは、ミサワジの中心街プエルト・ミサワジで、名物のマイト料理を。バナナの葉など大きな葉で包んで蒸し焼きにした料理で、川魚のティラピアや鶏肉など中身は様々。

アマゾンが始まるナポ県「ミサワジ」

写真:市川 芽久美

地図を見る

マイト料理の付け合わせは、ユカ芋とこれぞアマゾン名物!昆虫(チョンタクロ)の丸焼きもお忘れなく。こちらもアマゾンの重要なタンパク源です。

アマゾンの動物達

アマゾンの動物達

写真:市川 芽久美

地図を見る

街のシンンボルにもなるほど、多くの猿が生息しています。プエルト・ミサワジの「猿公園(Parque de los monos)」でも、カプチーノ猿をはじめとるする多くの野生の猿達がやってきますが、是非「猿の島(Isla de los monos)」と呼ばれるナポ川に浮かぶ島まで足をのばしてみてください。熱帯雨林の森からゴソゴソと音が聞こえて、ヒョコっと猿が現れてきますよ。

こちらへはプエルト・ミサワジから車で約15分の場所にある船着場から、モーターカヌーが出ています。

アマゾンの動物達

写真:市川 芽久美

地図を見る

そして「猿の島」と一緒に訪れたいのが、「アマズーニコ(amaZOOnico)」。アマゾン(Amazon)と動物園のズー(Zoo)からつけられた面白い名前のこちらの施設は、アマゾンの中に設けられた動物保護・研究センターです。

アマゾンの動物達

写真:市川 芽久美

地図を見る

色鮮やかなトゥルカンやインコ、オセロット、バク、水辺に住むカイマンや多種のカメや猿に至るまで、珍しく様々な種類を一箇所で観察できます。

<基本情報>
住所:amaZOOnico Apartado 202, Tena
電話番号:+593-99-414-3395
アクセス:船着場Barge Provincial de Napoから船で約30分
時間:月〜日曜日9:00-16:00

バラエティー豊かなアマゾンアクティビティ

バラエティー豊かなアマゾンアクティビティ

写真:市川 芽久美

地図を見る

他にも、訪れたい場所はまだまだあります。オススメはカカオ農園訪問。この辺りは、良質で香りの高いエクアドルオリジナルのカカオが育つことでも有名。先住インディオ(キチュア)のカカオ生産者は、今でも大家族と一緒に高床式の家に住み、昔ながらの手間のかかる農法を守り、大自然の中で無農薬のエクアドル原産ナショナル(アリバ)種を作り続けています。

バラエティー豊かなアマゾンアクティビティ

写真:市川 芽久美

地図を見る

そしてこちらも外せないアクティビティの1つ、コミュニティ訪問。今でも多くの原住民の村が残っていおり、彼らの暮らしや文化を垣間見ることが出来るエクスカーションです。

バラエティー豊かなアマゾンアクティビティ

写真:市川 芽久美

地図を見る

これらの訪問場所はすべてナポ川に面しているため、先ほどの「猿の島」へのアクセス同様、船着場から写真のようなモーターカヌーを使って移動します。

オススメの滞在先は…

オススメの滞在先は…

写真:市川 芽久美

地図を見る

エコノミーな宿泊施設から高級エコロッジまで選択肢の幅が広く、滞在先にも困りませんが、快適な滞在をお求めの方にオススメしたいのが次の2つのロッジです。

オススメの滞在先は…

写真:市川 芽久美

地図を見る

1つは、先出の船着場の対岸に建つ「ラ・カサ・デル・スイゾ(La Casa del SUIZO)」。ナポ川沿いの崖の上に位置し、あたり一帯を一望できる場所にあります。ナポ川ビューのプールやレストラン、1つ1つ独立したバンガロータイプの部屋では、テラスのハンモックでのんびりしたり…とアマゾンの景色ともに癒されるロッジです。

オススメの滞在先は…

提供元:Hamadryade Lodge

http://www.hamadryade-lodge.com地図を見る

もう1つは、アマゾンの隠れ家ロッジ「ハマロライエド・ロッジ(Hamadryade Lodge)」。アマゾンをイメージしたデザインホテルで、熱帯雨林の中に突如現れるこちらの洗練されたホテルでは、非日常の世界を感じながら、アマゾンの森林浴とともに癒されること間違いなしのロッジです。

アマゾン体験は「ミサワジ」を拠点に

いかがでしたでしょうか。ミサワジは、日本ではなかなか体験できない別世界のアマゾン滞在を、エクアドルの首都キトから車で約3〜4時間で楽しめてしまう貴重な場所です。できれば2泊3日以上はほしいところですが、1泊2日でも存分にアマゾンの雰囲気を体験できますので、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/12−2018/05/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -