京都「幸神社」は縁結びにご利益!そして謎の猿がいる!?

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都「幸神社」は縁結びにご利益!そして謎の猿がいる!?

京都「幸神社」は縁結びにご利益!そして謎の猿がいる!?

更新日:2018/06/13 17:35

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

鴨川デルタとも呼ばれる、出町柳からほど近い住宅街に「幸神社」と呼ばれる小さな神社があります。正式には「さいのかみのやしろ」というこの神社には縁結びや方除けにご利益があることで知られています。そしてこの神社には、境内のとある場所に猿がいるのだとか?またその理由とは!?

住宅街にある小さな神社「幸神社」

住宅街にある小さな神社「幸神社」

写真:bow

地図を見る

京都御所の北西、近くには同志社大学や相国寺などがあるエリアに「幸神社」という神社があります。こじんまりとした神社ではありますが、その創建は平安時代という由緒ある神社で、かつては広大な神域を誇っていたのだとか。

住宅街にある小さな神社「幸神社」

写真:bow

地図を見る

現在は住宅街の中に埋もれてしまっているので、そんな風には思えないこの「幸神社」。「さちじんじゃ」とか「しあわせじんじゃ」などと読んでしまいそうですが、正式には「さいのかみのやしろ」といいます。

縁結びに霊験あらたかな「幸神社」

縁結びに霊験あらたかな「幸神社」

写真:bow

地図を見る

「幸神社」はの主祭神は猿田彦大神。縁結びに霊験あらたかで、古来から縁結びの強力なパワースポットとして多くの信仰を集めてきたそうです。名前からしても幸せを招く神社ということもあり、縁結びを願って今も参拝客が訪れています。

縁結びに霊験あらたかな「幸神社」

写真:bow

地図を見る

本殿の参拝はもちろんなのですが、境内奥にある石神「おせきさん」を見逃さないでください。社殿ができる以前からあったとされるご神石で、拝めば良縁にご利益があるのだとか。囲いの中にあるので触りたくても触れない状況ではありますが、むやみに触ると祟りがあるといわれています。

「幸神社」の謎のお猿さんの存在

「幸神社」の謎のお猿さんの存在

写真:bow

地図を見る

境内には本殿をぐるりと巡れる小道があるのですが、ちょうど「おせきさん」の真横あたりにメッセージが描かれた絵馬がかかっています。何も気にしないでいればうっかり見落としてしまいそうな絵馬には「ここにおさるがいます」と記されています。ちょうど本殿の北東角にあたる部分でもあります。

「幸神社」の謎のお猿さんの存在

写真:bow

地図を見る

そのメッセージのある部分から内側を覗かせてもらうと・・・。いました、確かに猿がいます!烏帽子をかぶり、御幣を持っているお猿さんがいます。しかし、せっかくこんな立派なお猿さんがいるのに、あえて囲われた中で目立たないような形で置かれています。そしてそもそもなぜお猿さんがこんなところに?それにはちょっとした理由があるのです。

幸神社は京都の鬼門封じだった

幸神社は京都の鬼門封じだった

写真:bow

地図を見る

平安京といえば風水に基づいて造営されたことは有名。その中心部に位置するのが京都御所。幸神社からほど近い京都御所、その北東角に「猿が辻」と呼ばれる部分があります。京都御所を取り囲む塀は印象的なほどにまっすぐなのですが、この「猿が辻」の部分だけはなぜか凹んでいるのです。実はここは京都御所の鬼門とされる位置で、この部分を凹ませることにより鬼門を無くしているのです。

幸神社は京都の鬼門封じだった

写真:bow

地図を見る

「猿が辻」になぜこのような名前が付いたのかというと、軒下にいる一体の猿の像から。この猿は京都御所から北東の方角にそびえる、京都の鬼門を守る比叡山にある日吉大社の神の使いである猿なのです。

幸神社の猿と同じように烏帽子をかぶり、御幣を持つこの猿は鬼門除けの役割であるのですが、夜な夜な辺りをうろついては通行人にいたずらをするため、金網で囲って封じ込められたというのです。幸神社の猿が囲われているのも同じような理由から。

幸神社は京都の鬼門封じだった

写真:bow

地図を見る

京都御所から比叡山を結ぶ直線上には幸神社、赤山禅院と鬼門の方角の守護神が並んでいます。猿が辻や幸神社と同じく赤山禅院にも屋根の上に猿がいます。そしてその延長線上にある日吉大社も猿づくし!

そもそもなぜ猿なのかというのは、鬼門の方角=丑寅の方角の対極の位置が申=猿というところから。対極の力を持つ猿を鬼にあてがったためなのです。

幸神社に猿が置かれている理由はこんな意味があったのです。京都の寺社仏閣はその大小に関係なくこういった興味深いストーリーが隠れていることがしばしば。幸神社を参拝するならば、古来から京都の鬼門を守り続けてきた神社なのだということを知った上で訪ねてみてください。

幸神社の基本情報

住所:京都府京都市上京区幸神町303
アクセス:京阪電車「出町柳」下車徒歩約10分、市バス「河原町今出川」下車徒歩約10分

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -