大氷穴とマンモス洞窟!オーストリア・ハルシュタット湖の絶景に潜む隠れた観光スポット

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大氷穴とマンモス洞窟!オーストリア・ハルシュタット湖の絶景に潜む隠れた観光スポット

大氷穴とマンモス洞窟!オーストリア・ハルシュタット湖の絶景に潜む隠れた観光スポット

更新日:2018/06/27 13:34

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

湖畔沿いの家並みと教会が湖面に映る風景が絵のような美しさで知られるオーストリアのハルシュタット。ダッハシュタイン山塊の風景と共にザルツカンマーグートの文化的景観として世界遺産に登録されています。

そのハルシュタット湖を見下ろす山の中に、観光スポットが。それがハイキングコースにあるロープウェイの中間駅と繋がる「大氷穴」と「マンモス洞窟」です。ここでは地底探検の楽しさと素晴らしい眺望が堪能できます。

世界遺産ハルシュタット湖畔からロープウェイで山上へ

世界遺産ハルシュタット湖畔からロープウェイで山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

風光明媚なオーストリア・ザルツカンマーグート地方。中でも勇壮なダッハシュタイン山塊の風景と共に、湖畔に張り付くように建ち並ぶ家屋や教会の風景が絵のように美しいハルシュタットは、ザルツカンマーグートの文化的景観として世界遺産に登録されています。

そのハルシュタットの町外れから出るバスに乗って10分ほどの所から訪れることができる、隠れた観光スポットをご紹介しましょう。目指すは、大氷穴とマンモス洞窟!

世界遺産ハルシュタット湖畔からロープウェイで山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

湖畔を走り始めたバスは、まず国鉄のオーバートラウン駅に寄ります。なので他の町から鉄道でやって来る場合は、この駅でバスに乗り換えると便利です。

世界遺産ハルシュタット湖畔からロープウェイで山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

バスが到着するのは、ダッハシュタインバーンと言うロープウェイ乗り場の目の前です。

このダッハシュタインバーンは3区間あって、2区間乗り継ぐと素晴らしいダッハシュタインやハルシュタット湖を見渡せる展望台へ行くことができます。大氷穴とマンモス洞窟があるのは1区間の中間駅シェーンベルクアルムです。

中間駅から歩いてマンモス博物館へ

中間駅から歩いてマンモス博物館へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

中間駅に到着して、すぐ横にある大氷穴とマンモス洞窟のチケット売り場で共通券を購入すると、ガイドツァーのグループ番号をチケットに記入してくれます。その時刻に間に合うように大氷穴の入り口に集合するシステムになっています。待ち時間があることが多いので、途中にあるマンモス博物館に寄ってみましょう。

中間駅から歩いてマンモス博物館へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

博物館の建物は3〜4棟あり、中は、このような発掘されたマンモスの骨などの展示と周辺地域を説明するパネルや写真です。

真夏でも凍えそうな大氷穴

真夏でも凍えそうな大氷穴

写真:Hiroko Oji

地図を見る

大氷穴の入り口までは、マンモス博物館から山道を登ること15分ほどかかり、結構きつい坂道ですので、時間に余裕を見ておいてください。入り口には、次に入れるツアーのグループ番号が表示されていますので、入り口前で待ちましょう。ツァーはドイツ語のみ。英語の説明書を貸してくれますが、暗い洞窟の中では読みづらい!

真夏でも凍えそうな大氷穴

写真:Hiroko Oji

地図を見る

真っ暗な洞窟の中へ進むのは冒険気分が盛り上がりワクワク!最初は岩ばかりのただの洞窟?と思いながら進んでいくと、やがてライトアップされた氷の塊がいくつも見えてきます。中には、ジブリ映画「風の谷のナウシカ」に登場するドロドロにとけていく秘密兵器「巨神兵」のようなものも・・・。

坂や階段の上り下りがかなりありますので、歩きやすい靴が重要です。

真夏でも凍えそうな大氷穴

写真:Hiroko Oji

地図を見る

大氷穴の中は、ほんとに氷の世界!防寒具がないと大変辛いものがありますので、お忘れなきように。ツアーは1時間ほどで終了です。出口は入口より高い所にあって、山と湖の眺めが抜群!暗い洞窟から出てきてパッと広がったこの風景は開放感に溢れ、より素晴らしく感じます。

15分ほど離れたマンモス洞窟へ

15分ほど離れたマンモス洞窟へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

大氷穴の見学が終わったらもう一度中間駅に戻り、次のマンモス洞窟ツァーの時刻を記入してもらいましょう。チケット売り場から大氷穴とは反対方向へこれも15分ほど山道を進みますが、こちらは平坦な道で歩きやすい。途中にはアンモナイトのモニュメントがあります。

15分ほど離れたマンモス洞窟へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

マンモスの洞窟内も、ドイツ語と英語のガイドツアーで周ります。真っ暗でかなり寒く、坂道や階段の上り下りの連続です。

途中、「キングダム・オブ・シャドウ」と名づけられた場所では、泣いている女性の影が!これは、岩と灯りを利用した影絵となっていますので、驚かないように!

15分ほど離れたマンモス洞窟へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

こちらの洞窟では、研究のため、1週間泊り込むことがあるとのこと。最も深い所で100メートルもあるという竪穴を下りる際には、この人形のようにロープを使うそうです。

マンモスと名のつく洞窟は、大きさを表しているにすぎず、マンモスの骨などは見られません。ちょっと期待外れの感はありますが、探検気分は充分味わえます。ツアーは約40分ほどで終了。

周辺の眺望を楽しみながら歩こう

周辺の眺望を楽しみながら歩こう

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ダッハシュタインバーンの中間駅シェーンベルクアルムでの主な見所は大氷穴とマンモス洞窟ですが、実はここからの眺望がまた素晴らしいのです。

大氷穴とマンモス洞窟を結ぶ山道は、かなり傾斜のきつい所もあって高低差が結構あります。なので、一番高い大氷穴の出口辺りからは、山影から見えるハルシュタット湖の一部と周りを取り囲む山並み、オーバートラウンの集落の広がる風景が素晴らしいです。

周辺の眺望を楽しみながら歩こう

写真:Hiroko Oji

地図を見る

またマンモス洞窟からの湖方面の眺めもうっとりしますが、大氷穴方面を見上げた眺めもなかなかのもの。

周辺の眺望を楽しみながら歩こう

写真:Hiroko Oji

地図を見る

さらに、中間駅からもう一区間上にあるクリッペンシュタイン山上駅まで行くと、ハルシュタット湖はじめ、窪みに氷河の残るダッハシュタイン山塊を一望できる眺めが待っています。また、絶壁から突き出た展望橋「ファイブ・フィンガーズ」に続くハイキングコースもあって、足元のお花と共に、素晴らしい風景の中をたっぷり楽しめます。こちらと合わせて訪問なさることをお薦めします。。

大氷穴とマンモス洞窟の基本情報

営業時間:(5月上旬〜19月下旬)9:20〜15:30 マンモス洞窟は10:30〜14:00 (6月中旬〜9月上旬)いずれも30分延長
チケット購入:ロープウェイの麓駅と中間駅 クレジットカード利用可

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/08/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -