楽ちん!歴史ロマンハイキング・中山道「馬籠峠〜妻籠」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

楽ちん!歴史ロマンハイキング・中山道「馬籠峠〜妻籠」

楽ちん!歴史ロマンハイキング・中山道「馬籠峠〜妻籠」

更新日:2018/06/12 15:34

伊都 をかしのプロフィール写真 伊都 をかし 旅ライター

「中山道」は、木曽の山の中を通って江戸から京都を結ぶ江戸時代に作られた街道です。険しい山道の多い「中山道」ですが、今回ご紹介するのは、下りだけの楽ちんコース!しかも、江戸情緒を色濃く残し外国人にも大人気の「妻籠宿」も堪能できます。

さあ、江戸時代の旅人気分にひたりながら、「馬籠峠」から「妻籠宿」までのハイキングを楽しんでみませんか?

皇女和宮さまも通られた「姫街道」

皇女和宮さまも通られた「姫街道」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「中山道」は江戸時代に作られた五街道の一つで、江戸から京都までを結ぶ街道です。江戸から京都を結ぶ街道は、「中山道」の他にもうひとつ「東海道」があります。「東海道」は海沿いの道で、「中山道」は山の中の道です。

参勤交代には「東海道」の方がよく使われましたが、京都の公家や皇族のお姫さまのお輿入れの時には「中山道」が使われました。そのため「中山道」は「姫街道」とも呼ばれていました。皇女和宮さまも「中山道」を通って、京都から江戸へお輿入れされたんですよ。

さあ、そんな歴史ロマンあふれる中山道を歩きましょう!
今回ご紹介するコースは、「馬籠峠」から「妻籠宿」までの約6キロ。「馬籠宿」から出発すると「馬籠峠」までかなり急な登りがあるので、「馬籠峠」からの出発をお勧めします。そうすると、ほとんどずっとなだらかな下り道ばかりなのでとっても楽ちんなんです!

「中山道」で国際交流?!

「中山道」で国際交流?!

写真:伊都 をかし

地図を見る

「馬籠峠」から「妻籠宿」までの道中は、ほとんど山の中を歩きます。道はときどき石畳だったりしますが、主に山道です。でも、山の中の集落を通り過ぎたり、滝や水車、棚田などが現れたり、橋を渡ったりと、いろいろな風景が楽しめますよ。

「中山道」で国際交流?!

写真:伊都 をかし

地図を見る

歩き始めると、まず外国人観光客が多いことに気づくと思います。道中見かける人は日本人よりも外国人の方が多いくらいです。みんなニッコリ笑って「コンニチハ」って挨拶してくれますので、楽しいですよ。

もうひとつ気づくのは、道端にちょこちょこ立っているベル。これは熊よけのベルなんです。ちょっとドキッとしますね。けっこうみんな嬉しそうに鳴らしているので、熊よけのためにも、自分への景気づけのためにもガンガン鳴らしちゃいましょう。

「中山道」で国際交流?!

写真:伊都 をかし

地図を見る

馬籠峠からしばらく歩くと、古民家が見えてきます。中をのぞくと、大勢の人たちがお茶を飲みながらわいわい楽しそうに話しています。ここは無料休憩所の「一石栃立場茶屋」。親切なスタッフの方たちが温かいお茶やキャンディをふるまってくださいますので、みなさん一服しながらおしゃべりしてるんです。ここもなぜか日本人よりも外国人の方が多いのですが、あなたもぜひ輪に加わって国際茶飲み話の花を咲かせてください。

<一石栃立場茶屋の基本情報>
開館時間:9〜16時(4〜11月)、10〜15時(12〜3月)
定休日:年末年始(12/29〜1/3)

小説「宮本武蔵」の舞台・男滝女滝

小説「宮本武蔵」の舞台・男滝女滝

写真:伊都 をかし

地図を見る

楽しい茶屋を後にして、次に現れるのが男滝女滝です。吉川英治の小説「宮本武蔵」の舞台になったことでも有名な場所で、シャープな女滝と豪快な男滝が、ちょっと離れているけれど寄り添うように並んでいる風景はとってもステキですよ。

小説「宮本武蔵」の舞台・男滝女滝

写真:伊都 をかし

地図を見る

江戸時代そのままの町「妻籠宿」

江戸時代そのままの町「妻籠宿」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「妻籠宿 町並み入り口」の大きな看板が見えてきたら、いよいよ「妻籠宿」。「妻籠宿」は江戸時代の古い町並みが当時のまま残されていて、そのまま時代劇映画の撮影ができそうな雰囲気の町です。町を歩いていると、今にものれんをかき分けて、ひょっこりとお侍さんや町娘さんが顔をのぞかせそうな気がしますよ。

江戸時代そのままの町「妻籠宿」

写真:伊都 をかし

地図を見る

昔ながらの落ち着いた町並みを散策しながら、いろんなお店をのぞいてみてください。個性的なお店がたくさんあるんですよ。すべて手作りの刺し子の洋服屋さんとか、木曽のヒノキで作ったお箸やまな板など木製品のお店など、ここでしか出会えないお店がたくさん!五平餅やおやき、栗きんとんのソフトクリームなどの食べ歩きも楽しいですね。

江戸時代そのままの町「妻籠宿」

写真:伊都 をかし

地図を見る

妻籠宿の基本情報

住所:長野県木曽郡南木曽町吾妻2159-2
電話番号:0264-57-3123(妻籠観光協会 観光案内所・開館時間/8:30〜17:00)
アクセス:中央自動車道中津川インターから車で約30分
JR南木曽駅からバスで約10分(南木曽駅から馬籠峠までバスで約20分)

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -