透明なバブルテントでオーストラリアの大自然を満喫しよう!

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

透明なバブルテントでオーストラリアの大自然を満喫しよう!

透明なバブルテントでオーストラリアの大自然を満喫しよう!

更新日:2018/06/06 20:34

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住フォトライター、インテリアデザイナー

バブルテントとはその名の通り、透明なバブル(泡)のように丸いテントのこと。まだ日本ではメジャーではありませんが、ヨーロッパを中心に世界中に広がり始めているグランピング施設です。2017年10月にシドニー郊外にオープンするや否やTVなどのメディアに紹介され、今では予約待ちが出るほどの大人気スポットであるBubbletent Australia(バブルテント・オーストラリア)をご紹介します。

オーストラリア初上陸のバブルテント・オーストラリア

オーストラリア初上陸のバブルテント・オーストラリア

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

バブルテント・オーストラリアはシドニー在住の俳優のカップルが、シドニーから約200km離れたCapertee Valley(カペティ・バレー)にオープンしたグランピング施設です。ニュージーランドでキャンプをしていた際、頭上に美しい星空が広がっていたのにテントに入ってしまうと眺められないことを不満に思った2人。時間を気にせずいつまでも星空を眺めながら眠りたいと考えていたところにバブテントを見付け、遂にはバブルテント・オーストラリアをオープンしてしまいました。

オーストラリア初上陸のバブルテント・オーストラリア

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

バブルテント・オーストラリアがあるカペティ・バレーはグランド・キャニオンに次いで世界で2番目に大きい渓谷で、世界遺産であるBlue Mountains(ブルー・マウンテンズ)より更に車で1.5時間ほど、炭鉱の町・Lithgow(リスゴー)とワイナリーで有名なMudgee(マッジー)の間にあります。

透明なテントという性質上外から室内が丸見えなので、ゲストのプライバシーを守るため詳しい場所は公表していませんが、予約をした際には全ての細かい情報が送られて来るので安心です。住所もなくGoogle mapにも表示されない場所ですが、シドニー・シティからは車で大体3時間半ほどの場所です。

オーストラリア初上陸のバブルテント・オーストラリア

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ゲートを入って敷地内の道を牛や羊、カンガルーの群れを横目にしばらく走ると、徐々にバブルテントの透明な球体が見えて来ます。広大な渓谷の上にまるで透明な宇宙船が不時着したかのように丸いテントが建っています。道は舗装されていないので車は出来れば車高の低いスポーツカーではなく、四駆などなるべく車高が高めの車をオススメします。

まるでホテルのように快適な空間

まるでホテルのように快適な空間

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

最近話題の「グランピング」とは「GLAMOROUS」と「CAMPING」を合わせた造語で、ラグジュアリーなキャンプのこと。丸い透明な室内には快適なベッドにローテーブルと座椅子、室内で天体観測ができるよう望遠鏡やBGM用の音楽プレイリストと天体観測用のアプリが入ったiPadも完備しています。テントを自分で張って寝袋で寝るのはかなりハードルが高いですが、ここならアウトドアに慣れていない人でも問題ありません。

まるでホテルのように快適な空間

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

キレイに整頓されたバスルームには、ホテルのようなアメニティが揃っています。洗面カウンターと使用後に備え付けの木屑を撒くコンポストトイレが設置してあり、室内には木の良い香りが漂っています。テントの外には水浴びできる簡易的なジョーロのシャワーがありますし、薪で炊くスウェーデン式のバスタブがあるテントもあります。

まるでホテルのように快適な空間

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

外の広々としたデッキ・テラスにはキッチンカウンターとファイヤー・ピット(焚火台)があります。グランピングなので食べ物は自分達で用意していく必要がありますが、キッチンにはシンクやガス台、冷蔵庫、食器やグラス、カトラリーなどもあるのでお料理をすることもできます。

絶景を眺めながらグランピング体験

絶景を眺めながらグランピング体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

テントの中に居ながらにして周囲の大自然を体感できるのがバブルテントの一番の醍醐味。視界を遮るものがないので、天候など外界から守られながらベッドに寝転がって絶景を楽しめます。もちろんテントなので太陽が出ている昼時は暑く、夜は冷えるなど気温に左右されますが、星空はもちろん、日が沈んで翌朝昇るという時間の移り変わりを直に体感できます。

絶景を眺めながらグランピング体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

近くに天体観測の聖地と言われる「WIRUNA」というスポットもあるくらいこの辺りは街灯が少なく夜になると真っ暗になるので、星が綺麗に見えることでも有名です。

絶景を眺めながらグランピング体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

山の向こうから朝日が登って周囲が徐々に明るくなってくると、あちらこちらから様々な鳥のさえずりが聞こえてきます。このエリアにはオーストラリア固有種の鳥が数多く生息しているので、まるで音楽のような爽やかな音色で目が覚めます。変わりゆく空の色を眺め鳥の鳴き声を聞きながら、リラックスした状態で一日の始まりを迎えることができるんですよ。

趣の異なる3つのバブルテント

趣の異なる3つのバブルテント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

現在、バブルテント・オーストラリアにはそれぞれ星座の名前が付いた3つのテントがあります。まず1つめは2017年10月のオープン当初からあるLEO(レオ・獅子座)。LEOの特徴は3つの中でも一番高台にあるので、真正面から上がる朝日、背面に沈む夕日など刻々と移り変わる景色を360℃楽しめること。夕日が沈む時のパープル、眩しいくらいの満月のインディゴ、明け方のオレンジという美し過ぎる空の色の変化は、忘れられない思い出になること間違いなしです。

1泊2日 日〜木:$310 / 金〜土, 祝日:$370(週末のみ2泊以上必要/1泊に付)

趣の異なる3つのバブルテント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

2017年の12月にLEOから遅れること2ヶ月半後にオープンしたのがこちらのCANCER(キャンサー・蟹座)。LEOより少し丘を降りた崖の縁にあるので、カペティ・バレーの断崖絶壁ビューが楽しめます。向かい側に立つ崖の荒々しい岩肌やエクストリームな断崖の絶景を楽しむことができるのはここCANCERだけです。また、崖付近の木陰にフローティング・ベッドという気に吊るしたベッドがあるので、暑い昼時はそこで読書したりお昼寝して過ごすのもいいですね。

1泊2日 日〜木:$310 / 金〜土, 祝日:$370(週末のみ2泊以上必要/1泊に付)

趣の異なる3つのバブルテント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

CANCERと同じ時期にオープンしたのがこちらのVIRGO(バーゴ・乙女座)。LEOやCANCERとは少し離れた場所にあり、こちらもCANCER同様断崖絶壁に建っていますがCANCERとは異なる目の前に何もないパノラミック・ビューが楽しめます。

VIRGOの特徴はやっぱりスウェディッシュ・バスという薪で炊くバスタブがあることと、木陰にあるブランコ。絶景を見ながらのお風呂に入ったり、ブランコにゆらゆら揺られるのは本当に最高の経験です。

2泊3日 日〜木:$450 / 金〜土, 祝日:$530(2泊以上必要)

3つのテント全てが絶妙な位置関係で計画されているので、それぞれのテントからは他のバブルテントの様子が見えないようになっています。しっかりとプライバシーが守られているので、例え裸でウロウロしていても誰にも見られることはありません。

世界各国から問い合わせ殺到中の人気スポット

世界各国から問い合わせ殺到中の人気スポット

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

向かい側の山も含めて敷地が全部で1,000エーカー以上あるので、敷地内だけでも十分トレッキングが楽しめます。世界遺産のブルー・マウンテンズに行かずして、この絶景が独り占めできます。また峡谷を空から眺めることができるヘリ・ツアーや、ワインの街・マッジーでのワイナリー巡りなどのアクティビティもあり、かなりオススメです。

世界各国から問い合わせ殺到中の人気スポット

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

お気に入りのワインやチーズなどの食材を買い込んで15:00からチェクイン、ハンモックやブランコに揺られながら読書やお昼寝、ファイヤーピットの火に当たりながら沈む夕日や星空を眺めてのんびりするなんて最高です。ゆっくりここでの時間を満喫することをオススメします。

世界各国から問い合わせ殺到中の人気スポット

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

オーナーの1人は日本人のMayuさん。英語が不安な方でも日本語での対応が可能ですよ。Mayuさんによると世界各国から問い合わせ殺到中でお客さんが来ているそうですが、まだ日本人のお客さんはいないそうです。シドニーの主要情報サイトやTVで紹介されているのでかなり予約も取りづらいですが、シドニーに来た際は少し足を延ばして、まだまだ日本ではメジャーになっていないオーストラリアのバブルテントで、グランピング体験してみてはいかがでしょうか。

バブルテント・オーストラリアの基本情報

住所:Capertee, NSW 2846(詳細はお問い合わせを)
電話番号:+61-412-133-052

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/21−2018/04/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -