まるでイタリア!新潟・十日町市のあてま高原リゾートで景色と美味を楽しもう

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるでイタリア!新潟・十日町市のあてま高原リゾートで景色と美味を楽しもう

まるでイタリア!新潟・十日町市のあてま高原リゾートで景色と美味を楽しもう

更新日:2018/06/04 17:00

池田 美樹のプロフィール写真 池田 美樹 世界を行くエディター

新潟に、まるでイタリアみたいな風景があるって、ご存じでしたか?
それもそのはず、今回ご紹介する「あてま高原リゾート ベルナティオ」のある十日町市は、イタリアのコモ市と姉妹都市なのです。
現実を忘れてゆったり過ごせるリゾート地をご紹介します。

イタリア・コモ湖のような幻想的な風景

イタリア・コモ湖のような幻想的な風景

写真:池田 美樹

地図を見る

夕暮れに広がる幻想的な風景。イタリア北部・ロンバルディア州にある有名な避暑地「コモ湖」をイメージした湖が広がるのは、新潟・十日町市の「あてま高原リゾート ベルナティオ」です。

東京からホテル専用の直行バスで約5時間。東京ドーム109個分という広大な敷地に入った瞬間、ここは日本? と思うような風景が広がっています。

イタリア・コモ湖のような幻想的な風景

写真:池田 美樹

地図を見る

初夏から秋にかけては、広がる緑が輝く季節。敷地内には、スイートロケット、バラ、そしてアジサイやヤマユリなどたくさんの花も咲き、目を楽しませてくれます。

おしゃべりしながらのんびりと散歩をしてもいいし、電動自転車をレンタルしてサイクリングをしてもいいですね。

プライベート感たっぷりのコテージ

プライベート感たっぷりのコテージ

写真:池田 美樹

地図を見る

宿泊するなら、おすすめはフィンランドログハウスのコテージ。湖の目の前に点在し、自然に抱かれるように建っています。チェックインもチェックアウトもここでできるうえ、食事も部屋で取れるなど、プライベート感たっぷり。

夏休み期間中はコテージ前に花火専用広場もつくられ、自由に花火をすることができるのもうれしいですね。

プライベート感たっぷりのコテージ

写真:池田 美樹

地図を見る

プレミアム棟は、大型犬とも一緒に泊まれるコテージ。入口横には足洗い場、そして専用のシャワーやケージなどが整えられています。

目の前にはリードなしで遊べるドッグランもあるので、愛犬と一緒に旅をしたい人にもぴったりですね。

プライベート感たっぷりのコテージ

写真:池田 美樹

地図を見る

プレミアム棟のベッドルームは2階。屋根裏みたいな部屋に、かわいいベッドが備え付けられています。天窓からは、きれいな星空を見ることもできます。

バルコニーで夜風に吹かれながら過ごすのもいいですね。

地元の素材を使ったグルメを堪能

地元の素材を使ったグルメを堪能

写真:池田 美樹

地図を見る

旅の楽しみは、おいしい食べ物。ベルナティオでのおすすめのメニューは、ステーキダイニング アイリスの、にいがた和牛を使ったあてまビーフシチュー。仕上げにしょう油麹を使い、よりいっそうコクが出るように仕上げてあります。

とろりとしたデミグラスソースがしっかり絡んだ和牛は、口の中でホロリとほどけて溶けていくほどの柔らかさ。ホクホクのポテトとの相性も抜群です。

地元の素材を使ったグルメを堪能

写真:池田 美樹

地図を見る

和食がお好みなら、地元・妻有(つまり)のポークを使ったつゆしゃぶはいかが? 妻有ポークは、穀物主体の特別配合の飼料を与えて飼育しており、まろやかな甘さとジューシーな旨みが特徴です。

薄味のつゆにポークをよく浸したら、白ご飯と一緒に。米どころ・新潟のご飯は、お代わりしたくなる美味しさ。

夜のお楽しみはナイトクルーズ

夜のお楽しみはナイトクルーズ

写真:池田 美樹

地図を見る

夜には、敷地内のゴルフ場を自動運転の無人カートでめぐるナイトクルーズを。活動する動物を探したり、カートを止めて星空ウォッチングをします。

タイミングによっては、満点の星空の下、グリーン上でワインを味わうツアーも開催されています。

季節ごとに表情を変える「あてま高原リゾート ベルナティオ」へ

広大な敷地を活かした、イタリアのような景色とアクティビティ、そして素材が豊かな土地柄ならではのグルメが楽しめる「あてま高原リゾートベルナティオ」。

緑の美しい時期はもちろん、一面が銀世界になる冬も、その季節ならではの体験がたくさん待っています。

一度では経験し尽くせない、何度でも通いたいリゾートです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/24−2018/05/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -