奇跡の絶景!1日20人限定の秘境・アメリカ「ザ・ウェーブ」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奇跡の絶景!1日20人限定の秘境・アメリカ「ザ・ウェーブ」

奇跡の絶景!1日20人限定の秘境・アメリカ「ザ・ウェーブ」

更新日:2018/06/20 16:17

Yamaneco Mのプロフィール写真 Yamaneco M 旅ブロガー

雄大な自然の宝庫アメリカ。その中でも世界一の絶景との呼び声も高い秘境「ザ・ウェーブ」をご存知でしょうか。
その圧倒的な美しさだけではなく入ることができるのが1日限定20人のみという冒険心くすぐられるハードルの高さから、死ぬまでに一度は行きたい場所として世界の旅人を魅了しています。

近年ではテレビ番組や本で世界の絶景スポットとして紹介され、日本でも人気が高まりつつある注目のスポットです!

- PR -

1日20人限定の狭き門

1日20人限定の狭き門

写真:Yamaneco M

地図を見る

ザ・ウェーブはアリゾナ州のバーミリオン・クリフ国定公園に位置します。ウェーブは誰もが簡単に訪れることができる観光地ではなく、実は訪れるのがなかなかの難関。

その理由はウェーブは景観を守る為に自然保護区となっていて、立ち入りには許可証が必要だから。許可されるのは1日にたった20人のみ!
インターネットのweb抽選(4ヵ月前実施)で10人、現地で行われる前日抽選で10人という狭き門となっています。

1日20人限定の狭き門

写真:Yamaneco M

地図を見る

ウェーブの抽選が行われるのはユタ州に位置するカナブという町。抽選会場となる町のビジターセンターには毎朝わずか10名の枠をめぐる運命のルーレットに世界中の旅人が集結します。

ハイシーズンには十数倍からなんと100倍以上になることも!競争率は高く狭き門なので一度抽選に外れても何度かトライできるよう余裕を持った日程を組むことをお勧めします。

まさに冒険!道なき道をゆく

まさに冒険!道なき道をゆく

写真:Yamaneco M

地図を見る

めでたく抽選に当たった人には許可証が与えられ、ウェーブへの行き方が示された地図を手にすることができます。秘境へたどり着くことができる唯一の手掛かりとなる宝の地図を片手に道なき道を自分たちの足で進んでいくのはまさに冒険のようですね。

ウェーブへのルートはちゃんとした道がないうえに目印も少なく非常に迷いやすいです。そのため方角を示す方位磁石は必須!

まさに冒険!道なき道をゆく

写真:Yamaneco M

地図を見る

ザ・ウェーブへは片道約5q、往復で10qほどの距離。所要約2〜3時間の道のりです。歩く道は未舗装で砂地や岩場を進んでいく足場の悪い道が続きます。

これまで遭難者がでたこともあるハードなトレッキングルートとなりますので、必ずしっかりとした準備と装備をお忘れなく!

まさに冒険!道なき道をゆく

写真:Yamaneco M

地図を見る

丘を越え砂漠のような砂地を進み、時には岩をよじ登りとウェーブへの道のりはたどり着くまでもドラマティックな景色の連続!
似たような景色の荒野が広がり方向感覚が難しいので方位磁石を随時確認しながら歩き進めることが大切です。体力も消耗するので木陰などで休憩をはさみながら進みましょう。

これが奇跡の絶景!「ザ・ウェーブ」

これが奇跡の絶景!「ザ・ウェーブ」

写真:Yamaneco M

最後の小高い丘を登っていくと、突如別世界のような光景が目に飛び込んできます。渦巻く波のような砂岩の層に吸い込まれそうなその迫力に圧倒されます。
波打つ砂岩の間を進んでいくと少し景色が開けるのでそのまま進んでいきましょう。砂岩はとても固いので足元に注意してくださいね。

これが奇跡の絶景!「ザ・ウェーブ」

写真:Yamaneco M

そしてついに到着!
これが奇跡の絶景「ザ・ウェーブ」

砂岩が描く見事な造形美は砂岩を鉄砲水が侵食し地層が露出してできたものです。まさに自然が生み出した奇跡のグラデーション!

これが奇跡の絶景!「ザ・ウェーブ」

写真:Yamaneco M

どこを切り取っても素晴らしい光景に息をのむばかりですが、どれひとつ同じものはありません。砂岩ひとつひとつが違った形や色をしていてまさに芸術作品のよう。
特にオススメなのは小高い丘からの全景が見下ろせるこのアングル!自然が織りなす美しいマーブル模様の絶景はまさにアナザーワールドです。

ウェーブを思う存分楽しみ尽くそう!

ウェーブを思う存分楽しみ尽くそう!

写真:Yamaneco M

小高い丘の上からウェーブを眺めながらの至福のランチタイムを!この絶景を目の前に食べる食事は格別に美味しく感じられます。なんとも贅沢な時間ですね。

もちろん周辺にはお店を始め何もない場所なので食糧は持参を。必ずゴミも持ち帰るようにしましょう。

ウェーブを思う存分楽しみ尽くそう!

写真:Yamaneco M

地図を見る

景色だけでも十分写真映えするウェーブですが、更にもう一歩楽しむ方法はウェーブの曲線を活かした波乗り写真撮影!
サーフィンの波乗り風にポーズしたり、立ったり座ったり寝そべったり…と楽しみ方は人それぞれ。お気に入りの曲線を見つけてとびっきりの一枚を撮影してみましょう。きっと一生の思い出になるはずです。

ウェーブを思う存分楽しみ尽くそう!

写真:Yamaneco M

地図を見る

ウェーブの思い出を刻むのに記念撮影はマスト。たどり着くまでにも絶景の道のりが続くので思いのほかバッテリーを消費してしまうことも。十分な充電と予備のバッテリーやメモリーカードの準備など万全の体制で臨みましょう!

またウェーブは1日20人限定ということもあって時間帯によってはほとんど人に会わないというケースもありますので、自分が入った写真を撮りたい場合は三脚があると非常に便利ですよ。

ウェーブに行くために大切な心得

ウェーブに行くために大切な心得

写真:Yamaneco M

地図を見る

まずは前述したように抽選に当選すること。それに加えて大事なことは、訪問日の天候に恵まれること!
ウェーブ行きの許可証はその日の0時から24時間が有効となるため、たとえ許可証を手にしていてもその日が悪天候であれば状況によっては立ち入れない場合もありえます。
いくつかの幸運に恵まれてこそ訪れることができる秘境なのです。

ウェーブに行くために大切な心得

写真:Yamaneco M

地図を見る

そしてどの季節でも念入りな準備を忘れないこと!ウェーブの標高は1585m。猛暑の時には40度を超えるため熱中症への注意が必要です。水は1人最低1ガロン(3.7リットル)が推奨されています。冬は気温が氷点下にまで下がるので防寒対策必須です。

ウェーブに行くために大切な心得

写真:Yamaneco M

地図を見る

あとひとつは自然に敬意を払うこと。こんな凄い景色があるなんて!と、地球の素晴らしさを感じさせてくれるウェーブ。この先も私たち人類が守るべき財産です。

死ぬまでに一度は行きたい場所!ザ・ウェーブ

秘境中の秘境にふさわしいザ・ウェーブの絶景いかがでしたでしょうか。ウェーブにたどり着くまではいくつもの関門が待ち受けていますが、苦労してでも行く価値のある場所です。

ぜひ皆さんも一生に一度は現地を訪れて奇跡の絶景を皆さんの目で見てくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/26−2013/12/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -