上海近場の水郷・周荘!夜もおすすめモデルコース1泊2日

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

上海近場の水郷・周荘!夜もおすすめモデルコース1泊2日

上海近場の水郷・周荘!夜もおすすめモデルコース1泊2日

更新日:2018/11/09 11:16

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー

上海から約2時間で行ける近場の水郷「周荘」。上海から少しはなれただけでもがらりと風情がかわります。東洋のヴェニスと称される街は900年以上の歴史を持ち、美しい水郷にゆらぐ柳、行きかう小舟。夜は水郷をそのまま利用した美しいライトアップと300人の演者によるスペクタクルな水上ショー。「周荘」は日帰りではもったいない!1泊2日大満足のモデルコースをご紹介します。

1日目午後はまず王道を!

1日目午後はまず王道を!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

1日目午前は上海から移動の方も多いはず。そこでランチ前は、周荘を地盤とし元の時代に活躍した富豪、沈万三の子孫邸宅跡「沈庁」へ。乱世に巨万の富を築いた沈万三。大小100余りの部屋に精巧な家具。モダンなキッチンなど見所もいっぱい。写真の沈万三の像は中央にお金を投げ、入ればお金持ちになれるといわれています。金運を願ってみませんか。

1日目午後はまず王道を!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

ランチは「沈庁」から徒歩1分程度の「沈庁酒家」がおすすめ。周荘の名物料理「万三家宴」がいただけます。沈万三が明の初代皇帝、洪武帝をもてなした時の逸話残る豚足料理の万三蹄(ワンサンティ)、名物スープの三味圓や新鮮な川エビ料理など、周荘独特のお料理が楽しめます。

1日目午後はまず王道を!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「沈庁酒家」から川辺を5分程歩くと「双橋」が見えてきます。江南地方独特のアーチ型「世徳橋」と平らな「永安橋」が組み合わさった「双橋」。天気が良い日は湖面が水鏡となり、絵画のような風景をみることができます。

匠の技が集まる路地をそぞろ歩き

匠の技が集まる路地をそぞろ歩き

写真:天草野 黒猫

地図を見る

ランチ後は、柳そよぐ水路や商店ひしめく路地をそぞろ歩き。名物の靴型のパイのようなお菓子「袜底酥」や可愛いキャラクターの饅頭など、試してみたいものもいっぱい。特に匠の技を、間近で見ることができる「周荘十二坊」は目を奪われます。写真は土布坊。伝承された、匠の逸品をお土産にいかがですか。

匠の技が集まる路地をそぞろ歩き

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「周荘十二坊」の中でも特におすすめしたいのが、紹興酒のお店「源豊順」。お店の奥には酒壺がずらりと並び、試飲もできるお店です。日本でいただく紹興酒のツンとしたところがなく、まろやかなお味。歴史ある酒店で、本場の紹興酒を味わってみませんか。

匠の技が集まる路地をそぞろ歩き

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「周荘十二坊」から古鎮楼入口に向かう途中にあるのが「怪楼」。中国版のお化け屋敷です。日本とはまた少し違う雰囲気のある「怪楼」。どんな仕掛けがあるのか、入って確かめてみましょう!

必見!水郷を活かしたスペクタルなショー

必見!水郷を活かしたスペクタルなショー

写真:天草野 黒猫

地図を見る

1日目の夜は、古鎮楼入口近くの「四季周荘」が必見!水郷の立地を活かした壮大なショーです。

必見!水郷を活かしたスペクタルなショー

写真:天草野 黒猫

地図を見る

水で暮らす周荘ならではの生活、歴史が多彩なライトアップと共に300人もの演者によって繰りひろげられます。

動画:天草野 黒猫

地図を見る

周荘の四季の風景と共に沈万三が貿易で栄えた歴史も表現。雑技団のような演出や舞台に水牛まで現れる豪華さは、上海のディズニーランドに劣ることのない、見ごたえあるナイトショーです。

湖を利用した独特のお寺「全福寺」

湖を利用した独特のお寺「全福寺」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

2日目の朝は湖のお寺から出発です。南湖に面して建つ「全福寺」は、船を門前につけそのまま参拝も可能な、水郷ならではのお寺。元々は周迪功郎の邸宅を信仰の篤心から寺として寄進したといわれます。周荘の名前はこの事からついたのだとか。

湖を利用した独特のお寺「全福寺」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

文化大革命の際に一時食糧庫になった全福寺。1990年代に今の南湖畔に移築。「水中の仏の国」とも呼ばれ、湖上を回廊でつないだ景色は独特の風情があります。

湖を利用した独特のお寺「全福寺」

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「全福寺」から湖のほとりを8分程あるくと「全福長橋」が見えてきます。朝の風景は特にすばらしく、湖をすべるように走る船と鳥の声だけという幻想的世界。心が澄んでいくような光景です。

柳ゆれる水郷をゆっくり船で!

柳ゆれる水郷をゆっくり船で!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

「全福長橋」から徒歩5分程度で水上観光船の乗り場につきます。周荘は東洋のヴェニスとも謳われる美しい水郷。清々しい午前中に川下りはいかがですか?

柳ゆれる水郷をゆっくり船で!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

おすすめは写真の富安橋から迷楼までの「古鎮水の港巡り」です。時間で約20分程度。

柳ゆれる水郷をゆっくり船で!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

水面にかかる柳、城壁の古鎮の家々、歴史ある橋の下から見る景色は地上の景色とはまた違い格別!川からの景色は最高です。

周荘古鎮の基本情報

住所:江蘇省昆山市周荘鎮
営業時間:7:15〜20:00(4月1日〜11月20日)、7:15〜19:00(11月21日〜3月31日)
(水上観光船 8:00〜16:00、沈庁酒家 10:30〜19:30)
アクセス:
・上海体育場横「旅遊集散中心」から直通バスで約1時間半、周荘下車
・上海地下鉄11号で花橋駅下車、バス7号線で周荘下車

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:江蘇観光(日本)ピーアールセンター

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/17−2018/05/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -