ツウ好み!ベルギー南部の世界遺産を巡るちょっとディープな旅

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ツウ好み!ベルギー南部の世界遺産を巡るちょっとディープな旅

ツウ好み!ベルギー南部の世界遺産を巡るちょっとディープな旅

更新日:2018/08/09 16:57

Miyuki Sakaiのプロフィール写真 Miyuki Sakai ビューティ・スタイル・アドバイザー

直行便の就航以来、気軽な旅が出来るようになったベルギー。ガイド本に紹介されているような各主要都市には行ったし、「ベルギー観光はもう十分かな〜。」なんて思っていませんか?そんなあなたに「ベルギー南部の世界遺産と関連施設を巡るちょっとディープな旅」のご提案。メカ好き男性やご家族にはたまらない!もちろん女性も楽しめる施設のご案内です。今までとは違った目線でベルギーを楽しんでみませんか?

これぞ船のエレベーター!

これぞ船のエレベーター!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

こちらの船のエレベーターは、ベルギー南部の「ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフト」として1998年にユネスコ世界文化遺産として登録されています。かつてはこの周辺で石炭や工業が発達しており、それを運ぶため運河が大変重要な役割を果たしていました。しかし地形上67メートルの高低差があることから、この問題を解決するために当時建設されたのが、この船のエレベーターだったのです。その中の4基は当時のままで保存状態が良く、その後「世界遺産」として登録され、今では主に観光用運河として利用されています。

実際に体感できる面白さ!

実際に体感できる面白さ!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

この船のエレベーターは、外観だけでも19世紀に造られたとは思えないほど状態が良く今でも稼働していることに圧倒されますが、特に機械的な鉄骨の骨組み具合は大変面白く、メカ好きにはたまらないでしょう。サマーシーズン時は、実際にボートツアーでこの船のエレベーターを体感することが出来るので是非体験してみたいですね!(このボールツアーにつきましては関連メモのウェブページからご確認ください。)

実際にボートに乗ってみると、非常にゆっくりではありますが水の圧力の仕組みで徐々に上がっていく様子は大変興味深く、大人も子供もドキドキで目が離せません!そして最初は高いところにあった上の運河に、船が真っすぐ繋がるのを見た瞬間に、誰もが感動するに違いありません。

実際に体感できる面白さ!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

実際に体感できる面白さ!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

もちろん船のエレベーターだけでなく、その他「跳ね橋」や「旋回橋」など特徴のある橋も次々とクルーズしながら見ることが出来、大変贅沢に楽しめる内容となっています。また当時の目的とは違いこの運河が観光用のみの使用となってからは、運河周辺の環境は静かで景色も良く、この周辺に家を建て運河の景観を楽しむ人も増えています。

<基本情報>
住所:Rue du Manoir Saint-Jean 1, 7070 Le Roeulx
電話番号:+32-078-059-059
アクセス:Thieu駅(最寄り駅)から徒歩7分

船のエスカレーターも見逃せない!

船のエスカレーターも見逃せない!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

世界遺産の船のエレベーターから少し移動した場所にあるのは、船のエスカレーター「ロンキエール/Ronquieres」。こちらは運河の高低差をエレベーターではなく、バスタブのような水槽にボートを入れてそれを車輪に載せながらエスカレーターのような動きで運んでいく仕組みとなっています。

晴れていればこちらの展望台からの見晴らしはよく、ボートを運ぶ仕組みや様子に加えて遠くの景色も見渡せ、こちらも貴重な体験が出来ます。

船のエスカレーターも見逃せない!

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

施設内の見学も通常の展示品に加え、「ロンキエール/Ronquieres」の建設や仕組みの様子はビデオと実演を交えて説明されています。あまり機械に詳しくない女性や子供でも分かりやすく上手にまとめてあり興味深く見ることが出来ます。
ベルギーの産業と水との関わり合いや高低差の克服がどんなものだったのか、また、この船のエスカレーターの活躍を知るのは面白いものです。

<基本情報>
住所:Route Baccara 1w, 7090 Ronquière
電話番号:+32-078-05-90-59
アクセス:La Louviere(ラ・ルビエール)中央駅より車で約20分

定番ではものたりない方へ

まだまだ日本では情報が少なくあまり知られていないエリアですが、一般的なツアーではいまいち物足りない、もっとディープな旅を求めている方に最適のこのコース、一度体験してみてはいかがでしょうか?

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -