日本人客は年間500人 隠れ家的で手付かずの自然が魅力のクック諸島

| クック諸島

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本人客は年間500人 隠れ家的で手付かずの自然が魅力のクック諸島

日本人客は年間500人 隠れ家的で手付かずの自然が魅力のクック諸島

更新日:2018/06/22 16:33

アシュ 飯田のプロフィール写真 アシュ 飯田 SFC修行僧、陸マイラー

みなさん、クック諸島をご存知でしょうか?ハワイとは赤道を挟んだ真反対側にあり、タヒチの西隣に位置する15の島々からなる国になります。
日本人観光客は年間500人ほどと、まだまだ少ない状態。手つかずの自然と人々の素朴さが残る、隠れ家的な旅先となっています。

夏休みのバカンスやハネムーンにぴったり。日本人とほぼ出くわすことのない海外リゾートを味わいたい方へ、クック諸島の魅力を自信を持ってお送りします!

最後の楽園と呼ばれる 美しいビーチ

最後の楽園と呼ばれる 美しいビーチ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

ラロトンガ島は、首都アバルアとラロトンガ国際空港がある主要な島。1週30kmほどと、車で1時間もあれば回れてしまう小さな島です。マクドナルドやスターバックスなどチェーンのファストフード店は一軒もありませんが、観光客を必ず虜にする海はどこにもないほど美しく、まさに天国という言葉がぴったりです。

島の周りは360°海に囲まれているので、どのビーチからも果てしなく続く水平線が見られます。空との境目が分からなくなるほどの絶景を、波の音を聴きながら気のすむまで見ていられる贅沢をどうぞ。

最後の楽園と呼ばれる 美しいビーチ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

島の北西部にブラックロックと呼ばれる聖なる岩があります。死者の魂が天に昇る聖なる場所と、地元のクック諸島マオリには古くから伝えられています。
白砂のビーチを散策していると急にポッと姿を現し、青い海と黒い火山岩の岩、真っ白な砂浜の美しいコントラスト。本当に美しく足を止めて魅入ってしまいます。サンセットは特に幻想的で、いつまでも陽が沈んで欲しくないと叫んでしまいます。

付近は水深も1mほどなので、泳ぐのにもぴったり。ブラックロックからダイブする地元っ子も見られます。

最後の楽園と呼ばれる 美しいビーチ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

見たこともないような美しい海が広がるのが、ラロトンガ島から飛行機で45分ほど離れたアイツタキ島。そして島で最も満足度が高いのが、ワンフット・アイランドと呼ばれる白砂でできた小さな島になります。遠くまで続く白砂が太陽の光を反射して美しく輝き、厚い雲とエメラルドグリーンの海が南国感たっぷりでテンションが上がりますね。
無人の島ですが郵便ポストがあり、ここから送るエアメールは名物になっています。家族や友人に送ってあげると、少し変わったお土産として喜ばれます。

ビーチをお散歩するのもよし、泳ぐのもよし。船の上でお昼寝という贅沢もできますし、美しい海の素敵な過ごし方を一通り試してみるのもよいかもしれませんね。夢にまで見た憧れの絶景を心ゆくまで楽しみつくしましょう♪

海中も天国 シュノーケリング

海中も天国 シュノーケリング

写真:アシュ 飯田

地図を見る

アイツタキ島のラグーンに広がる内海は、手付かずの自然が残り海の透明度も抜群!天然のお魚たちが気持ち良さそうに泳いでいます。
そんなお魚さんたちの棲家に少しお邪魔して、海の下の別世界を体験してみてはいかがでしょうか?日本の海水浴場では絶対に見ることのできない光景は、現実感が一気に吹き飛ぶような感覚で病みつきになりますよ。

海中も天国 シュノーケリング

写真:アシュ 飯田

地図を見る

ラロトンガ航空のアイツタキ島1日ツアーに参加すると、シュノーケリングスポットで手が届く近い距離でお魚と一緒に泳ぐことができます。ココナッツの身を一生懸命ついばむ姿には本当に癒されるのでおすすめです。

<ラロトンガ航空によるアイツタキ島1日ツアー>
日程:8:00にラロトンガ空港出発、17:30にラロトンガ空港帰着
料金:493NZ$
アイツタキ島1日ツアーの紹介ページは、関連MEMOのリンク先を参照ください。

地元民の生活を身近に感じる小さな町

地元民の生活を身近に感じる小さな町

写真:アシュ 飯田

地図を見る

ラロトンガ島はビーチが最大の見どころですが、島の人々の生活の一旦を見られるのが、毎週土曜の午前中だけ開かれるプナンガ・ヌイ・マーケット。
この時間帯は島中から多くの人が集まり、とても賑わっていてワクワクしてしまいますよ♪

マーケットでは名産のブラックパールやココナッツオイルといった雑貨から、スムージー、パン、プレートランチなどの飲食店も充実。
クック諸島に訪れるのであれば、必ず立ち寄りたい場所です。

<基本情報>
住所:Ara Tapu, Avarua District
開催日時:土曜午前中
アクセス:島の周遊バス マーケットバス停下車 徒歩0分

地元民の生活を身近に感じる小さな町

写真:アシュ 飯田

地図を見る

見たこともないような美しい海が広がるのが、ラロトンガ島から飛行機で45分ほど離れたアイツタキ島。島の中心部にぽっかり空いたラグーンをはじめ、ワンフット・アイランドなど島中に天国のようなスポットが点在しています。
人が住んでいるのは島の西部のみ。警察署や学校など地元の方が住むのに必要な町の機能や、飛行場やハネムーナーに人気の水上ヴィラタイプのホテルなど、観光客のための施設が集中しています。アイツタキ島に到着したら、まず北部を散策してみましょう。

バカンスやハネムーンはクック諸島へ!

手付かずの自然残るクック諸島の魅力は伝わりましたでしょうか?日本人は年間約500人しか訪れないので、現地で出くわすこともほとんどなく隠れ家的なデスティネーションです。
まだまだ知られていないスポットも多く、新しい名所を発掘する楽しみも味わえますね。

1度訪れたらその魅力の虜になること間違いなし。バカンスやハネムーンにもぜひ訪れてみてください。

※2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/14−2016/08/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -