「ザ・リッツ・カールトン バリ」でグルメ三昧

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ザ・リッツ・カールトン バリ」でグルメ三昧

「ザ・リッツ・カールトン バリ」でグルメ三昧

更新日:2018/07/10 13:24

松田 朝子のプロフィール写真 松田 朝子 トラベルジャーナリスト、ライター

バリ島の旅で、ゴージャスなひとときを演出してくれるのは、リゾート内でのダイニング・エクスペリエンス。「ザ・リッツ・カールトン バリ」のレストランは、質の高いリゾートホテルが建ち並ぶヌサドゥア地区においても人気があります。自然と一体化したモダンな空間では、インド洋の大海原を眺めつつ、ローカルなバリ料理や、新鮮なシーフード、または世界各国の料理などを楽しむことができます。

初めて知るインドネシア料理の数々も

初めて知るインドネシア料理の数々も

写真:松田 朝子

地図を見る

ザ・リッツ・カールトン バリのメインレストラン、ブジャナ(Bejana)では、崖の上から一望できるインド洋の眺めを楽しめます。ここは、インドネシア諸島の郷土料理のレストラン。ビュッフェスタイルになっていて、岩をくり抜いたようなオープンキッチンのカリナリーケーブでは、シェフが目の前で料理をサーブしてくれるところもあります。

初めて知るインドネシア料理の数々も

写真:松田 朝子

地図を見る

インドネシア料理というと、ナシゴレンやサテーが有名ですが、「ソトペスモ」という、ココナツベースのシーフードスープもおすすめです。まろやかなココナツの香りのスープですが、後からじんわりと辛く、こちらではココナツミルクで炊いたライスにかけて食べることも。

初めて知るインドネシア料理の数々も

写真:松田 朝子

地図を見る

また「ペペスイカン」は、白身の魚をバナナの葉で包んでローストした料理。ダイナミックなビジュアルでありながら、繊細な味の一品です。

デザートはインドネシアの有名な春巻を

デザートはインドネシアの有名な春巻を

写真:松田 朝子

地図を見る

屋外には、グリル料理のコーナーがあり、チキンやマトン、エビなど様々な食材のサテーが。つけだれも甘口から辛口まで多種。有名なピーナッツソースは、甘味があまりなくて香ばしく、サテー以外の料理にも付けて見たくなる味です。

デザートはインドネシアの有名な春巻を

写真:松田 朝子

地図を見る

お腹がいっぱいでもスイーツは必食。珍しいデザートとしては、ココナッツのクレープ。ココナッツミルク味のクレープに、ココナッツ味の餡を入れて春巻きのように食べます。

海を感じるビーチサイドのレストランでランチ&ディナー

海を感じるビーチサイドのレストランでランチ&ディナー

写真:松田 朝子

地図を見る

ホワイトサンドのビーチにある、ザ・ビーチグリル(The Beach Grill)は、チャペルの近くにあるシーフードレストラン。時によっては結婚式が終わって出てくる新郎新婦と、民族衣装に身を包んだ介添人の姿を見ることができます。

ロマンチックな光景を楽しめるのは、トロピカル・グリーンの木々の囲まれたテラス席。ここでは、目の前の海からとれた新鮮なシーフードを堪能したいもの。夜にはキャンドルがともり、より一層幻想的な雰囲気を楽しめます。

海を感じるビーチサイドのレストランでランチ&ディナー

写真:松田 朝子

地図を見る

藁葺き屋根が可愛いレストラン、タパスラウンジの前には、ボンファイアーという焚き火が毎晩行われていて、キャンプファイアーのように、火にマシュマロを炙って食べることも。周囲にはデイベッドも置かれているので、暮れゆく海を眺めながらくつろぐのもいいでしょう。タパスラウンジでは、カクテルとともにおつまみ風のグリル料理を。ボリュームもほどよく、夜の海に揺蕩うようにゆるゆると居続けたくなるでしょう。

クラブラウンジでゴージャスなひとときを過ごす

クラブラウンジでゴージャスなひとときを過ごす

写真:松田 朝子

地図を見る

そして、ホテルステイの嬉しいところは、クラブラウンジを利用できること。ザ・リッツ・カールトン バリでは、クラブレベルと呼ばれる客室に滞在した場合、クラブラウンジを利用することができます。ラウンジには専用プールもあって、ラグジュアリー感ひとしお。

ここでは、朝食、軽めのランチ、アフタヌーンティー、軽いディナー、食後のデザートと、1日に5回、フードメニューが変わります。また、毎日17〜18時はサンセットのカクテルタイムとなります。

スパのあとや、買い物帰り、ディナーの前後などに寄って、ゴージャスなひと時を楽しみましょう。

「ザ・リッツ・カールトン バリ」のまとめ

ザ・リッツ・カールトン バリでの滞在は、やはりこのゴージャスなダイニング・エクスペリエンスあってこそ。バリの大自然とも融合した様々なメニューは、リゾートを離れてからも五感をくすぐり続けるでしょう。

日本とバリ島を結ぶのは、インドネシアの5スターエアラインである、ガルーダ・インドネシア航空。日本においては、成田と関空から、バリ島のデンパサールに毎日運航。所要時間は約7時間。往路は日本を午前中に発ち夕刻にデンパサール着、復路はデンパサールを深夜に発ち、朝に日本着。なおビジネスクラス以上では、機内食は同乗のシェフがサービス前に食事の最後の仕上げにあたっている。

詳しいフライトスケジュールは、関連MEMOの、ガルーダ・インドネシア航空公式サイトにて確認を。

取材協力:ガルーダ・インドネシア航空、ザ・リッツ・カールトン バリ

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/08−2018/06/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -