ローマで行きたい!“穴場なドルチェ”おすすめ3店

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ローマで行きたい!“穴場なドルチェ”おすすめ3店

ローマで行きたい!“穴場なドルチェ”おすすめ3店

更新日:2018/07/16 20:40

Etsuko Ciaoのプロフィール写真 Etsuko Ciao 旅するイタリアライター、美味しいもの愛好家

イタリアの首都ローマは、訪れたい観光地として常に人気の都市。一年中、多くの人で賑わっています。観光名所巡りの他に、ローマは「食」の楽しみもあります。イタリア国内でもローマでしか食べれない名物ドルチェ(お菓子)と、おすすめの穴場店をご紹介させていただきます。

ローマっ子が大好きマリトッツォ!「ロッショーリ・カフェ」で味わう

ローマっ子が大好きマリトッツォ!「ロッショーリ・カフェ」で味わう

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

「ロショーリ・カフェ」は、ローマの名物パスタ「カルボナーラ」で評判のロショーリのカフェ店です。カフェでカルボナーラもいただけます。場所はロショーリと同じ並びで、ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂から徒歩10分程。間口が狭く看板が目立たないので、うっかり通り過ぎないよう気をつけて!店内は入口から奥に向かいカウンターが配置されています。

地元の人で賑わい、混雑時はカウンター前で注文する人達でいっぱい!バリスタまでなかなか声が届かないことも。こちらのカフェは最初にカウンターで注文し、最後に会計するシステムです。

ローマっ子が大好きマリトッツォ!「ロッショーリ・カフェ」で味わう

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ローマ名物の「マリトッツォ」は、コッペパンに生クリームをたっぷりはさんだシンプルなお菓子パン。ふわふわした生クリームの甘さとパンが絶妙なコンビネーション!リピーター続出の名物です。

1個でも大きくて食べ応えがあります。写真はハーフサイズで、お試しにはちょうどいい大きさ。お昼には通常サイズは完売してしまうかもしれませんが、ハーフサイズがあるか念のためご確認を!ハーフサイズがあれば、バリスタが用意してくれます。

マリトッツォと併せて、写真左の冷たいコーヒー「カフェ・フレッド」もおすすめ。ご参考まで、お値段はマリトッツォのハーフサイズ2.5ユーロ、カフェ・フレッド4ユーロです。

マリトッツォ(Maritozzo)の由来にはいくつか説があります。そのうちの一つが、未来の妻となる彼女が、未来の夫となる彼から受け取るというもの。イタリア語で夫はマリート(Marito)の意味。マリートから贈られるマリトッツォという説。

ローマっ子が大好きマリトッツォ!「ロッショーリ・カフェ」で味わう

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

マリトッツォはお店により生クリームの乗せ方が違うので、比べると興味深いです。ローマ滞在中、マリトッツォ巡りをされると面白いかもしれません。

カウンターのショーケースには、可愛らしい一口サイズのドルチェやパニーニが並んでいるので、余力あればいくつかお試し下さいね。

<Roscioli Caffeの基本情報>
住所:Piazza Benedetto Cairoli, 16 Roma
電話番号:+39-06-89165330

幸せに導くフルラート「ミスト・アマルフィ」を老舗パスクッチでいただく

幸せに導くフルラート「ミスト・アマルフィ」を老舗パスクッチでいただく

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

「のど越し爽やかな冷たいモノが欲しい!」そんな時におすすめなのが、パスクッチの「フルラート」。フルラート(frullato)はイタリア語で「フルーツシェイク」。複数形はフルラーティ(frullati)です。

「パスクッチ」は1937年から続く老舗。場所はトッレ・アルジェンティーナ広場の路地からすぐ近く。広場はヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂から徒歩約10分です。路地に入ったら上を向いて看板を探すと見つかります。

パスクッチのフルラートは、戦後ローマへ来たアメリカ人が「スムージー」と呼んでいたミルクセーキからインスピレーションを得て作りました。それから70年以上続いているのです。

幸せに導くフルラート「ミスト・アマルフィ」を老舗パスクッチでいただく

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

フルラートは20種類あり、どれも新鮮なフルーツを使用してその場でミキサーにかけて作ります。

一番のおすすめは、多くの人を幸せにすると名高い伝説の「ミスト・アマルフィ(MISTO AMALFI)」です。使われているのは、リンゴ、パイナップル、桃、梨、バナナ、レモンジュースとチェリー。大きなグラスにいっぱい入れてくれるのが嬉しい限り(3ユーロ)。それぞれのフルーツが融合し、みずみずしく自然な甘さを感じさせる味わい。喉越しもなめらかです。他にはキウイ、桃のフルラートもおすすめです。

幸せに導くフルラート「ミスト・アマルフィ」を老舗パスクッチでいただく

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ドリンクと軽食も豊富なバールです

ドリンクと軽食も豊富なバールです

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

フルラート以外のメニューもかなり充実しています。バールとしてコーヒーやサンドイッチ等の軽食がいただけますし、フラッペ、ジュース類もあります。アルコールも飲めるので、夕方軽く一杯飲みにくるのもいいかもしれませんね!

<FRULLATI PASCUCCIの基本情報>
住所:Via Di Torre Argentina N.20,00186, Rome
電話番号:+39-06-686-4816

ローマでここだけ!濃厚水牛ミルク「ジェラーティ&モッツァレッレ」

ローマでここだけ!濃厚水牛ミルク「ジェラーティ&モッツァレッレ」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

ローマでおすすめ、秘密にしておきたい「ジェラーティ&モッツァレッレ」。その理由は、お店の名前にヒントあり!

カンパーニャ州の名産チーズ「モッツアレラ」は、乳牛のミルクで作られたものと、水牛のミルクで作られた2種類があります。水牛で作られたものを「モッツァレラ・ディ・ブーファラ」と呼んで区別しています。通常の乳牛ミルクより濃厚でトロリとした味わい深さが特徴です。色もより白く、コクのあるミルキー感でとろけそうになります。

この高品質水牛ミルクを使用し、味わい深いジェラートに仕上げています。グルテンを使用せず、更に腸の働きを整え、カルシウムの吸収を増加させる作用も促しています。

ローマでここだけ!濃厚水牛ミルク「ジェラーティ&モッツァレッレ」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

写真は一番小さいサイズ(ピッコロ)ですが、ボリュームはかなりあります。2種盛りで、生クリームも無料でトッピングしてくれます。「コンパンナ (Con panna)」と言って生クリームをお願いしましょう!

写真のジェラートは、店員さん一押しのセレクトで、Pura noce di sorrento(イチジク味)とIl Siculo(ピスタチオ、アーモンドとオレンジ)の2種盛り、サイズはピッコロで2ユーロです。

店内にはオリジナルのリンゴ、パイナップル、スイカ、リコッタ、ナシ味もありますので組み合わせで楽しんで!季節のフルーツを使い、食物繊維もたっぷりで体に優しいジェラートです。チョコレート味は、乳製品を使わずに作られています。

ローマでここだけ!濃厚水牛ミルク「ジェラーティ&モッツァレッレ」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

コーンはチョコレートが塗られた華やかなものもあるので、自分だけのジェラートを味わうことができます。店内には座る場所もあるので、座ってジェラートをゆっくり味わって!

美味しいのはジェラートだけじゃない

美味しいのはジェラートだけじゃない

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

実は「ジェラーティ&モッツァレッレ」はトリュフやケーキも美味しいパスティッチェリア(お菓子屋)でもあるのです。店内にはホールケーキ他、可愛らしいお菓子がショーケースにぎっしり並んでいます。見ているだけで食べたくなってきます!

美味しいのはジェラートだけじゃない

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

<Gelati & Mozzarelleの基本情報>
住所:viale Guglielmo Marconi, 236 Roma
電話番号:+39-06-5574814

ローマでしか食べられない名物ドルチェを!

イタリアは、その土地に根付いた名物料理やお菓子が存在しています。ローマへいらしたら「ローマ名物」を楽しんで下さいね。

名物マリトッツォは生クリームを使用しているため、作り立ての時間がおすすめ。その訳は、時間が経つと生クリームはだれてしまうから。午前中の購入か、朝ごはんでいただくのがいいでしょう。午後、店頭のショーケースになくても作ってくれる場合があるので念のためご確認を!

老舗「パスクッチ」では、伝説のオリジナル「ミスト・アマルフィ」をぜひ。他ではいただけません。旬のフルーツで体から健康になることを感じさせてくれるフルラートです。

材料のクオリティにこだわりぬいた「ジェラーティ&モッツアレッレ」は、観光名所の中心部からは少し遠いのですが、ローマっ子お墨付きのジェラート!ぜひご堪能下さい。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は関連MEMOからご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -