これぞ中国的発想!北京・国家スタジアムの天井を歩く!?

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これぞ中国的発想!北京・国家スタジアムの天井を歩く!?

これぞ中国的発想!北京・国家スタジアムの天井を歩く!?

更新日:2018/06/15 15:06

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表
記憶に新しい北京オリンピック2008。その主役的建造物ともいえる国家スタジアム(通称「鳥の巣」)を覚えている方も多いでしょう。なんと、この国家スタジアムの上に登れます。登るといっても4階席や5階席ではなく、ほんとに「鳥の巣」を形成する屋根の上に登れるのです!日本だったら考えられませんが、何でも上手に商売にするのが中国の強み。国家スタジアム内のVIP専用スペースの見学と合わせてその魅力にせまります。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「鳥の巣」&「水立法」とは

「鳥の巣」&「水立法」とは

写真:Yuma A.

地図を見る

2008年の北京のオリンピックのメイン会場となった国家スタジアムはそのユニークな設計から「鳥の巣」と呼ばれています。スタジアムのあるオリンピック公園は広大なエリアで様々な建築物が存在しますが、やはりひときわ目を惹くのがこの「鳥の巣」ですね!公園内各所に入場のためのチケットオフィスがあり、写真の手前にある赤い施設もそれです。まずはチケットを購入しましょう。

「鳥の巣」&「水立法」とは

写真:Yuma A.

地図を見る

「鳥の巣」に入るにはチケットが必要ですが、後述するVIP専用施設見学やスカイウォークの料金と合わせてセットになっているのが水泳競技施設(通称「水立法」)の入場料です。水色の建物で真四角の独特のカタチ(近く見ると少しでこぼこしている)ですね。これら「鳥の巣」も「水立法」も外から見る分には無料です。

「鳥の巣」&「水立法」とは

写真:Yuma A.

地図を見る

ちなみに先にネタばれしますが、「水立法」の中はフードモールと水泳場になっています。何も食べない、別に泳がない、という人にとってはあまり面白い施設ではありません。ただセットチケットに入場料が含まれているので水着を持参していくのも手ですが・・・。やはりここの主役は「鳥の巣」ですね。

スタジアムは巨大!

スタジアムは巨大!

写真:Yuma A.

地図を見る

まず国家スタジアムに適当なエントランスから入ったら、中心部に向かって歩きましょう。すぐに巨大なスタジアム席に囲まれたグラウンドが見えてきます。テレビジョンには五輪当時の開催式の映像が流されたりしますので、席に座ってじっくり見るのもいいでしょう。

VIP専用施設を見学

VIP専用施設を見学

写真:Yuma A.

地図を見る

国家スタジアムは丸い設計ですので、左周りでも右周りでもどちらでも良いのですが、内部を歩いていると「貴賓開放」の文字のあるエントランスを発見できると思います。ここからスタジアム内にあるVIP専用の施設に入っていきます。まずその専用エスカレーターからして金ぴか!

VIP専用施設を見学

写真:Yuma A.

地図を見る

天井も金ぴか!VIP施設内では京劇も別料金で見られますので、興味のある方はどうぞ。なおエスカレーターの誘導にしたがって各施設に案内されますので、迷うことはありません。順番にVIPになったつもりで見学しましょう。

VIP専用施設を見学

写真:Yuma A.

地図を見る

そして国家主席が各国の貴賓をもてなすこの部屋は土足厳禁(靴の上から袋を履かされます)。この部屋を見た後、上に登りたいとスタッフに言うとチケットを確認したうえでエレベーターに案内され5階に移ることになります。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

これぞ中国。ここに道つくっちゃう!?

これぞ中国。ここに道つくっちゃう!?

写真:Yuma A.

地図を見る

5階に上がると「鳥の巣」を形成する鉄骨やワイヤーを間近に見ることができます。非常に複雑な設計(設計者はスイス人建築家)になっていることがわかりますね。この鉄骨(コンクリ骨!?)の上にこれから登ります。「頂美入口(トップワンダー)」と書かれている案内板に従い別のエレベーターと階段を使ってさらに上に登っていきます。

これぞ中国。ここに道つくっちゃう!?

写真:Yuma A.

地図を見る

そして登ってきました、屋根の上に。すごい眺めです。ちょうどスタジアムの真ん中に穴が開いているので、上から見下ろすカタチになります。高所作業員でもない限りスタジアムの屋根に登るなんて機会はないですよね。

これぞ中国。ここに道つくっちゃう!?

写真:Yuma A.

地図を見る

このスカイウォーク(正式名は「トップワンダーエアコリドー」)はどういう構造になっているのか、というと写真の奥に見えるような鳥の巣の鉄骨の上にジグザグに手すりを設けてコースを設置することで成り立たせているんですね。

確かに頑丈な構造物ですから、登るのも平気でしょうけど本当にコースを作ってしまい料金をとってビジネスにするところが商売上手な中国的発想ですよね。

眺めは抜群!360度の大展望!

眺めは抜群!360度の大展望!

写真:Yuma A.

地図を見る

この屋根の上のコースは鳥の巣の上部をちょうど半周するよう作られており、ところどころに展望台が設けてあります。歩くたびに眺望が変わるので飽きることはありません。また夏場でも良い風が抜けて涼しいので、居心地も快適です(冬場は逆に地獄!?)。

眺めは抜群!360度の大展望!

写真:Yuma A.

地図を見る

広大なオリンピック公園の敷地もこの通り一望できます。左側の通信塔や奥のオリンピックタワー(観光塔)なども眺めることができ、近未来都市的な風景が楽しめます!ちなみに右下にある筒状のモニュメントこそが鳥の巣から取り外された聖火台です。小さく見えますがあれで48mの高さがあります。

眺めは抜群!360度の大展望!

写真:Yuma A.

地図を見る

そして、そういった説明のパネルもこの屋上にあります。ということはここに登った人間のみの役得!?でしょうか。

ちなみに「鳥の巣内のVIP施設見学」と「水立法」で110元、これにスカイウォークを加えて140元ですので、30元(約500円)の違いで屋上に登れるか否かが決まります。間違って110元のほうのセットチケットを買ってしまわないよう注意してくださいね。

それでは気をつけていってらっしゃいませ〜。

国家スタジアム(北京)の基本情報

住所:北京市朝陽区国家体育場南路1号
電話:+86-10-8437-3008
アクセス:北京市地下鉄8号線「奥体中心」または「奥林匹克公園」から徒歩約10分

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -