鉄道好き必見!「フラグラーミュージアム」で学ぶフロリダの鉄道歴史

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鉄道好き必見!「フラグラーミュージアム」で学ぶフロリダの鉄道歴史

鉄道好き必見!「フラグラーミュージアム」で学ぶフロリダの鉄道歴史

更新日:2018/08/30 17:21

Mari Itoのプロフィール写真 Mari Ito フロリダ在住ライター
車社会と言われるアメリカ。でも、今から200年程前は車などなく、人々が国内を移動する際の手段は、馬車や鉄道を使うのが一般的でした。

他の州ではすでに開発されていた鉄道も、フロリダ州ではまだ開発されていませんでした。そんな中、ある人物が鉄道及び観光開発に貢献することになります。彼の名前は、ヘンリー・フラグラー。今回は、そんな彼の功績や鉄道の歴史について学べるミュージアムについて紹介しましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

フラグラーミュージアムってどこにあるの?

フラグラーミュージアムってどこにあるの?

写真:Mari Ito

地図を見る

ヘンリー・フラグラー(1830〜1913年)は、元石油王として知られ、フロリダ州の開発に貢献した一人です。彼は1879年、最初の妻と一緒に旅行でフロリダ州のセントオーガスティンを訪れました。当時のセントオーガスティンは、歴史的な街として知られ、彼は気に入ります。

そして、1885年に再びセントオーガスティンを訪れ、ポンセ・デ・レオンホテル(現在はフラグラーカレッジのキャンパス)の開発を始めました。その後、フロリダ・イーストコースト・レイルウェイを購入。これが彼のフロリダ州での開拓ビジネスの始まりです。

彼は次々に、ホテルや鉄道開発を進めます。フロリダ半島の北にあるジャクソンビルからマイアミまでを鉄道で結び、さらにはキーウエストまで広げていきます。1912年には、ついにキーウェストに鉄道が通ったものの、翌年彼は亡くなります。彼が亡くなった後も、偉大な貢献者として称えられています。

そんな彼の功績やフロリダの鉄道の歴史が学べるミュージアムが、パームビーチにある「フラグラーミュージアム(Flagler Museum)」。パームビーチは、マイアミから北へ約2時間ほど行ったところにあります。ミュージアム周辺のエリアは、現在も高級住宅地として知られ、大きな家がたくさんあります。

また、世界で最も格式高いリゾートホテルの1つとして知られる、「ザ・ブレーカーズ・パームビーチ(The Breakers Palm Beach)」も、ミュージアムから車で10分もかからない距離にあります。

フラグラーミュージアムの外観

フラグラーミュージアムの外観

写真:Mari Ito

地図を見る

このミュージアムには、彼自身も住んでいたことがあります。さすが「石油王」「フロリダの鉄道王」といわれただけあって、建物の外観はクラシック調の豪華な造りです。

フラグラーミュージアムの外観

写真:Mari Ito

地図を見る

そして、広大な敷地内には大きな西洋風のガーデン。噴水やベンチがあり、ゆったりとリラックスできます。

フラグラーミュージアムの外観

写真:Mari Ito

地図を見る

建物だけでなくロケーションも良く、敷地内からは、美しいパームビーチの景色が眺められるベストスポットがあります。カメラ持参で行くと素敵な写真が撮れまよ。

フラグラーミュージアムの内観

フラグラーミュージアムの内観

写真:Mari Ito

地図を見る

館内では、アートコレクターだった彼の彫刻や陶器類のコレクションを至るところで見学することができます。

フラグラーミュージアムの内観

写真:Mari Ito

地図を見る

建物の一階には、ミュージックルーム、ダンスホール、ビリヤードルーム、ライブラリー等、二階には、彼の寝室を含め、ゲストルームの数々があります。また、来場者向けにヒストリールームとレースコレクションスペースが設けられています。

フラグラーミュージアムの内観

写真:Mari Ito

地図を見る

訪れる時期によって、鉄道に関する催し物や企画展などが開催されていることもあります。公式サイトから、イベントの詳細が見られるので、行く時期に合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

敷地内には鉄道も展示

敷地内には鉄道も展示

写真:Mari Ito

地図を見る

敷地内にあるメインの建物に隣接されたパビリオンには、フラグラーの個人所有の鉄道車両とが展示されています。

敷地内には鉄道も展示

写真:Mari Ito

地図を見る

この車両には、No. 91と記されていて、1886年にデラウェアで建造され、実際に1912年に使われたそうです。その後、売買され、1959年にこのミュージアムへ戻ってきました。

見どころたくさんのミュージアムです。みなさんも、パームビーチへ来た際は、ぜひ訪れてみませんか?

フラグラーミュージアム(Flagler Museum)の基本情報

住所:1 Whitehall Way, Palm Beach, FL 33480
電話番号:1-561-655-2833
アクセス:I-95 Exit70から車で約20分
営業時間:10:00〜17:00(日曜日は12:00〜17:00)
定休日:月曜日

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -