はじめてのベトナム!ハノイ&ホーチミン3泊4日観光モデルコース

はじめてのベトナム!ハノイ&ホーチミン3泊4日観光モデルコース

更新日:2018/08/07 11:23

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター
台湾や香港を卒業したら、フランス文化が色濃く残るベトナムはいかがですか?遠いようで意外と近いベトナム。フォーやバインミーなどのベトナム料理、かわいい雑貨、熱気ある街、オシャレなカフェなど、女子旅を満足させる要素がいっぱい!
成田や関空からも直行便が出ていますので、アクセスも楽々。最近ではLCCの直行便も。今回はハノイイン、ホーチミンアウトのモデルコースをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1日目午後:安くて美味しい!ハノイのグルメ

1日目午後:安くて美味しい!ハノイのグルメ

写真:東郷 カオル

地図を見る

今回のハノイ・ホーチミンの旅では、ハノイ2泊ホーチミン1泊の3泊4日スケジュールをご紹介。ホーチミンは1泊と短く感じるかもしれませんが、深夜のフライトを利用すれば最終日は丸一日楽しめます。

空港からハノイ中心地まで来たら、まずは腹ごしらえ。1食目は気軽に屋台で食べられるバインミーはいかがですか?

ベトナムはかつてフランス統治下にあったため、フランスパンが絶品!バインミーはどのお店も工夫を凝らしていて美味しいのですが、旧市街のバインミー25が観光客に人気。

<バインミー25の基本情報>
住所:25 Hang Ca Street Hoan Kiem District, Hanoi

1日目午後:安くて美味しい!ハノイのグルメ

写真:東郷 カオル

地図を見る

物価が安いベトナムでは、ちょっとお高そうなレストランのディナーも以外とリーズナブルに楽しむことができます。「ホームベトナミーズレストラン」は西湖の近くにある外国人からも人気の一軒家レストラン。ホアンキエム湖からは2Kmくらいですので、タクシーを利用するといいでしょう。ホアンキエム湖の東の大通りをひたすら真っすぐ北上すると近くまで行けますので、その大通りを走る路線バスにチャレンジするのも楽しいですよ。

<ホームベトナミーズレストランの基本情報>
住所:34 Chau Long Street Ba Dinh District, Hanoi
電話番号:+84-24-3939-2222

1日目午後:安くて美味しい!ハノイのグルメ

写真:東郷 カオル

地図を見る

ベトナム料理は日本人の口にあいますので、どのメニューを頼んでも大はずれをするということはないでしょう。生春巻き、揚げ春巻き、エビの炒め物、青パパイヤのサラダ、空心菜の炒め物、どれも美味。

1日目夜:ハノイ観光の中心、ホアンキエム湖散策

1日目夜:ハノイ観光の中心、ホアンキエム湖散策

写真:東郷 カオル

地図を見る

ハノイ観光の中心はホアンキエム湖(還剣湖)。湖の北側には旧市街が広がり、観光客は必ず訪れるエリアと言っても過言はありません。

湖にはパワースポットの玉山祠があり、橋で渡ることができます。島には人の大きさほどもある巨大な亀の剥製が置かれています。亀は、かつて中国との戦争でベトナムの国王に剣を授けた神の使いだと信じられていて、ベトナムでは特別な生き物なのだとか。

週末は夜もお参りが可能で、多くの観光客が訪れてライトアップされた門の前で記念撮影を楽しんでいます。

<玉山祠の基本情報>
場所:ホアンキエム湖

1日目夜:ハノイ観光の中心、ホアンキエム湖散策

写真:東郷 カオル

地図を見る

旧市街はパワーあふれる賑やかなエリア。小さな通りをバイクが走り抜け、夜にはナイトマーケットが始まり大混雑。雑貨や工芸品を見て回るのも楽しい時間です。

<ナイトマーケットの基本情報>
場所:ホアンキエム湖北側一帯

2日目:ベトナムの生活・歴史・文化に触れる時間も

2日目:ベトナムの生活・歴史・文化に触れる時間も

写真:東郷 カオル

ハノイはホーチミンと比べると生活感あふれる古い町並みが魅力。昔ながらの景色が残る小さな道では地元の人々の生活の一部をかいま見られるのも旅の楽しみのひとつ。写真のように、線路も生活の一部。

2日目:ベトナムの生活・歴史・文化に触れる時間も

写真:東郷 カオル

地図を見る

歴史を感じさせられる遺跡や施設・建物も多くあります。建国の父ホーチミンの眠るホーチミン廟もぜひ見学を。ホーチミン廟では旧ソの技術でかつての姿のまま安置されるホーチミンの姿を見ることができます。私語厳禁ですのでご注意ください。

写真は世界遺産に登録されているタンロン遺跡(旧ハノイ城跡)。かつての王朝時代の城跡です。敷地が広く、今もなお発掘調査が行われています。細かく見学すると数時間かかりますので、ある程度目星をつけて見学するといいでしょう。

2日目:ベトナムの生活・歴史・文化に触れる時間も

写真:東郷 カオル

地図を見る

遺跡に隣接するベトナム軍事歴史博物館の一角に建つフラッグタワーも世界遺産に登録されています。時間が許せばこちらもどうぞ。

広い遺跡や博物館を歩き疲れたらすぐそばにあるハイランズコーヒーフラッグタワー店で、甘〜いベトナムコーヒーを。

3日目:ホーチミンの中心、ドンコイ通り散策

3日目:ホーチミンの中心、ドンコイ通り散策

写真:東郷 カオル

地図を見る

3日目はできれば午前中の便でホーチミンに向かいましょう。フランス人建築家によるヨーロッパの駅のようなサイゴン中央郵便局、ネオ・ゴシック様式のサイゴン大教会(予定では2019年末まで工事中)、2000軒以上の店が集まるベンタイン市場など、ドンコイ通り周辺の見どころを中心に観光を。

ちなみに「サイゴン」というのは、ベトナム戦争終結前のホーチミンシティの呼び名。今でも建物の名前や川の名前、新しくできるお店の名前にさえ使われています。

<サイゴン中央郵便局の基本情報>
住所:2 Cong Xa Paris, Dist.1

3日目:ホーチミンの中心、ドンコイ通り散策

写真:東郷 カオル

地図を見る

ドンコイ通りからベンタイン市場に向かう途中に高島屋があります。ここの地下のアンナムグルメマーケットにはクオリティの高い食料品が揃っていますのでグルメ系のお土産探しに最適。

ダナン発祥のフェーヴァチョコレートも出店。味もさることながら、パッケージがとってもかわいくて、お土産に大人気。格安でハイクオリティなチョコレートが購入できますよ。

3日目:ホーチミンの中心、ドンコイ通り散策

写真:東郷 カオル

お土産探しはベンタイン市場やドンコイ通りで。市場のほうが安いですが価格交渉はお忘れなく。誰かのお土産として購入するならドンコイ通りのショップのほうがクオリティ的にはおすすめです。

美しい刺繍が施されたバッグやポーチ、カラフルなビーズでデコられたサンダルもカワイイですよ。

4日目:ホーチミンのオシャレエリア2区へ

4日目:ホーチミンのオシャレエリア2区へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

時間が許せば、サイゴン川を挟んだ向こう側の2区へ。この辺りはホーチミンきっての高級住宅街で、在住欧米人の多いエリア。サイゴン川沿いに雰囲気の良いオシャレなカフェやレストランが点在します。

4日目:ホーチミンのオシャレエリア2区へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

写真のお店は川沿いにある人気店ザ・デック・サイゴン。予約をしてお出かけください。

価格はベトナムにしては高めですが、日本の予算感で楽しめるお店です。テーブルにはロータス(蓮)が飾られ、カクテルもコーヒー豆をあしらったマティーニなんてオシャレなものも。

<ザ・デック・サイゴンの基本情報>
住所:38 Nguyen U Di Thao Dien, Ho Chi Minh City District 2
電話番号:+84-8-3744-6632

4日目:ホーチミンのオシャレエリア2区へ

写真:東郷 カオル

帰国前には旅の疲れを癒すべく、スパを利用しましょう。高級ホテルのラグジュアリースパから、街中のリーズナブルスパまで様々。

深夜便利用ですと、夕方にシャワー付きのスパを利用してフライトで睡眠をとって翌朝そのまま出社!なんて、会社をあまり休まずにこっそりベトナム旅行も可能です。

イマドキの「安・近・短」、ベトナムへ!

これまで「近場の海外」として認識されていなかったベトナムですが、ホーチミンやハノイへは東京や大阪から直行便、しかもLCCも就航していますし、平日フルタイムで働いていても、連休や有給を組み合わせれば意外と少ない日数で楽しめる今オススメの都市。フライトスケジュールもあまり無駄がありませんし、とにかく物価が安く食べ物が美味しいのが魅力です。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/07−2018/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -