乳頭温泉郷・木造校舎移築の宿「大釜温泉」でノスタルジックなステイを

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

乳頭温泉郷・木造校舎移築の宿「大釜温泉」でノスタルジックなステイを

乳頭温泉郷・木造校舎移築の宿「大釜温泉」でノスタルジックなステイを

更新日:2018/06/06 13:42

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 温泉ソムリエ

東北でも指折りの温泉地「乳頭温泉郷」。乳頭山麓に点在する七つのお湯は独自に源泉を持ち、異なる泉質の湯めぐりができることで人気です。

中でも原生林に囲まれた大自然の中、乳白色のお湯につかることができる「大釜温泉」は比較的リーズナブルな料金で宿泊ができる場所。木造校舎を移築したという建物は古い学校を彷彿とさせ、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

ブナ林を抜けて

ブナ林を抜けて

写真:Nami Kita

地図を見る

秋田空港から乳頭温泉郷まではエアポートタクシーが便利です。のどかな田園風景やマイナスイオンたっぷりのブナ林を抜けて、およそ2時間でたどり着くことができます。

七つある温泉の中でも大釜温泉は古い木造校舎を移築されたもの。建物に掛けられた時計や表にある二宮金次郎像などが学校のイメージを引き継いでいます。

ブナ林を抜けて

写真:Nami Kita

地図を見る

旧館と新館にわかれる二階建ての木造建築。昔ながらの雰囲気のお部屋は8畳〜12畳の和室です。到着するとお布団が敷かれており、お茶菓子が用意されているのも嬉しいですね。お布団はふかふかで寝心地が良いです。

ブナ林を抜けて

写真:Nami Kita

地図を見る

建物内には「職員室」や「講堂」といった札が下がり、学校の中にいるような感覚が味わえます。子供の頃学校に泊まってみたいと夢みた人も多いのではないでしょうか。

大きなそろばんのオブジェもユニークです。

大自然の中で名湯に抱かれる

大自然の中で名湯に抱かれる

写真:Nami Kita

地図を見る

笹の葉に囲まれた露天風呂は野趣溢れる雰囲気。天気の良い日には木漏れ日の中で湯煙を味わうことができますよ。乳白色の美しいお湯はこれぞ乳頭に来たと実感させてくれるもの。お湯の温度は朝方やチェックイン間もない時間はとても熱くなっている場合があるので注意が必要です。

内湯では木材に囲まれた安心感、外湯では大自然に抱かれた開放感が味わえますよ。床は湯の華の影響でふわふわとした感触。慣れるまではちょっと不思議な感覚がするかもしれません。

館内では冷えた湧き水が用意してあるので、お風呂あがりに是非飲んでみてくださいね。

大自然の中で名湯に抱かれる

写真:Nami Kita

地図を見る

乳頭の七つの温泉の中で、足湯があるのは大釜温泉だけ。雪深い冬の間は利用できなくなってしまうので、夏季に訪れた人はラッキーです。無料で利用できるので、他の温泉から訪れる人も。建物の外に位置しているのでとても開放的な雰囲気です。山の風が心地よく、いつまでも浸かっていられそうですね。

山の幸をたっぷりと

山の幸をたっぷりと

写真:Nami Kita

地図を見る

山菜など地のものをたっぷり取り入れた夕食は、温泉でリフレッシュした体に染みわたります。魚やキノコなど、成人男性には少し物足りなく感じることもあるかもしれませんが、その分美味しい秋田のお米が沢山味わえますよ。

名物のきりたんぽ汁も提供されるのですが、これまた味がしっかりと染みていてお替わりしたくなる一品です。

山の幸をたっぷりと

写真:Nami Kita

地図を見る

温泉から出た後は、昔ながらの瓶の牛乳が気分を盛り上げてくれますね。ビールなどが購入できる自動販売機もありますのでご心配なく。

売店などは特に設けられていないことから商売っ気のある旅館にはない趣を感じることができますよ。

山の幸をたっぷりと

写真:Nami Kita

他の温泉に湯めぐりをするのであれば、各宿で販売している「湯めぐり帖」がお得です。七つある温泉は隣接しているものもありますが、途中坂道もあるので巡回している湯めぐり号に乗車するのが快適。

上に風呂桶を載せたユニークなバスがブナ林を抜けて各温泉間を移動しています。他の温泉宿の宿泊客とも情報交換ができますね。

落ち着いたステイを楽しみたいのであれば大釜温泉にキマリ!

温泉の質もさることながら、ブナの原生林や大地のエネルギーを感じる川や滝に包まれたロケーションは身をおいているだけで心身共に浄化されるような場所。乳頭温泉は、温泉の効能の一つでもある「転地効果」を存分に感じることのできる場所ですよ。

混浴も楽しめる「妙の湯」へは徒歩2分。緑豊かな山道を行くこと10分ほどの距離には「孫六温泉」があります。売店やレストランなど設備の充実した「休暇村」へも徒歩10分と便利な距離。

他の温泉に比べても、最も静かでシンプルなステイが楽しめる場所の「大釜温泉」は湯めぐりの拠点としてもおすすめです。

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/19−2018/05/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -