お土産から掘り出し物まで!メルボルンのサンデーマーケット3選

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お土産から掘り出し物まで!メルボルンのサンデーマーケット3選

お土産から掘り出し物まで!メルボルンのサンデーマーケット3選

更新日:2018/06/13 21:42

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 1人女子旅応援サポーター、路地裏探検隊、トラベルライター、ワールドキャラバン

オーストラリア第2の都市メルボルン。ヨーロッパの雰囲気が強く残る街並みを散歩したり、おしゃれなカフェを巡ったりと、観光の楽しみ方は実にさまざまですが、ちょっとローカルな気分を味わいたいという方におススメなのが、サンデーマーケットです。

メルボルン市内でも各地で行われるサンデーマーケット。ちょっと観光客向けのものから、完全にローカルなものまで様々ですが、中でもおすすめの3つをご紹介します!

メルボルンのど真ん中!「アーツセンター」サンデーマーケット

メルボルンのど真ん中!「アーツセンター」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

まず最初にご紹介するのは、メルボルンのシンボルともされている「フリンダース駅」から徒歩5分の「アーツセンター」サンデーマーケット。「メルボルンのど真ん中」とも言える抜群のアクセスもあって、メルボルンに滞在する多くの観光客が訪れます。

メルボルンのど真ん中!「アーツセンター」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「フリンダース駅」からは、真っ白な高いタワーを目指して歩いていきましょう。アーツセンターは名前のとおり普段は芸術関係のイベントを行う場所ですが、毎週日曜日になると多くの屋台が軒を連ねます。

オーストラリアのお土産グッズからちょっとした生活雑貨、さらに多国籍な屋台も並び、まさにインターナショナル。観光客に大好評のサンデーマーケットです。

メルボルンのど真ん中!「アーツセンター」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

会場の中央にある広場では、バンドによる演奏などのイベントも行われており、多くの人がご飯片手にここでまったりと過ごします。特に晴れた日には日向ぼっこをしながらのんびりと過ごすのも素敵ですね!

<「アーツセンター」サンデーマーケットの基本情報>
住所:Alexandra Ave, Southbank VIC
アクセス:フリンダース駅から徒歩約5分
オープン時間:10時〜16時

ビーチ沿いのリゾート地区!「セイント・キルダ」サンデーマーケット

ビーチ沿いのリゾート地区!「セイント・キルダ」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

続いてご紹介するのは、メルボルンからバスやトラムで約20分、リゾートエリアとしても名高い「セイント・キルダ」のサンデーマーケット。こちらのマーケットの最大の特徴は、何と言っても海沿いの開放的な雰囲気。リゾートエリアの名にふさわしく、南国気分すら漂うとっても素敵なマーケットです!

リゾートエリアということもあり、お店はやはり観光客向け。それでも市内中心部ではなかなか見れないようなおしゃれなアート作品や、一味変わったお土産もたくさん売られています。

ビーチ沿いのリゾート地区!「セイント・キルダ」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「セイント・キルダ」サンデーマーケットは端から端までゆっくり歩いても10分ほどの規模ですが、その端にある存在感抜群の建物が、メルボルン随一の観光名所にも挙げられる遊園地「ルナパーク」です。

中にはジェットコースターや子供向けの乗り物など、たくさんの乗り物があり、入場だけのチケット、一回乗り物券、ワンデーパスと、楽しみ方も様々!絶叫好きの方はオーストラリアのジェットコースターに挑戦してみるのも素敵ではないでしょうか?

ビーチ沿いのリゾート地区!「セイント・キルダ」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「ルナパーク」とは反対側の端には、こちらもメルボルン随一の観光名所「セイント・キルダ埠頭」があります。海に突き出した一本道はお散歩にもぴったりで、埠頭の奥はペンギンが現れるスポットとしても知られています!ぜひマーケットを楽しんだ後に、夕日を眺めながらお散歩をしてみてはいかがでしょうか?

<「セイント・キルダ」サンデーマーケットの基本情報>
住所:The Esplanade, St Kilda VIC
アクセス:メルボルン中心部からトラム3/3a、16、96番で約20分。「エスプラネード(The Esplanade)」駅目の前。
オープン時間:10時〜16時

メルボルンっ子が集う蚤の市!「キャンバ−ウェル」サンデーマーケット

メルボルンっ子が集う蚤の市!「キャンバ−ウェル」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

最後にご紹介するのは、地元メルボルンっ子が集まる「キャンバ−ウェル」サンデーマーケット。こちらのマーケットは蚤の市としての要素が強く、普段は駐車場として使用されているスペースに、所狭しと多くのブースが並びます。

メルボルンっ子が集う蚤の市!「キャンバ−ウェル」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

中でもやはり目を引くのは、古着の数々。出店ブースにもよりますが、お値段も非常に安く、中には「全品1ドル!」なんてブースも。さらに売っているのはほとんどが個人のブースなので、値段交渉も醍醐味の一つかもしれません。

マーケットが終了する12時半が近づくと、多くのブースが最後の値下げセールを行います。人気のブースは多くの人でごった返しますが、ぜひ目当ての商品を手に入れてくださいね!

メルボルンっ子が集う蚤の市!「キャンバ−ウェル」サンデーマーケット

写真:さかた のぞみ

地図を見る

古着以外にもアンティークなグッズや昔の貨幣など、蚤の市ならではのレトロな品もたくさん!ここでしか手に入らないような掘り出し物もたくさんありますので、ぜひゆっくりと巡ってみてください!

<「キャンバーウェル」サンデーマーケットの基本情報>
住所:Market Pl, Camberwell VIC
アクセス:キャンバーウェル駅から徒歩約3分
オープン時間:7時〜12時30分

定番のお土産も掘り出し物も!メルボルンのサンデーマーケットへ出かけよう!

いかがでしたでしょうか?同じサンデーマーケットでも、観光客向けのものから地元向けのものまで実に幅広く、売っているものも定番のお土産からそこでしか手に入らないような掘り出し物まで様々です!また、地元の方とも触れ合えるサンデーマーケットを巡れば、普段の観光とはまた一味違ったオーストラリアの顔が見えてくるのではないでしょうか。

ぜひあなたもメルボルンのサンデーマーケットで、あなたらしいスタイルに合わせたお買い物を楽しんでみませんか?

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -