洞窟ギリギリ!ベトナム世界遺産「チャンアン」探検クルーズ

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

洞窟ギリギリ!ベトナム世界遺産「チャンアン」探検クルーズ

洞窟ギリギリ!ベトナム世界遺産「チャンアン」探検クルーズ

更新日:2018/09/02 14:21

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター

2017年3月に公開された映画「キングコング:髑髏島の巨神」でキングコングが大暴れし、片手をついて休憩した巨石があるのが、2014年に世界遺産に登録されたベトナム北部ニンビン省の「チャンアン」です。奇石・奇岩を背景に美しい田園・農村風景の中を手漕ぎの小舟で進んでいくアクティビティーが大人気。いくつもの洞窟内にボートで入り込むアドベンチャー感満載の体験を紹介します。

奇石・奇岩がゴロゴロしている田園風景が現れる!

奇石・奇岩がゴロゴロしている田園風景が現れる!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ハノイから約2時間の所に、奇石・奇岩が立ち並ぶ世界遺産「チャンアン複合景観」があります。その様子はあのハロン湾にとってもよく似ていますが、ハロン湾が先に世界遺産に登録されたので、ここは「陸のハロン湾」と呼ばれる事があります。

奇石・奇岩がゴロゴロしている田園風景が現れる!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

チャンアンの手漕ぎ小舟乗り場には多数の小舟が準備されており、1人の船頭さんが漕ぎ手で2組4〜6名の観光客が乗り込みます。2時間強を女性一人で漕いで行くのはかなりの重労働です。観光客用にも小舟漕ぎ用のオールは渡されますが、景色に夢中になりあまり役には立っていませんので帰り際にはお心付けをお渡し下さい。

奇石・奇岩がゴロゴロしている田園風景が現れる!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

いよいよボートで川面を移動します。一つとして同じものがない石灰石の奇石・奇岩を眺めながら、のどかな田園風景の中をゆっくりとクルーズです。日差しが強いので竹笠を借りて乗り込みましょう。

「陸のハロン湾」の呼び名は伊達じゃない!?

「陸のハロン湾」の呼び名は伊達じゃない!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

奇石・奇岩がそそり立つ渓谷の最深部まで進んでくると、その様は「陸のハロン湾」の呼び名がウソではなかった事を証明してくれます。しかも小舟に乗っているので岩の大きさがさらに強調されます。ハロン湾の大きな船とは違い、小舟なので間近に見る巨石・奇石は圧倒的です。

「陸のハロン湾」の呼び名は伊達じゃない!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

小舟グングンと進んでいくと、一瞬行き止まりかと思うほどの巨石が目の前に立ちはだかります。この巨石こそがあのキングコングが映画内で片手をついて休憩した巨石なのです。

「陸のハロン湾」の呼び名は伊達じゃない!?

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

なんと、巨大な奇石の下部に小さく空いた洞窟に入ろうというのですが、船頭さんの巧みな操作で頭スレスレの入り口へ事もなげに入っていきます。

洞窟内クルーズの大冒険!

洞窟内クルーズの大冒険!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

入り口のギリギリ感でドキドキするのは勿論の事。洞窟の中に入って二重にビックリ!出口の明かりが見えない程に長い洞窟を進んで行きます。所々に照明が設置されてはいるものの、次に何が起こるのか分からない展開はインディージョーンズさながらの大冒険体験です。

洞窟内クルーズの大冒険!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

洞窟が長い分、出口ではちょっとした感動さえ湧き上がってきます。先を進んでいた小舟が明かりの先に見えてきます。
チャンアンには洞窟が48ヶ所あり、こうした洞窟クルーズができる洞窟は9ヶ所あります。

クルーズ途中には上陸できる寺院も!

クルーズ途中には上陸できる寺院も!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

クルーズ途中には上陸して参拝できる寺院もあります。地元の方々が多く訪れていますので一緒に参拝してみて下さい。

クルーズ途中には上陸できる寺院も!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また、寺院に架かる橋をくぐって洞窟から出てくる所などもあり、自然と建築物の融合がアトラクション感を盛り上げてくれます。

近年グングンと知名度を増す「チャンアン」エリア訪問はお早めに!

ニンビン省にはこの他にも、タムコックでボートクルーズができますし、ホアルーやビックドンなどの寺院などもあり、昔からベトナム人には人気の観光地でした。まだまだ個人でのアクセスがしにくいエリアですので、チャンアンやバイディン寺が大観光地になる前にツアーで訪れてみてはいかがでしょうか?

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -