ブレーメンの可愛いがいっぱい!「シュノーア地区」でお土産探しや地元のグルメを!

ブレーメンの可愛いがいっぱい!「シュノーア地区」でお土産探しや地元のグルメを!

更新日:2018/06/28 15:42

car minのプロフィール写真 car min ドイツ在住旅行ブロガー
グリム童話「ブレーメンの音楽隊」でも知られているドイツのブレーメン。世界遺産に指定された美しい市庁舎もあり、観光地としても人気の町です。その中でも「シュノーア地区」には、音楽隊グッズや可愛い雑貨の店、ローカルグルメを楽しめるレストランやカフェなどが勢揃い!ブレーメン観光で人気の地区をご紹介します。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

迷路のような路地に可愛いお店が

迷路のような路地に可愛いお店が

写真:car min

地図を見る

ブレーメンは、北ドイツに位置するメルヘン街道の終着点。中世後期には、ヨーロッパ北部の経済圏を支配したハンザ同盟の中心都市として栄えました。その、ブレーメンの中で最も古い地区が「シュノーア地区」(Schnoor-viertel)。

人がすれ違いできない程の狭い路地もあり、お店を見ながら歩いていると迷路のように感じるほどです。木組みの家や装飾を凝らしたショップもあり、思わず「可愛い!」と言ってしまうかもしれません。

迷路のような路地に可愛いお店が

写真:car min

地図を見る

「シュノーア地区」には、15、16世紀に建てられた小さな間口の家が、路地に所狭しと並んでいます。ドイツ語で「ひも」の意味の「シュヌーア」(Schnur)がこの地方の方言で「シュノーア」(Schnoor)となりました。この地域に、漁師向けのロープ作り職人が住んでいたからだとか、街並みが、紐に通った真珠のように並んでいるからとの云われがあります。

種類豊富な「ブレーメンの音楽隊」グッズを

種類豊富な「ブレーメンの音楽隊」グッズを

写真:car min

地図を見る

「シュノーア地区」には入り組んだ路地にも小さな家々が並び、雑貨店、カフェやレストランとして営業しています。通り過ぎた店にもう一度行こうと思っても迷ってしまうかも。気になったお店があれば、時間の許す限り、その都度覗いてみるのがお勧めです。

種類豊富な「ブレーメンの音楽隊」グッズを

写真:car min

地図を見る

ブレーメンを訪れたなら、「ブレーメンの音楽隊」グッズは見逃せません!この「シュノーア地区」のお店には、多彩な音楽隊グッズが並んでいます。木製のオーナメントやマグネット、マグカップなどもあり、柄違いで種類がある布製のエコバックは人気のお土産。「ブレーメンの音楽隊」の絵本も、色々な言語バージョンが揃っていて日本語のものも。ドイツ語バージョンは、本場ブレーメンならではの記念になりそうです。

ブレーメン銘菓をお土産に

ブレーメン銘菓をお土産に

写真:car min

地図を見る

「シュノーアのパンとブレーメン銘菓」(Baeckerei im Schnoor & Bremer Spezialiaeten)の「ブレーマー クラベン」(Bremer Klaben)は、フレッシュバターを白ワインで味付けし、レーズン、砂糖漬けのオレンジピールを生地に練り込んだ伝統菓子。クリスマスの伝統菓子シュトーレンに似ていますが、それよりジューシー感があり、日持ちもするのでお土産にも適しています。

ブレーメン銘菓をお土産に

写真:car min

地図を見る

店内にはその他、バター、シナモンで味付けしたラスク、「ブレーマー カフェブロート」(Bremer Kaffeebrot)や、ミルクチョコレートにヌガットを加え、ローストしたヘーゼルナッツをまぶした「シュノーアクラー」(Schnoorkuller)などもあり、音楽隊マークが入ったパッケージに包装されているので、お土産としてまとめ買いにもいいですね。


<基本情報>
住所:Am Landherrnamt 7, 28195 Bremen
電話番号:+49-421-324532
アクセス:市庁舎があるマルクト広場から徒歩4分
営業時間:月〜金:7時〜18時、土:9時30分〜16時30分

100種類以上のきらきらしたキャンディーが

100種類以上のきらきらしたキャンディーが

写真:car min

地図を見る

「ブレーマー ボンボン」(Bremer Bonbon Werkstatt)は、ラベンダー色の車と大きなキャンディーの看板が一際目を引くお店。このお店には工房が併設されていて、キャンディー作りを間近に見ることができます。4人以上なら、オリジナルのキャンディーが作れるワークショップに参加することも可能。

100種類以上のきらきらしたキャンディーが

写真:car min

地図を見る

そして、この「ブレーマー ボンボン」には100種類以上のキャンディーが勢揃い!お店に入った途端、甘い匂いに包まれ、万華鏡のようにきらきらしたキャンディーが目に飛び込んできます。味見もできるので、気に入った味を見つけてくださいね。可愛いグラスに入っているのも、見逃せないポイントです。


<基本情報>
住所:Marterburg 30, 28195 Bremen
電話番号:+49-421-36491231
アクセス:市庁舎があるマルクト広場から徒歩7分
営業時間:月〜土:11時〜18時、日:12時〜17時

郷土料理を味わえるレストラン

郷土料理を味わえるレストラン

写真:car min

地図を見る

「クライナー オリンプ」(Restaurant Kleiner Olymp)は、北ドイツやブレーメンの郷土料理が味わえるレストラン。口コミサイト等でも上位に位置している人気店で、この店で生産されているピルスナータイプのダークビールも、味わってみたい一品です。

郷土料理を味わえるレストラン

写真:car min

地図を見る

1963年から続く店内は、ノスタルジーを感じるような古い造り。少し剥げたようなしっくいの壁や、白い枠がアクセントになっている出窓など、料理が出てくる間、店内に座ってゆっくり観察するのも楽しいでしょう。

郷土料理を味わえるレストラン

写真:car min

地図を見る

郷土料理「ブレーマー ラプスカウス」(Bremer Labskaus)は、ブレーメン発祥の漁師料理で、コーンビーフに刻んだジャガイモや玉ねぎを混ぜて味付けされた物。目玉焼きが上に載っているのが特徴で、付け合せにニシンやピクルスも。

その他にも、大きなソーセージを輪切りにした「ブレーマー クニップ」(Bremer Knipp)なども有名です。

<基本情報>
住所:Hinter der Holzpforte 20, 28195 Bremen
電話番号:+49-421-326667
アクセス:市庁舎があるマルクト広場から徒歩7分
営業時間:月〜日:11時〜23時

個性的なショップが並ぶ散策の楽しい地区

ブレーメンには、世界遺産の市庁舎とローラント像や文化芸術が集まるベトヒャー通りなど見所がたくさんあります。

その中で、今回ご紹介した「シュノーア地区」は、雑貨、衣類、お土産などのショップとカフェやレストランが集中している場所なので、ブレーメン訪問時には、ぜひ訪れたい場所。また、日曜日にはお店が閉まってしまうドイツですが、この「シュノーア地区」は日曜の11時から16時まで開いているお店もあるので、時間が限られた旅行者には嬉しいですね。

<シュノーア地区 基本情報>
住所:Schnoor, 28195 Bremen
アクセス:ブレーメン中央駅より徒歩16分

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/22−2018/04/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -