札幌の街が音楽で染まる!夏の2大音楽祭を見逃すな

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌の街が音楽で染まる!夏の2大音楽祭を見逃すな

札幌の街が音楽で染まる!夏の2大音楽祭を見逃すな

更新日:2018/06/05 14:09

LINEトラベルjp NEWSのプロフィール写真 LINEトラベルjp NEWS

北海道の中心地札幌。グルメの街や文化芸術の街ともいわれる札幌市が、毎年夏、音楽一色に染まるのをご存じですか?

その秘密は、「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)」と「サッポロ・シティ・ジャズ」という、クラシック音楽とジャズの2大イベントにあります。市内各地にてコンサートやライブが催され、札幌の街は音楽で溢れ返るのです。そんな2大イベントが、今年もまた開催されることとなりました!

「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2018」って?

「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2018」って?

提供元:札幌市PR事務局

1990年に、20世紀を代表する指揮者・作曲家のレナード・バーンスタインが、ロンドン交響楽団とともに札幌で創設した国際教育音楽祭で、「タングルウッド音楽祭」「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭」とともに、世界三大教育音楽祭のひとつとされています。

国際オーディションで選抜される18歳から29歳、国籍も様々な約100人の若手音楽家で編成するひと夏限りの「PMFオーケストラ」がこの音楽祭の中心で、札幌に集結して約1ヶ月間、超一流のアーティストたちからのコーチング、共演で磨かれた刺激的なサウンドを響かせます。

2018年は、バーンスタイン生誕100年という記念イヤー。PMF2018では、バーンスタインの長女で著述家のジェイミー・バーンスタインを招くなど、記念イヤーにふさわしいとっておきの内容を予定しています。

「PMF2018」開催概要

「PMF2018」開催概要

提供元:札幌市PR事務局

「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル」2018」

会期:2018年7月7日(土)〜8月1日(水)
会場:札幌コンサートホールkitara、札幌芸術の森、
   フェニックスホール、サントリーホール 他
公演数:約40公演予定

「サッポロ・シティ・ジャズ2018」って?

「サッポロ・シティ・ジャズ2018」って?

提供元:札幌市PR事務局

都市型ジャズフェスティバルとして2007年度よりはじまり、フェスティバル期間中はプロ・アマ合わせ400組以上が出演、来場者が15万人を越える国内最大級のジャズフェスティバルです。

今年からは、今秋オープンする札幌市民交流プラザに拠点を移すことになりました。そのため、今年に限りサッポロ・シティ・フェスティバルを7月と12月の2回に分けて開催する予定です。夏期間は、札幌駅前通で200名を超える参加者がシティジャズの開幕を告げるジャズパレード、全国から約300組が街中で演奏を繰り広げるパークジャズライブ、そして芸術の森では野外ジャズライブが開催されます。その他、各種スタジオではワークショップやシンポジウムなどを通して、様々な音楽との関わり方を提案していくとのことです。ジャズシンガーの綾戸智恵さんや熱帯JAZZ楽団、上田正樹さんなどの豪華ゲストも出演予定です。

「サッポロ・シティ・ジャズ 2018」開催概要

「サッポロ・シティ・ジャズ 2018」開催概要

提供元:札幌市PR事務局

「サッポロ・シティ・ジャズ 2018」

会期:2018年7月14日(土)〜22日(日)
   2018年12月16日(日)〜22日(土)
会場:夏・札幌駅前通り、札幌芸術の森、札幌市教育文化会館 等
   冬・札幌市民交流プラザ

2大音楽フェスで夏を盛り上がれ!

2018年は、「PMF2018」にとっても「サッポロ・シティ・ジャズ2018」にとっても特別な年。年々賑わいを増すこの2大フェスに参加して、クラシックとジャズという歴史ある音楽に身を委ねながら、札幌の夏を満喫しませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -