アンコール・ワットも!シェムリアップの遺跡群・王道の1日観光コース

アンコール・ワットも!シェムリアップの遺跡群・王道の1日観光コース

更新日:2018/05/28 18:42

アシュ 飯田のプロフィール写真 アシュ 飯田 SFC修行僧、陸マイラー
カンボジアで最大の観光都市シェムリアップ。中でもアンコール・ワットは有名な遺跡です。仏塔の間から上る幻想的な朝日の写真は、遺跡好きでなくとも心奪われるほど美しさです。
その他にもシェムリアップの街には数々の遺跡が点在し、見どころが多過ぎてどう回ればよいか困ってしまうほど。そんな迷えるあなたに、ここだけは外せないという見どころを完璧におさえた、1日で巡るこのとのできる観光コースをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

世界遺産の人気ランキング1位にも輝いた! 神秘の遺跡アンコール・ワットのご来光

世界遺産の人気ランキング1位にも輝いた! 神秘の遺跡アンコール・ワットのご来光

写真:アシュ 飯田

地図を見る

シェムリアップの朝はとても早いので気合を入れてください。何故なら、アンコール・ワットから上るご来光を拝むため。トリップアドバイザーでは世界遺産の人気No.1に輝き(2017年のランキング)、1日の観光のハイライトと言っても過言ではありません。

観覧ポイントは、一番外のお堀に掛かる橋の脇、尖塔正面の参道、中のお堀の前の3箇所です。1日しか時間を取れない場合は、この中から絞ることになります。
池に反射する逆さアンコール・ワットと朝日、さらに朝だけ咲く蓮の花が幻想的な雰囲気を作る、外側のお堀に掛かる橋の脇が一番おすすめのポイント。早めにベストポジションを確保しましょう!

ご来光の後は、朝食をとりに一旦ホテルまで戻ります。次の遺跡巡りへの力を蓄えましょう。

<基本情報>
住所:Angkor Wat, Siem Reap 855
アクセス:シェムリアップ空港から車で20分
入場料金:1日券 37ドル、3日券 62ドル、7日券 72ドル
※入場券は遺跡から離れたチケット販売所で購入する必要があります。
また同じチケットでアンコール・ワット遺跡群だけでなく、ロリュオス遺跡群、バンテアイスレイ、クバールスピアンなども入場可能です。

強烈に印象に残る微笑みの仏塔 アンコール・トム

強烈に印象に残る微笑みの仏塔 アンコール・トム

写真:アシュ 飯田

地図を見る

午前中の比較的気温の低い時に回りたいのが、大きな微笑み顔の石が有名なバイヨンを有するアンコール・トム。某世界の果てまで行く番組のセットの中でも印象的ですよね。

バイヨンは、アンコール・トムという一辺3km四方の遺跡の中心となる遺跡。その周囲にはピラミッド型の聖堂などいくつもの見どころが点在しています。

強烈に印象に残る微笑みの仏塔 アンコール・トム

写真:アシュ 飯田

地図を見る

アンコール・トムという世界観の中心にあるバイヨンは、シェムリアップのアンコール遺跡群の中でももっとも興奮するスポットと言っても過言ではありません。いくつもの仏塔が立ち並び、塔の四面に彫られた「クメールの微笑み」が独特な雰囲気を作り出しています。その微笑みも様々で、よく見ると一つ一つの微笑み具合が異なることが分かります。

ここでは「クメールの微笑み」とのキス写真がおすすめ。石像との角度と遠近差を利用して、記憶に残る楽しい写真を撮ってみてはいかがですか?

強烈に印象に残る微笑みの仏塔 アンコール・トム

写真:アシュ 飯田

地図を見る

また、バイヨンの外に広がる一際大きな建造物にも注目してみてください。長さ350mの象のテラスは、ステージに彫刻された象のレリーフが圧巻。細かく綺麗に彫られているのはもちろんのこと、一頭一頭異なる表情や態勢をしており飽きずに見入ってしまいます。

アンコール・トムを鑑賞したら、この辺りでゆっくりランチをとりましょう。午後は日差しも強く体力を使うので、しっかり休んでおいてくださいね。

<基本情報>
アクセス:シェムリアップ空港から車で20分

ヒンドゥー教神話の世界にどっぷり浸かる アンコール・ワット

ヒンドゥー教神話の世界にどっぷり浸かる アンコール・ワット

写真:アシュ 飯田

地図を見る

その後は再びアンコール・ワットへ。アンコール・ワットの日中の観光は、順光になる午後が最適です。午前は逆光になるので、写真を綺麗に撮りたい場合は避けましょう。

そして必ず見るべきは第三回廊。傾斜が60°もある階段を登って行きます。今は観光用の階段が作られたのでかなり安全になりましたが、階段が作られる前はもっと急勾配で幅も狭く落ちて亡くなる方も多かったそうです。

階段を登るとテニスコートが2面くらい入りそうな想像以上に広い回廊に到着。60mの高さから見るシェムリアップの街は、当時の王様になったような気分になれますよ。

ヒンドゥー教神話の世界にどっぷり浸かる アンコール・ワット

写真:アシュ 飯田

地図を見る

遺跡の醍醐味を味わいたい場合は、第一回廊の南面にあるレリーフがおすすめ。ヒンドゥー教の神話の戦闘場面や天地創造の物語など、象徴的なシーンが細かく彫られていて見ごたえたっぷり。

その中でも南面東側の「天国と地獄」というレリーフは、地獄行きの人を串刺しにするなど日本の閻魔様に通じるものもあり、神話を知らなくても理解できて面白いのでおすすめです。

12世紀に作られたアンコール・ワット遺跡は、当時の宗教観・歴史が詰まった最高傑作。じっくりとクメールの時代に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

1日の締めは美しい夕陽で プノン・バケン

1日の締めは美しい夕陽で プノン・バケン

写真:アシュ 飯田

地図を見る

1日の締めくくりに訪れておきたい場所が、美しいサンセットを見られることで人気のプノン・バケン。遺跡の上からはアンコール・ワットや付近の密林を見渡すことができます。

高さ60mの丘の上に建てられた寺院は、アンコール・ワットよりも高い建物を作ることが禁止されている現在、遺跡が生きていた当時の景色が見られるスポットとなっています。

1日の締めは美しい夕陽で プノン・バケン

写真:アシュ 飯田

地図を見る

遺跡巡りをして疲れた1日の最後のご褒美。どこへ旅するにしてもサンセットがあると締まります。1日の出来事を振り返ってセンチメンタルな気分になって寂しい気持ちもしますが、それ以上に温かい気持ちになりませんか?

シェムリアップの森にゆっくり沈んで行く太陽を見ながら、心の中からじわじわと広がる豊かな気持ちを感じてみてください。

またプノン・バケンのサンセットをベストポジションで見たい場合は、日の入り時刻の一時間前には到着するようにしましょう。見やすい場所はすぐに人が集まってしまいますので要注意です。

<基本情報>
アクセス:シェムリアップ空港から車で20分。アンコール・ワットとアンコール・トムの中間地点になります。

充実感たっぷりのシェムリアップ「アンコール遺跡群」1日巡り

今回はポイントを抑えた1日で回る遺跡を3箇所ご紹介させて頂きました。日の出から日の入りまで見どころをぎゅっと詰め込んだコースなので、サンセット後は溢れ出てくる充実感をホテルまで持って帰ることができるでしょう。
暑さ対策を忘れず、大人気のシェムリアップ「アンコール遺跡群」を堪能し尽くしてみてください。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/06−2018/04/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -