鹿児島郷土料理の名店!熊襲亭で地産地消の伝説の薩摩料理を頂く

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鹿児島郷土料理の名店!熊襲亭で地産地消の伝説の薩摩料理を頂く

鹿児島郷土料理の名店!熊襲亭で地産地消の伝説の薩摩料理を頂く

更新日:2014/04/07 17:52

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

さつま芋、さつま揚げ、さつま汁など、日本の食卓でおなじみの鹿児島の食。最近では黒豚料理も人気です。でも、せっかく鹿児島に行ったら、鹿児島の郷土料理専門店で、本格的な薩摩料理を楽しみませんか。熊襲亭は、地元の人一押しの正調さつま料理の名店です。宝石のようなキビナゴの刺身に地鶏のたたき、自家製黒豚生ハム、箸で切れるとろっとろの黒豚の角煮と、ここでしか食べられない逸品ばかり。鹿児島焼酎も充実しています。

地元の人が鹿児島随一という店で、正調さつま料理のコースを食べてみる

地元の人が鹿児島随一という店で、正調さつま料理のコースを食べてみる

写真:水津 陽子

地図を見る

鹿児島市内には幾つか、薩摩料理専門店がありますが、その中でも熊襲亭は、正調さつま料理の名店として知られています。地元の人におススメの店を尋ねると、迷わずこの店の名を口にします。

ここは、伝説のさつま料理を一度に味わえる会席コースが充実。肉や魚、野菜は地産地消の食材を基本としています。新鮮な魚を使ったあつあつのさつま揚げなど、素材を活かしたメニューが並びます。写真は自家製の黒豚生ハムです。

鹿児島で酒といえば焼酎を指しますが、ここは鹿児島県産本格芋焼酎のほか、奄美諸島の黒糖焼酎なども取りそろえています。店内には鹿児島に数百あるといわれる焼酎銘柄から選ばれた代表100銘柄のマップが貼られています。鹿児島の食にはやはり、鹿児島の酒が合います。スタッフさんに相談すると好みの酒をアドバイスしてくれます。

身が締まってコリコリした、絶品さつま地鶏のたたきは、自家製ポン酢で

身が締まってコリコリした、絶品さつま地鶏のたたきは、自家製ポン酢で

写真:水津 陽子

地図を見る

秋田比内鶏、名古屋コーチンと並び、日本三大地鶏に数えられるさつま地鶏は身がよく締まって、コリコリした食感が特色です。野菜を与えられて育つため、歩く野菜とも呼ばれています。

タレは、自家製ポン酢かお醤油どちらでもいけますが、この自家製ポン酢、肉に劣らず極上の味です。是非、この肉とタレの最高のコラボをお楽しみください。

ピカピカ銀色に輝く!鹿児島近海で獲れた新鮮なキビナゴの刺身!

ピカピカ銀色に輝く!鹿児島近海で獲れた新鮮なキビナゴの刺身!

写真:水津 陽子

地図を見る

まるで宝石のようにピカピカ輝く、キビナゴの背は鮮度あっての賜物です。刺身用のキビナゴは、キビナゴ捌き歴20年のスタッフが、一尾ずつ手開きしたもの。特製カラシ味噌で頂きます。

名物の黒豚とんこつは、骨付きあばら肉をじっくり煮込み、箸でも切れる

名物の黒豚とんこつは、骨付きあばら肉をじっくり煮込み、箸でも切れる

写真:水津 陽子

地図を見る

黒豚とんこつ(鹿児島の豚の角煮料理)は、肉付きのあばら肉を3時間以上じっくり煮込んだ、300年の歴史を誇る鹿児島の名物料理。箸でも切れる、とろっとろの食感。独特のなんともいえない味わいは、黒砂糖と焼酎、味噌、ショウガで仕上げたものとか。

是非とも、一度味わって頂きたい逸品です。

気軽なランチコースから、鹿児島のご当地料理を是非一度お試しください

気軽なランチコースから、鹿児島のご当地料理を是非一度お試しください

写真:水津 陽子

地図を見る

熊襲亭の正調さつま料理のコース料理は、3000円から用意されています。今回ご紹介しているコースは正調さつま料理の4000円のコースです。

4000円のコースには、突出し、きびなごの刺身、地鶏またはかつおのたたき、さつま揚げ、小鉢、黒豚とんこつ、自家製黒豚生ハム、季節のご飯、さつま汁、香の物、デザートがついてきます。プラス500円すると、黒豚生ハムをしゃぶしゃぶに替えることもできます。

このほか、コース料理には黒豚しゃぶなどのコース、気軽に利用できるランチコースもあります。ランチコースは1500円から3000円で頂けます。

季節により混み合うことも、確実に席を確保したいときはご予約を。

お店は季節によっては、混み合う日もあります。どうしても利用したいという場合は、予約しておくと確実です。

ちなみに、隣には同じく薩摩料理の「さつま路」もあります。ぶらりと行って、席が取れないときは、こちらでも。こちらもおススメのお店です。それぞれ個性があり、食べ比べも楽しいです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -