神話の舞台を体感!出雲大社から車で5分「奉納山公園」

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神話の舞台を体感!出雲大社から車で5分「奉納山公園」

神話の舞台を体感!出雲大社から車で5分「奉納山公園」

更新日:2018/07/09 16:57

伊都 をかしのプロフィール写真 伊都 をかし 旅ライター

「奉納山公園」は、出雲大社と稲佐の浜の間にある小さな山の上の公園です。山頂の展望台からの眺めはまさに絶景!目の前に国引き神話や国譲り神話の稲佐の浜、美しい曲線を描いて続く海岸線、そして遠くには三瓶山が一望できます。

観光客に大人気の出雲大社と稲佐の浜の間にあるにもかかわらず、なぜか穴場スポットでもあります。出雲観光の際にはぜひ立ち寄って、神話の舞台が体感できる絶景を独り占めしてください。

歩いて登る?車で登る?

歩いて登る?車で登る?

写真:伊都 をかし

地図を見る

「奉納山公園」は、奉納山の山頂にある小さな公園です。標高は75mの小さな山ですが、展望台から「国引き神話」「国譲り神話」の舞台を一望できます。


「奉納山公園」までは、出雲大社から歩いて20分くらい。でも、後半の10分はかなり坂道を登ることになります。その代わりと言ってはなんですが、途中にある出雲阿国のお墓や於国塔を見学することができますよ。

車だとほんの5分くらいです。山頂への道は舗装されていますが、とても狭いですので運転にはご注意くださいね。山頂には3、4台止められるくらいの駐車スペースがあります。歩いて登るか、車で登るか、体調やお時間に合わせて選ぶといいですね。

桁外れにスケールの大きい「国引き神話」

桁外れにスケールの大きい「国引き神話」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「国引き神話」は「出雲国風土記」の中にある神話で、“出雲の神様が出雲の国が小さいので、海の向こうの新羅の国を切り取り、綱をかけて引いてきた”という、桁外れにスケールの大きなお話です。

引いてきた土地が日御碕のあたりで、引くときに使った綱が薗の長浜、引いてきた土地が動かないようにと止めた杭が三瓶山です。

もしかしたら、ここから海や山を眺めていて、こんなお話を思いついたのでしょうか?海の向こうの国を切り取るとか、切り取った国に綱をかけて引っ張ってくるなんて発想、壮大というかダイナミックというか、大昔の人たちの想像力って本当に豊かですね。

桁外れにスケールの大きい「国引き神話」

写真:伊都 をかし

地図を見る

展望台に登ると、目の前に広がるのは国譲り神話の舞台である「稲佐の浜」。誰が出雲の国を治めるのか、神様たちが交渉したという浜辺ですね。「稲佐の浜」は、一年に一度全国から出雲大社に集まって来られる神様たちが上陸される浜辺でもあります。

八百万の神様たちがこの浜辺に続々と集まってこられる様子を想像するだけで、いっぱいパワーをもらえそうですね。

桁外れにスケールの大きい「国引き神話」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「稲佐の浜」から南に美しい曲線を描いて伸びている海岸線が「薗の長浜」。確かに細く長く続いている白浜は細長い綱のようにも見えますが、この景色から海の向こうの国を引っ張ってきてしまうお話を思いつく発想力は、やはりすごいですね!

技術・勝負の神様「出雲手斧神社」

技術・勝負の神様「出雲手斧神社」

写真:伊都 をかし

地図を見る

奉納山公園には技術・勝負の神様を祀る「出雲手斧神社」もあります。とっても小さなお社ですが、出雲大社の造営に奉仕された神様で、建築業者の守護神として霊験あらたかな神様です。

「出雲手斧神社」の後ろにはご神木があって「白龍大神」がお祀りされています。“病気平癒、災難除、所願成就、一心にお願いすれば願い事をかなえられる”という頼もしい神様です。

神様の国・出雲を訪れるときには、ぜひとも立ち寄ってもらいたいパワースポットのひとつです。

奉納山公園の基本情報

住所:島根県出雲市大社町杵築北3072-1
電話番号:0853-53-2112(出雲観光協会)
アクセス:出雲大社から徒歩20分 車で5分

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -