絵本がテーマ、山梨県小淵沢の個性的な美術館で「子どもの時間」を味わう

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絵本がテーマ、山梨県小淵沢の個性的な美術館で「子どもの時間」を味わう

絵本がテーマ、山梨県小淵沢の個性的な美術館で「子どもの時間」を味わう

更新日:2018/07/26 17:01

咸月 潤のプロフィール写真 咸月 潤

山梨県北西部に位置する小淵沢は、南アルプスや八ヶ岳、富士山を見わたすことのできる自然豊かな土地で、多くの観光スポットが集中するリゾート地です。実はこの小淵沢は、絵本をテーマにした個性豊かな美術館が多く集まる地でもあります。日常の忙しない時間をふわりと飛びこえて、豊かな自然に囲まれて魅力的な絵本の世界を楽しむ日帰りトリップはいかがでしょうか?

カラマツ林の中にたたずむ「小淵沢絵本美術館」

カラマツ林の中にたたずむ「小淵沢絵本美術館」

写真:咸月 潤

地図を見る

JR中央本線・小淵沢駅から車で5分ほどの場所に位置するのが、1993年にオープンした「小淵沢絵本美術館」です。駅や小淵沢I・Cから車で行くこともできますが、天気が良ければ駅から30分ほど、自然の緑や空気感を味わいながら徒歩で向かうのもまた魅力的です。

常設展示されているのは、主にイギリスをはじめとする欧米諸国の絵本原画。絵本草創期の作家ケイト・グリーナウェイ(1846〜1901)や、日本でも人気のターシャ・テューダー(1915〜2008)の作品に触れることができます。
一階のショップコーナーでは、ロングセラー絵本のほかポストカードなどのグッズも手に入ります。

カラマツ林の中にたたずむ「小淵沢絵本美術館」

写真:咸月 潤

地図を見る

美術館は周囲をカラマツ林に囲まれていて、天気が良ければ遠くに富士山や南アルプスを臨むこともできます。

さらに、ターシャ・テューダーの庭を思わせる「絵本の森のガーデン」も魅力的。館長さん自ら育てた草花を目当てにしたリピーターも多いとのことです。「来館者に少しでも長く留まって絵本と向かい合ってほしい」との館長さんの願いから、入館料600円には飲み物のサービスが付いていて、コーヒーや100%ジュースなどを頂くこともできます。豊かな自然の中、のんびりした時間を過ごせることでしょう。

<基本情報>
住所:山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331-441
電話番号:0551-36-5717
アクセス:JR小淵沢駅よりタクシーで5分ほど

作家の世界観に浸れる「くんぺい童話館」

作家の世界観に浸れる「くんぺい童話館」

写真:咸月 潤

地図を見る

シンプルで温かみのあるイラストが魅力の東君平(1940〜1986)は、46年という短い生涯で100冊余りの著作を残し、やなせたかし氏や手塚治虫氏をして「天才」と言わしめた童話作家です。近年ではNHK『おかあさんといっしょ』の中のアニメ『ひとくちどうわ』でご存知の方もいらっしゃるかと思います。

「くんぺい童話館」は、そんな東氏の作品に触れることができる個性的な美術館です。館長は東氏の奥さまである東英子さん。1989年にオープンしたこの美術館では、東氏の原画等の作品を見ることはもちろん、絵本や雑貨などを購入し、東氏の世界観に浸ることができます。

まるで東氏の自宅を訪れたかのような感覚に浸れるこの美術館。小淵沢の隠れスポットです。

<基本情報>
住所:山梨県北杜市小淵沢町上笹尾 3332-930
電話番号:0551-36-4514
アクセス:JR小淵沢駅よりタクシーで5分ほど

日本最初の絵本専門図書館「えほん村」

日本最初の絵本専門図書館「えほん村」

写真:咸月 潤

地図を見る

1983年にオープンした「えほん村」は、日本で最初の本格的な絵本専門図書館です。
造形作家である松村太三郎氏と、絵本作家である松村雅子氏によって開かれたこの図書館では、国内外の絵本や原画を見ることはもちろん、読み聞かせ会やワークショップなどのイベント参加、オリジナルグッズの購入などもできます。

造形作家が手がけたというだけあり、館内の至るところには絵本の世界を思わせる工夫が見られます。本棚や案内板の配置や色づかいなども非常に凝っていて、物語に登場しそうなキャラクターをかたどった小物などもあらゆる場所にあります。木のぬくもりを感じながら物語世界に浸れるような、魅力的な空間が広がっています。

日本最初の絵本専門図書館「えほん村」

写真:咸月 潤

地図を見る

「入村料」は一律500円(ただし2才未満は無料)。入村時にビジターであることを示すシールが渡されるので、洋服の目立つところに貼っておけば、当日に限って何度でも出入りできます。

村内でひときわ目を引く「アートハウス」の1階には、原画などが展示されるギャラリー、松村氏による木の造形作品などが購入できるアートショップ、テラスに面したカフェなどがあります。2階には絵本が読めるコーナーのほかマリオネットシアターもあり、不定期で人形劇などさまざまなイベントも行われています。
イベントの詳細はホームページで確認するか、直接お問い合わせください。

<基本情報>
住所:山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-426
電話番号:0551-36-3139
アクセス:JR小淵沢駅よりタクシーで10分ほど

生命力あふれる動物画の数々―「薮内正幸美術館」

生命力あふれる動物画の数々―「薮内正幸美術館」

写真:咸月 潤

地図を見る

小淵沢駅から車で10分ほど、サントリー白州蒸留所のすぐ近くに位置するのが、日本で唯一の動物画の美術館、「薮内正幸美術館」です。

薮内正幸氏(1940〜2000)は、図鑑や絵本、児童書の挿し絵などで非常に精緻な動物画を描いた画家として知られています。『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の挿し絵でご存知の方も多いことでしょう。絵を描く以上に「動物が好きでたまらなかった」という薮内氏。その動物画は毛の一本一本も見えるかのようで、今にも動きだしそうな躍動感と生命力にあふれています。

生命力あふれる動物画の数々―「薮内正幸美術館」

写真:咸月 潤

地図を見る

緑に囲まれた美術館の入り口横には看板がありますが、それは絵本作家の田島征三氏(代表作:『ちからたろう』、『とべバッタ』など)が手がけたもの。

中に入ると、「作品をじっくり見てほしい」という思いで比較的明るめの照明で照らされた動物たちの作品がお出迎え。年2回の企画展では毎回テーマを変え、必ず初公開作品が展示されるので、いつ訪れても新鮮な気持ちで楽しむことができます。また、生前の薮内氏のアトリエを再現したコーナーもあり、作家の人柄に触れることができます。
鑑賞後は、ポストカードや文房具などオリジナルグッズが手に入るショップをのぞくのもおすすめ。

<基本情報>
住所:山梨県北杜市白州町鳥原2913-71
電話番号:0551-35-0088
アクセス:JR小淵沢駅よりタクシー10分

個性的な美術館をめぐる小さな旅へ

今回ご紹介したのは主に「絵本」をテーマにした4つの美術館ですが、小淵沢にはこのほかにもさまざまなテーマの個性的な美術館が多く集まっています。都心から日帰りで訪れるのにもうってつけのこの地。7月から9月にかけてのハイシーズンにはほとんどの美術館が無休でオープンしますので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -