最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

大阪市名勝に指定された都心のオアシス!「旧藤田邸跡公園」

大阪市名勝に指定された都心のオアシス!「旧藤田邸跡公園」

更新日:2018/05/30 15:52

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
大阪城公園の北部、桜の通り抜けで名高い造幣局とは大川を挟んで対岸に位置する大阪市の名勝「旧藤田邸跡公園」。
関西経済界の実力者・藤田伝三郎邸跡の敷地を利用したこの公園は、大川の水を引き入れ変化に飛んだ美しい庭園風景が広がっています。しかも無料で水の都大阪ならではの光景が楽しめる素敵な場所。四季折々の植物も美しく、大阪城や天満橋からも徒歩圏内にある穴場の景勝地をご紹介します。


新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

旧藤田邸跡公園の歴史

旧藤田邸跡公園の歴史

写真:古都の U助

地図を見る

大阪城公園の北部に位置する「旧藤田邸跡公園」は、もともと関西経済界の実力者で藤田財閥の総帥・藤田伝三郎の邸宅や庭園だった土地。明治26年から整備が始められ、広大な敷地には本邸・西邸・東邸のほか茶室など多くの建物が建ち、周辺の地名から網島御殿などともとも呼ばれたそう。
その後大阪市の所有となり、現在は無料で開放されています。ただし、大阪市の名勝に指定された貴重な庭園ということで、開園時間は午前10時から午後4時までと短めの設定。早めに来園するようにしましょう!

旧藤田邸跡公園の歴史

写真:古都の U助

地図を見る

一帯は戦時中に空襲で大きな被害を受けたものの、現在は東邸は結婚式場としても知られる料亭・太閤園に、鉄筋コンクリート造りの蔵は藤田美術館(2018年5月現在改修の為休館中)本館として利用されています。また、美術館本館の隣には大正5年藤田伝三郎の長男、平太郎が和歌山県高野山の光台院から譲り受け移築した多宝塔も現存。

さらに古くは公園のある大阪市都島区網島の地には、近松門左衛門作の人形浄瑠璃「心中天網島」の舞台となった大長寺の境内がありました。藤田家の寄進により大長寺は約500m北部の現在地に移転。その際心中を遂げた小春と紙屋治兵衛の比翼塚も、同境内に移されました。

初夏の緑が美しい

初夏の緑が美しい

写真:古都の U助

地図を見る

作庭は梅園梅叟(ばいえんばいそう)という庭師により本邸とほぼ同時期に始められ、明治43年の新本邸建設時にもさらに整備されたといわれます。
一帯はもとは大川に隣接する平坦な土地でしたが、人工的に石組みや築山を設け、変化に富んだ光景が形成されました。

初夏の緑が美しい

写真:古都の U助

地図を見る

園内は初夏の緑が美しいのはもちろんサツキやツツジ、秋は紅葉に春は梅や桜など四季折々の光景が見られます。また旧藤田邸跡公園の特徴はやはり園内に引き込まれた大川の水の光景。
いたるところで美しい水辺の光景を楽しむことができます。

水の都・大阪

水の都・大阪

写真:古都の U助

地図を見る

園内西部にあるゆったりと曲線を描く道筋は、園内を流れる水路とともにすぐ側を流れる大川の光景を連想させます。

水の都・大阪

写真:古都の U助

地図を見る

先ほどの散策道を進むと一部園内から大川の姿を見ることも。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

絵になるあづまや

絵になるあづまや

写真:古都の U助

地図を見る

旧藤田邸跡公園は平成15年に「旧藤田邸庭園」として大阪市から名勝の指定を受け、平成16年に桜之宮公園の一部として再整備の後開園しました。市の公園の名に恥じないゆっくりと座れる休憩場所もあり、藤棚の下のベンチなど眺めも良いところばかり。

絵になるあづまや

写真:古都の U助

地図を見る

きのこのような可愛らしいあづまやも。

公園へのアクセスは

公園へのアクセスは

写真:古都の U助

地図を見る

旧藤田邸跡公園には北出入口と南出入口の2ヶ所の出入口があります。このうち南出入口がJR東西線・大阪城北詰駅3号出入口からすぐと便利ですが、写真の「北出入口」は目の前に大川の美しい光景が広がり、こちらを経由するのもオススメ。

公園へのアクセスは

写真:古都の U助

地図を見る

旧藤田邸跡公園の北出入口の目の前には、美しい大川の光景が。
大川の沿岸は国の重要文化財に指定された毛馬洗堰から下流の天満橋まで、毛馬桜之宮公園として延長4.2km続くリバーサイドパークとして整備されています。
旧藤田邸跡公園の対岸には桜の通り抜けで名高い造幣局や泉布観などの明治初期を代表する建物が並び、大川の流れに沿ったプロムナードには美しい桜並木も。
ぜひ北出入口も活用して、水の都大阪の光景を堪能してみてはいかがでしょう。

旧藤田邸跡公園の基本情報

住所:大阪府大阪市都島区網島町10
アクセス:JR東西線・大阪城北詰駅3号出入口より 公園南出入口すぐ
地下鉄谷町線・天満橋駅より徒歩約15分
京阪・天満橋駅より徒歩約15分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -