夏本番!バレンシアのビーチでパエリアを食べるならこの2軒

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夏本番!バレンシアのビーチでパエリアを食べるならこの2軒

夏本番!バレンシアのビーチでパエリアを食べるならこの2軒

更新日:2018/06/26 10:02

盛 千夏のプロフィール写真 盛 千夏 スペイン留学&スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)エージェンシー代表

スペイン第三の都市バレンシアは、日本での知名度はイマイチですが、ビーチリゾートと都市観光の両方が楽しめるバカンス地としてスペインのみならず、ヨーロッパでも人気の町です。

ヨーロッパのビーチバカンスと言えばのんびり日焼けをし、美味しいものを食べてゆったり過ごすこと。ここではバレンシア郊外のビーチ「エル・サレール」と「パタコナ」にある、本格的なパエリアが食べられるレストランを2軒紹介いたします。

目の前は海!「デエサ・デ・ホセ・ルイス」

目の前は海!「デエサ・デ・ホセ・ルイス」

写真:盛 千夏

地図を見る

「エル・サレール」(El Saler)と呼ばれるバレンシアから車で15〜20分程度の距離にあるビーチは、市内から少し離れていることもあり、真夏のバカンスシーズンでも芋の子を洗うような状態にはなりません。

目の前は海!「デエサ・デ・ホセ・ルイス」

写真:盛 千夏

地図を見る

「エル・サレール」ビーチにある人気レストラン「デエサ・デ・ホセ・ルイス」(Dehesa de Jose Luis)は、バレンシアからのバスが止まるバス停近くにあり、アクセスも良好。

この辺りにはなんと「デエサ・デ・ホセ・ルイス」と他1軒しかレストランがなく、もう一軒のレストランもそれなりに美味しいのですが、味だけではなくサービスやちょっとした立地で「デエサ・デ・ホセ・ルイス」に軍配が上がっています。

「デエサ・デ・ホセ・ルイス」のパエリアとおススメ前菜

「デエサ・デ・ホセ・ルイス」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

マストはバレンシア人のソウルフードであるバレンシア風パエリア(パエージャ・バレンシアナ、Paella Valenciana)。

鶏肉・うさぎ肉・カタツムリなどが入ったパエリアで、出汁は使わないのに日本では味わえない濃厚な味にびっくりするはずです。バレンシア風パエリアのバリエーションで鴨が入ったパエリアもおススメ。

「デエサ・デ・ホセ・ルイス」のパエリアは、お焦げを楽しむために薄目でパリパリに仕上げてあります。パエリア鍋のふちや底のお焦げをスプーンを使ってうまくこそげ落とし食べてみて下さい。

「デエサ・デ・ホセ・ルイス」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

パエリアの注文は2人前からなので、4人以上であれば2種類のパエリアが注文可能です。

日本ではまだあまり知名度のないパスタのパエリア「フィデウア」(Fideua)を試してはいかがでしょう? 魚介のパエリアと同じ味ですが、お米の代わりの細くて短いパスタを入れて炊き上げます。

魚介の出汁をよく吸ったパスタは激ウマ! こちらもちゃんとお焦げがあるのでパリパリ食感も楽しめます。

「デエサ・デ・ホセ・ルイス」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

パエリアを待ちながらつまむ前菜には「クロチナス」(Clochinas)がおススメ。「クロチナス」は見かけはムール貝ですが、もう少し小粒です。

味はムール貝よりもしまっていてうま味が多いと言われています。バレンシアの海で採れ、旬は4月〜8月のたった4カ月。

バレンシアを訪れたら是非食べたいものの一つです。

<基本情報>
住所:Modulo Saler Norte. Paseo Fco Lozano (Pintor), 1 46012, Valencia
電話番号:+34-96-183-01-07
アクセス:バレンシア市内から25番のバスで35分程度。ビーチ目の前にバス停「プラヤ・デ・エル・サレール」(Playa El Saler)下車。その他バレンシアと郊外の村をつなぐ190C番や190A番のバスの利用も可能。

遊歩道が美しい「パタコナ・ビーチ」のレストラン「ジェバント」

遊歩道が美しい「パタコナ・ビーチ」のレストラン「ジェバント」

写真:盛 千夏

地図を見る

バレンシアの隣町アルボラヤ(Alboraya)のビーチ「パタコナ」(Patacona)は、バレンシアからのアクセスが良好で、レストランやバルの数も多すぎずゆったりした雰囲気です。

ビーチの遊歩道沿いにあるレストラン「Llevant」(ジェバント)は、1907年に建てられた元民宿をお米料理専門レストランとして利用してます。

遊歩道が美しい「パタコナ・ビーチ」のレストラン「ジェバント」

写真:盛 千夏

地図を見る

歴史ある店内でパエリアを食べることも可能ですが、お天気が良ければ青い空とヤシの木の地中海らしい景色が楽しめるテラス席がおススメです。

「ジェバント」のパエリアとおススメ前菜

「ジェバント」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

「ジェバント」のパエリアは、「デエサ・デ・ホセ・ルイス」と比べるとお米の量は多めで、炊き上がりも柔らかく優しい味ですが、お約束のお焦げはしっかりあります。

パエリアを食べ始めて少し飽きたな...と感じたらレモンを絞ってみると味に変化が出て楽しめます。

「ジェバント」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

「ジェバント」は、タパスの種類が豊富です。

バレンシアらしい前菜が食べたい方は、画像の「テジーナス」(Tellinas、桜貝の一種)、「アジ・イ・ペブレ」(Alli i Pebre、ウナギの煮込み料理)、「カラコレス」(Caracoles、カタツムリの煮込み)に挑戦してみて下さい。

「ジェバント」のパエリアとおススメ前菜

写真:盛 千夏

地図を見る

お腹が一杯になったら、ビーチで泳いだり、開放的な遊歩道をゆっくり散歩してヨーロッパ的地中海の休日をEnjoy!

バレンシア市内でもヘルシー&可愛いと大人気のカフェ「ラ・マス・ボニータ」(La Mas Bonita)の本店もあり、休憩にも最高です。

<基本情報>
住所:Paseo Maritimo de la Patacona, 2, 46120 Alboraya, Valencia
電話番号:+34-96-356-44-85
アクセス:バレンシア市内からは、19番、31番、32番、92番、99番のバスがありアクセス良好です。

バレンシア市内のビーチでパエリアであれば「マルバロサ・ビーチ」がおススメ

ビーチ沿いでパエリアは食べたいけれど、市内観光の時間も大事という方には「アレナス・ビーチ」(Playa de las Arenas)と「マルバロサ・ビーチ」(Playa de la Malvarrosa)が便利です。

「アレナス・ビーチ」はバレンシア港とつながっており、少し北上すると「マルバロサ・ビーチ」、その先が「パタコナ・ビーチ」です。「アレナス・ビーチ」と「マルバロサ・ビーチ」にはたくさんのバルやレストランが立ち並ぶので、ぜひ海の見えるテラス席での食事をお楽しみください!

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/16−2017/10/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -