特急「A列車で行こう」ジャズが流れるバーで絶景眺め、天草へ!

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

特急「A列車で行こう」ジャズが流れるバーで絶景眺め、天草へ!

特急「A列車で行こう」ジャズが流れるバーで絶景眺め、天草へ!

更新日:2014/03/18 14:27

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

九州観光列車「A列車で行こう」は熊本駅と天草観光の玄関口、三角駅を結ぶ特急列車です。黒と金色のエキゾチックな車体は、16世紀天草に伝わった南蛮文化をテーマとしています。A-TRAIN BARと名付けられたバーには、天草の教会文化を思わせるステンドグラス。ジャスが流れる中、ゆったりとしたベンチやソファ席で有明海の絶景を眺め、名物のデコポンハイボールを傾ける。そんな極上の鉄道旅はいかがでしょうか。

美しき車体にうっとり!旅立ち前からワクワクする、洗練された上質さ

美しき車体にうっとり!旅立ち前からワクワクする、洗練された上質さ

写真:水津 陽子

地図を見る

数ある九州観光列車の中でも、洗練された車体デザインと大人を唸らせるインテリアで知られる特急「A列車で行こう」。出発前のホームでは、記念写真を撮る人が絶えません。車体にあるAのマークは、記念乗車証のスタンプの絵柄にもなっています。

A列車のAは天草の頭文字をとったもの。特急「A列車で行こう」は、熊本駅から、天草観光の玄関口、三角駅を42分で結びます。普段であれば、移動時間はできるだけ短く、より早く目的地に着くことを求めますが、この列車は別です。42分は短すぎて、もっと乗っていたいと思います。

大人はジャズが流れるA-TRAIN BARで、名物デコポンハイボールを!

大人はジャズが流れるA-TRAIN BARで、名物デコポンハイボールを!

写真:水津 陽子

地図を見る

A列車で行こうの1号車には、A-TRAIN BARと名付けられたバーがあります。車内で流れるBGMは、ジャズの名曲「A列車で行こう」。バーカウンターやベンチやソファ席には、ステンドグラスが配されています。

バーの人気メニューは名物のAハイボール。熊本のデコポンを使ったハイボールです。お酒を飲まない人には、天草焼きドーナツや地アイスなどのスイーツメニューも用意されています。また、A列車関連グッズのキーホルダーや携帯ストラップなどもあります。

Aハイボール(デコポンハイボール)500円
天草焼きドーナツ 200円
あまくさ地アイス「塩バニラ」250円
※金額は取材時のものです。

A-TRAIN BARと一体となった1号車。大きな窓には有明海の絶景が映る!

A-TRAIN BARと一体となった1号車。大きな窓には有明海の絶景が映る!

写真:水津 陽子

地図を見る

特急「A列車で行こう」は2両編成です。1号車の半分は、A-TRAIN BARです。バーカウンターの前にあるベンチ席とソファ席に座れば、まるで本物のバーにいるような雰囲気を味わえます。1号車の座席は、このガラスの仕切りの先、バーと一体となった空間で、座席だけの2号車と趣きを異にしています。

A列車で行こうの窓は大きく取られていて、車窓からは、御輿来(おこしき)海岸など、有明海の絶景を目にすることもできます。

※尚、A列車で行こうは、全席指定。自由席はありません。乗車には、事前の座席予約が必要です。

2号車には、家族に嬉しいボックスシートや眺めの良い子ども椅子席も!

2号車には、家族に嬉しいボックスシートや眺めの良い子ども椅子席も!

写真:水津 陽子

地図を見る

2号車には、折り畳み式の大テーブルのあるボックス席や窓に向かって座れる子ども椅子席もあります。家族やグループには、折り畳み式の大テーブルのあるセミコンパートメント席がお勧めです。

子ども椅子席は、飲み物が置けるテーブルがついていて、子どもたちが身を乗り出した時に掴まれる、手すりも組み込まれています。

また、車内ではフォトサービスも行っています。スタッフが座席を回り、あなたのカメラで記念写真を撮ってくれます。A列車で行こうの絵と乗車日の日付けが入ったパネルを手に、旅の思い出づくりに記念撮影は如何でしょうか。

終点三角駅は、天草観光の玄関口!駅舎はA列車で行こうの世界を反映!

終点三角駅は、天草観光の玄関口!駅舎はA列車で行こうの世界を反映!

写真:水津 陽子

地図を見る

JR三角駅は、A列車で行こうの運行開始に合わせてリニューアルされました。列車の世界観を反映させた南蛮風の駅舎は、外観も内部もエキゾチックな設えになっています。

駅の前には三角港があります。三角港は、天草上島の松島港、天草下島の本渡港への定期航路、天草宝島ライン「シークルーズ」の発着場所です。

天草宝島ラインの運行時間は、A列車で行こうのダイヤに連絡するよう組まれています。上り下りも、乗り継ぎまで約30分ほど時間が取られていますが、駅前には三角の観光物産店などもあり、待ち時間も楽しめます。

A列車は全席指定。天草観光の際は天草宝島ラインとセットで座席予約を!

特急「A列車で行こう」は全席指定です。座席予約は、JR九州のみどりの窓口のほか、JR九州のネットの予約サービスを利用して行うことができます。

天草観光のため、A列車に乗車される際は、乗り継ぎの船便の予約もお忘れなく。JRと船便がセットになったお得な割引プランなどもあります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/09−2014/02/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -