シャモニーからグラン・モンテ展望台へ!アルジェンティエール氷河と山並みの絶景を独り占め

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シャモニーからグラン・モンテ展望台へ!アルジェンティエール氷河と山並みの絶景を独り占め

シャモニーからグラン・モンテ展望台へ!アルジェンティエール氷河と山並みの絶景を独り占め

更新日:2018/07/27 09:30

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

ヨーロッパ最高峰モンブランで有名なフランス山岳リゾート地シャモニー!モンブラン山群最大の登山基地であり、世界でも有数のスキーリゾートやハイキングのメッカとして観光客が世界中から集まってきます。

このシャモニーから日帰りで行ける展望台がグラン・モンテ展望台。雄大な眺望を手軽に楽しめます。シャモニーでエギュイユ・デュ・ミディ展望台に次ぐ高さを誇る、三国にまたがる山並みと氷河の絶景をご覧あれ!

風光明媚なアルジェンティエール

風光明媚なアルジェンティエール

写真:Hiroko Oji

地図を見る

シャモニーは、登山・スキー・パラグライダー・ハイキングなど、この土地ならではの様々な山岳スポーツが体験できる拠点として、世界中から観光客が集まる活気ある町です。

そのシャモニーから列車で10分ほどスイス方面に走った所にあるのが、アルジェンティエール(Argentiere)。駅前はホテルやショップが入るスイス風のシャレーが建ち並ぶ美しい通り。通りを南へ向かいアルヴ川方面へ進みますと、綺麗に手入れされた緑溢れる緑地帯に入ります。奥には雪が残る山並みが控え、風光明媚な一帯が広がります。

風光明媚なアルジェンティエール

写真:Hiroko Oji

地図を見る

さらに、真っ白な雪を被ったモンブラン山群の姿も望め、ゆったり過ごすことのできる地域です。

ロープウェイで一気に山上へ

ロープウェイで一気に山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アルヴ川を越え、駅から10分ほどでグラン・モンテ行きのロープウェイ乗り場に到着します。ロープウェイは常に20分に一本運行されているので、長時間待たされることもなく乗車することができます。

ロープウェイで一気に山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

麓駅からは、中間駅のロニャン(Lognan 標高1972メートル)でロープウェイを一回乗り換え、標高3295メートルの山頂駅まで約20分。人間サマだけでなく、ワンちゃん達も一緒に乗ることも多く、とてもおりこうさんにじっと座っているのがいじらしいばかりです。

この中間駅からは、氷河の先端近くまで片道40分ほどのハイキングを楽しめるコースも用意されています。多少急な坂もありますが、全体的には歩きやすいコース。間近で見る氷河は大迫力の炸裂したような表面を持って迫ってきます。お時間や体力に余裕のある方は是非挑戦してみて下さいね。

ロープウェイで一気に山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

山頂近くでは、切り立った岩山に沿って一気にグイ〜ンと高度を上げる瞬間がスリル満点です。

4000メートル級の山々を一望

4000メートル級の山々を一望

写真:Hiroko Oji

地図を見る

グラン・モンテ展望台は切り立った岩山に設置された展望台。ここから眺める山の風景は素晴らしいの一言に尽きます。

写真の左に見える黒い岩山は標高3754メートルのエギュイユ・デュ・ドリュ。その右の奥に見えているのがヨーロッパ最高峰のモンブラン(標高4810メートル)です。

一般の観光客に加え、氷河歩きや氷河スキーを楽しむ人、岩山に登る人たちの姿も見られます。

4000メートル級の山々を一望

写真:Hiroko Oji

地図を見る

モンブラン方面をよく見てみると、少し手前の岩山のてっぺんにちょこんと乗ったエギュイユ・デュ・ミディ展望台も見えているのがお分かりになるでしょうか。しっかり目を凝らして見つけてくださいね。

4000メートル級の山々を一望

写真:Hiroko Oji

地図を見る

そして谷を背にして目の前にドーンと聳えているのが、標高4121メートルのエギュイユ・ヴェルト。ヴェルト針峰群の中でも一際目立っており、エギュイユ・デュ・ミディ展望台や谷を隔てたブレヴァン展望台からでもその雄姿が楽しめる山です。

雄大な流れのアルジェンティエール氷河

雄大な流れのアルジェンティエール氷河

写真:Hiroko Oji

地図を見る

展望台では、岩山に沿って設置された、足元がスケスケの長い鉄製階段を上り、さらに高いテラスに上って眺望が楽しめます。

雄大な流れのアルジェンティエール氷河

写真:Hiroko Oji

地図を見る

テラスからモンブランと反対側に見えるのがアルジェンティエール氷河です。

ギザギザの岩山の間から流れ出す小さな氷河をいくつか集めるようにして、岩山の麓をゆったりと流れているアルジェンティエール氷河。表面がシワシワの布のような部分もある氷河の姿を見下ろすのは、雪と氷ばかりの世界。防寒具は必携です!氷河の背後に連なる中で一際高い岩山はエギュイ・デュ・シャルドネで標高3824メートル。

雄大な流れのアルジェンティエール氷河

写真:Hiroko Oji

地図を見る

悠々と流れる氷河の源流方向を見渡すと、左にスイス領の山並み、最奥に見えているのがフランス領のモンテ・ドレント(標高3823メートル)、その右にはイタリア領の山並みが続きます。ここでしか見られない三カ国の山々と氷河のコラボした贅沢な眺め。これを見るだけでも、来た甲斐があると実感できることでしょう。観光客の多いエギュイユ・デュ・ミディ展望台では味わえない「絶景独り占め状態」を楽しめますよ。

グラン・モンテ展望台行きロープウェイの基本情報

アクセス:国鉄アルジェンティエール駅より徒歩約10分
営業時間:アルジェンティエール〜ロニャン 7:50〜17:00
ロニャン〜グラン・モンテ 8:00〜16:40 それぞれ20分毎の運行
※ モンブラン・マルチパス有効

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/07/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -