見惚れる美しさ!ウクライナの首都・キエフで壮麗な教会建築をめぐる

見惚れる美しさ!ウクライナの首都・キエフで壮麗な教会建築をめぐる

更新日:2020/02/05 10:08

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター
1500年以上の歴史を持つキエフの中心部には、大きな教会があちこちにあります。信心深いウクライナの人々にとって、教会は日常生活から切っても切り離せないものです。
細部まで装飾にこだわった建物が多く、見惚れるようなクオリティのものばかり。中には世界遺産に登録されたものもありますよ。

キエフの歴史を物語る、美しい教会をめぐってみませんか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

キエフ最古の教会「ソフィア大聖堂」

キエフ最古の教会「ソフィア大聖堂」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

1037年に建てられたソフィア大聖堂は、現存するキエフ最古の教会です。9世紀〜13世紀に東スラヴ最初の統一国家となったキエフ・ルーシの全盛期、ヤロスラフ1世によって建てられました。歴史的価値が評価され、1990年には世界遺産に登録されました。

ビザンツ様式とロシアの伝統様式が混ざり合うデザインは、とても洗練された雰囲気。現在の外観は17世紀に再建したものですが、壁の一部に昔のデザインを残しています。内部の床や壁には、11世紀のフレスコ画やモザイクが残っています。11世紀のフレスコ画は色あせてひび割れており、のちに描かれたものとの違いがすぐにわかります。

天井や柱にびっしりと描かれたイコン(聖像)は、正教の世界観を表しています。キエフ・ルーシが繁栄していた歴史を知るにはぴったりの場所です。

キエフ最古の教会「ソフィア大聖堂」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

大聖堂を訪れた後は、そばにある鐘楼に登るのがおすすめ。かわいらしい淡いブルーの鐘楼は、ソフィア大聖堂の門としての役割も担っています。

76メートルもの高さからは、観光客で賑わう広場を眺めることができます。記念撮影にもぴったりです!

<基本情報>
住所:Volodymyrska St, 24
電話番号:+380-44-278-2620
アクセス:地下鉄Maidan Nezalezhnosti駅から徒歩10分

黄金のドームが輝く「聖ミハイル黄金ドーム修道院」

黄金のドームが輝く「聖ミハイル黄金ドーム修道院」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ソフィア大聖堂から徒歩6分。聖ミハイル黄金ドーム修道院は、ウクライナ正教会の修道院です。モンゴル軍やタタール軍の略奪で損害を被ったり、大規模な建て替えが行われたりと、時代によって姿を変えてきました。

しかし、1937年にキエフの街を支配していたソ連が、宗教を弾圧する目的で破壊してしまいます。今の建物はすべて、ウクライナがソ連から独立して1997年〜2000年の間に再建したものです。

澄んだ青と白のコントラストが爽やかで、キエフの街に映える建物です。黄金のドームが輝いています。壁面には、聖人がいくつも描かれています。

黄金のドームが輝く「聖ミハイル黄金ドーム修道院」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

教会の内部は決して広くはないものの、息を飲むような美しさがあります。祭壇は金の装飾が施され、ここにもたくさんの聖人が描かれています。柱や壁一面に描かれたイコンも見逃せません。

<基本情報>
住所:Triokhsviatytelska St, 8
電話番号:+380-97-777-7434
アクセス:ソフィア大聖堂から徒歩6分

ロシア女帝のために建てられた「アンドレイ教会」

ロシア女帝のために建てられた「アンドレイ教会」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

キエフの中心部を見下ろす、丘の上に建っているアンドレイ教会。青緑色のタマネギ型の屋根が、丘の下からでも見えるくらいに大きな建物です。

1749年に建設を開始したアンドレイ教会は、外装はロシア・バロック様式、内装はロココ様式でつくられています。当時のロシアの女帝・エリザヴェータがキエフの街を訪れたことを記念して建てられました。彼女がひいきにしていた建築家のラストレッリが設計したもので、均整のとれた美しさが大切にされています。
ところどころに金の装飾を施し、ロシア女帝の名に恥じぬ豪華さがあふれています。

1762年に女帝エリザヴェータが死去してから、アンドレイ教会は荒廃した状態がしばらく続いていました。現在は美しくよみがえり、信仰の場として愛されています。

ロシア女帝のために建てられた「アンドレイ教会」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

アンドレイ教会を見学したら、すぐそばのアンドレイ坂を散策するのがおすすめです。

アンドレイ坂は、古いキエフの街並みがよく残った賑やかな通り。お土産屋さんが軒を連ね、観光客が集まることから「キエフのモンマントル地区」と呼ばれることも。ヴィンテージ雑貨店では、旧ソ連時代の手作りアクセサリーやポストカードなど、お土産にぴったりな掘り出しものが揃います。

<基本情報>
住所:Andriivs’kyi descent, 23
電話番号:+380-44-599-0005
アクセス:トロリーバス停留所Volodymyrska Stから徒歩5分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ロシア正教の総本山「ペチェルースカ大修道院」

ロシア正教の総本山「ペチェルースカ大修道院」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ソフィア大聖堂とともに、世界遺産に登録されたペチェルースカ大修道院。ウクライナにおけるロシア正教の総本山です。修道院の隣にはドニエプル川が流れ、自然あふれる川沿いの風景との対比には目を見張るものがあります。

ロシア正教の総本山「ペチェルースカ大修道院」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

修道院の敷地はとにかく広く、さまざまな教会や博物館があります。すべてをじっくり見学するとなると、半日はみておいたほうがよいでしょう。

数多くの見どころのなかでも地下墓地は見逃せません。薄暗い洞窟のような空間に、亡くなった修道士たちのミイラが安置され、現在も信者たちが祈りを捧げます。地下墓地は巡礼地のため、露出の多い服装では中に入れないうえ、女性は頭にスカーフを巻かなければなりません。訪れる際は服装には十分お気をつけて。

<基本情報>
住所:Lavrska St, 15
電話番号:+380-44-2551105
アクセス:地下鉄Arsenalna駅から徒歩17分

壮麗な空間で、ゆっくりと過ごす時間がおすすめ!

キエフの教会では、街中の喧騒を忘れさせてくれる静けさに身をゆだね、ゆっくりと過ごすのがおすすめです。内装ひとつひとつに目を凝らせば、昔の人々の思いや歴史を感じ取ることができます。

同時に、今でも地元の人が日常的に通う教会でもあります。キエフの人々は信心深い人が本当に多いのです。礼拝の妨げにならないようにも、静かに過ごしましょう。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/11−2018/04/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -